求人情報ON
浅草馬道奥野整形外科医院

浅草馬道奥野整形外科医院

奥野浩太郎 院長

26895 df 1 main 1410846798

在宅医療ではなく、あえて通院を推進。健康は気持ちが外に向くことから始まる

―先生が大切にしている診療スタンスを教えてください。

当院は高齢者が多いクリニックです。今までの高齢者向け医療では、動けなくなったら寝たきりになることがあたり前で、医療界も在宅に力を入れて来ました。しかし、ちょっと手を加えれば動ける人を在宅診療にしてしまうと、患者さんの運動器をさらに低下させて、寝たきりの高齢者を増やす結果になるでしょう。僕は寝たきりの方をこれ以上増やさないために、あえて通院してリハビリを受けていただくスタイルを貫いています。家の外に出るのは、体を動せるメリットだけでなく、いろんな方と関わることができますよね。外の世界との接点を持つことで刺激を受け、元気を取り戻せることもあります。それが、僕が大事にしたい診療スタンスですね。「クリニックに行くと元気になれる」という実感を患者さんに持っていただければ、外に出る楽しみを覚え診療が苦ではなくなります。そして、一回でも診療をすると少し体が動くようになったり、痛みが軽減されたり患者さんご自身に達成感を覚えていただけます。それが元気の元になるでしょう。当院にいらしている患者さんの例でいえば、おばあちゃんが化粧をし始めたり、お洒落をし出したりする。そうして気持ちが外に向いていくことが、“健康”ということだと思うのです。

―クリニックで最も力を入れている診療は何ですか?

適切な診断はもちろんですが、リハビリテーションには力を入れています。そのあとその方たちがしっかり社会復帰できるようになるまで支えています。僕はどんな高齢の患者さんにも「今からでも元気になれる喜び」を感じてほしいのです。そのために整形外科がお手伝いできるのは、やはり体を動かせる喜びを感じていただくこと。ただ、自分ではどうにもできない症状も確かにあります。その場合はその道のプロに指導してもらい、患者さんに「自分も動ける」という自信を持っていただきたいと思っています。どんな治療もそうですが、目標がないと続けていくことは難しいものですよね。だから「元気なると楽しい」、それを思い出してもらえることが良い治療の第一歩だと考えています。何といっても「病は気から」という言葉があるように、体が元気になれば自然と気持ちも上向くもの。患者さんに自立してもらうのが僕の診療の目標です。そして何より、優秀なスタッフが揃っていることはこのクリニックの自慢です。理学療法士の方やスタッフの方との連携をしっかり行っておりますのでより安心して来院していただけると思います。

―待合室に料理のレシピが置かれていましたが、それも患者さんの自立を促す働きかけなのでしょうか?

その通りです。骨粗鬆症やリハビリなどは、まずご自分の病気と向き合うことが必要なんですね。骨粗鬆症なら骨が弱いから栄養を取らなければいけない、リハビリでは自分が今できない動きと向き合わなければいけない。それを患者さんご自身が自覚されるだけで、治療の効果は格段に変わってきます。それをどうにか啓発していきたいと思い、レシピを置いてみました。そうしたら、レシピの反響がすごくて驚きました(笑)。ご年配者だと料理から離れてしまっている方も多く、「これくらいのレシピなら私でもできそう」「栄養のある料理を食べることが薬の代わりになるならやってみたい」と言って興味を持ってくださっています。その料理が「やってみたらおいしかった」「旦那が褒めてくれた」というだけで生きる喜びに繋がっていく。料理レシピはいろんな意味でいいサイクルを生み出してくれていると思いますよ。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細