池袋歯科診療所

池袋歯科診療所

市村 賢太郎院長、市村 賢二先生

26411

患者自身の歯を最大限保存するための総合歯科診療

―診療方針をお聞かせください。

【賢太郎院長】歯を残すためには、1つの専門医という形ではなく、総合的にレベルの高い診療を提供できるようにしているところが基本的なスタンスです。
【賢二先生】何でも“誠心誠意”行うことです。また、当院では噛み合わせを重視しています。噛み合わせを調整すると噛み方が変わって全身の状況も変わります。顎咬合学会の認定指導医として、全身との絡みを含めて噛み合わせをどうするのかを診るようにしています。噛み合わせを調整することで、歯周病の進行具合が変わってくることもあるんですよ。歯の力の加わり方によって“動揺”が大きくなり、そこに細菌があれば歯周病は進行しやすくなります。“動揺”していても細菌がなければ歯が抜けるような状態にはなりませんが、細菌をゼロにすることはできませんから、噛み合わせのバランスをとっておかなければ歯周病の進行をコントロールしにくくなります。

―一般歯科治療と矯正治療が一人で行えるメリットはなんですか?

【賢太郎院長】やはり治療がスムーズに進むことですね。例えば、矯正治療中に虫歯ができた場合、他の一般歯科医院にて虫歯治療を行い、また矯正歯科医院に戻り装置を付けなければならず、患者さんにとって大きな負担になっています。しかし、当院では本格矯正治療を行う場合、口腔内全体を私一人が担当していますので、その場で虫歯治療まで行えるんです。また、矯正治療を見据えた虫歯治療が行えることで、抜歯予定の歯の虫歯治療を行ってしまうなどの二度手間をなくせますので、最小限の治療でスムーズに一般歯科治療と矯正治療を行うことが出来ること等があります。つまり虫歯や歯周病の状態を考慮した矯正治療計画を提案出来る。これが大きなメリットだと思います。

―お父さまの姿を見て、歯科医師をめざされたのですか?

【賢太郎院長】祖父、父が歯科医師でしたので、小さい頃から自然と自分もそうなると思っていました。「歯科医師になりなさい」と言われた記憶はありません。小さい子が将来の職業として考えるスポーツ選手や宇宙飛行士などになりたいと考えた記憶もなく、幼稚園の頃には将来なりたいものとして「歯医者さんの絵」を描いていた記憶があります。実際に歯科医師になって、想像していたイメージと違っていたということはありませんでした。歯科医師の醍醐味を感じるのは、やはり患者さんが喜んでくださったときですね。
【賢二先生】父は自宅で開業していましたから、子どもの頃は歯科技工士さんや他のスタッフと一緒に遊んでいるような環境で育ち、そのまま歯科医師になったという感じです。自分の子どもに関しては、できれば3代目として継いでくれたら一番ありがたいと思っていましたが、それぞれの人生ですから強要はしませんでした。



Access