巣鴨駅前むらおか歯科クリニック

巣鴨駅前むらおか歯科クリニック

村岡 学院長
頼れるドクター掲載中

26251 df 2 main 1435912361

JR・都営地下鉄三田線の巣鴨駅から徒歩1分、白山通りに面した角地のビルの2階にある「巣鴨駅前むらおか歯科クリニック」。生まれも育ちも巣鴨という村岡学院長によって運営されている、安心して通い続けられる地域密着型の歯科医院だ。待合室はブラウンを基調とした落ち着いた雰囲気で、診察室は明るく清潔。さまざまな年齢層の患者のニーズに対応すべく、日々診療にあたっている。近年力を入れているのは予防歯科や、小児歯科だそうで、「子どもの頃から予防の習慣がついていれば、大人になっても続けられます。一生自分の歯でいられることが理想です」と語る村岡院長。2児の父となり、より強く予防歯科の大切さを実感した話、さらにプライベートに至るまでを語ってもらった。
(取材日2015年6月15日)

生まれ育った街の地域医療に貢献できることは喜び

―開業前までの経歴を教えてください。

東京医科歯科大学を卒業後、同大学の大学院に進み、補綴(ほてつ)学を研究しました。大学での臨床実習中にいろいろな分野のスペシャリストを見て、補綴を専門にすることに興味が湧いてきたんです。補綴の先生は、いわば治療の最後を担当するわけですが、それだけに治療の最終地点が見えていて、その前段階でどうなっているのが良いのかもわかっている。全体を見通せている。そう思えて、憧れを持ちました。大学院を出てからは3ヵ所の歯科医院で働いています。補綴について勉強したことを生かすべく、訪問診療を積極的に行っている所や、一般歯科をメインにしている所など、タイプの異なる歯科医院でいろいろな経験ができました。勤務先は、患者さん本位の診療が行えるかどうかを基準に選んでいました。めざしているものに共感できるクリニックで働きたかったんです。

―開業を決めた経緯と、巣鴨を選んだ理由を教えてください。

いつか開業したいという気持ちは最初から持っていて、どうせなら早いほうがいいという気持ちもありました。開業した一番の理由は、「自分の信念に基づいた診療ができるクリニックを持ちたい」と思ったからです。通ってもらいやすいように駅の近く、できれば1階、もしくは2階という2点を重視していましたが、なかなか希望どおりの物件に巡り会えませんでしたね。気に入って見に行くとすでに決まっていることも。その点、巣鴨は実際に住んでいましたので、空き物件があるとすぐに気付くことができたんです。この場所も空いた時にすぐ問い合わせることができました。結果的に地元で良かったと思っています。生まれ育った街ですし、地域の皆さんのお口の健康に少しでも貢献できたらうれしいですね。

―巣鴨というと高齢者が多い印象ですが、実際はいかがですか?

そのようなイメージがありますよね。私自身も、そもそも補綴が専門で高齢者歯科も手がけてきましたから、自分の専門を生かせる街かなとも思っていました。でも開院してみると、来院される方はどの年代の方もほぼ同じ比率だということがわかったんです。若い方も多くて、当時は驚きましたね。ちなみにご高齢の患者さんを診ていると、昔と比較して自分の歯が残っている人がとても多いと思います。80代、90代の方でも、自分の歯が残っている人が非常に多い。しかし、残っていたら残っていたで、そのためのケアも大事になりますので、その辺のフォローもしていきたいですね。昔だったら、入れ歯の洗い方を教えて差しあげれば良かったんですけど、今は歯の磨き方もしっかり指導しています。また5年、10年経つといろいろ変わってくるんでしょうね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細