山田循環器科医院

山田循環器科医院

小池 夏葉院長

26181 %e5%b1%b1%e7%94%b0%e5%be%aa%e7%92%b0%e5%99%a8%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

池袋駅から徒歩1分という好ロケーションの「山田循環器科医院」は、心臓病の専門クリニックとして20年以上の歴史を誇る。長年通い続ける地域住民や池袋駅近辺に勤務する患者に加え、近隣医療機関からの信頼も厚い同院には、他クリニックからの紹介患者の来院も後を絶たない。同院の創業者である長村好章院長に代わって2016年から院長に就任した小池夏葉先生は、「常に患者本位の姿勢を貫く」という前院長の想いを受け継ぎ、患者に寄り添った丁寧な診察を行っている。そんな小池院長に、クリニックの特徴や患者への想いなど、さまざまな話を聞かせてもらった。
(取材日2018年2月7日)

20年以上の歴史がある心臓病の専門医院

―こちらにはどんな患者さんが多く来院なさいますか?

高血圧症、不整脈、狭心症、心不全などの心臓に関わる病気の患者さんがメインですが、その他、糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病の患者さんも来院されています。多くは60~70代の方ですが、健康診断で異常を指摘されたことがきっかけで来院する、40代前後の患者さんも増えてきました。この辺りに長年住まわれているお一人暮らしの高齢者の方や、池袋界隈の職場で働いているという中年層の方も多いです。ターミナル駅のすぐ近くという利便性から、インターネットで検索して来院される若い方も増えています。当院は開業から20年以上の歴史がありますから、気がつけば、親子やご夫婦で通われるようになっているという方もいらっしゃいます。心臓病や生活習慣病は完全に治すことは難しく、治療を続ける必要がある慢性疾患なので、患者さんとは長いお付き合いになることが多いですね。

―近隣のクリニックから患者さんを紹介されるケースも多いそうですね。

当院は、心臓病専門のクリニックとしての20年以上の歴史と、前院長が築き上げた信頼があり「心臓のことなら山田循環器科医院へ」と思ってくださる医療機関が多いようです。近隣のクリニックから「専門的な視点で心臓を調べてほしい」と患者さんを紹介していただいたり、基幹病院から心臓病の患者さんの診療を依頼されるケースもあります。当院では基本的な診察に加え、いくつかの専門的な検査を行い、緊急性の有無や適切な方針を判断しています。心臓の超音波検査で心筋症や弁膜症の有無の確認、24時間心電図でどのような不整脈かなどの判断をしています。さらに専門的な検査や治療を要する場合は、近隣の連携医療機関に紹介させていただきます。その他、心臓病と合併することの多い睡眠時無呼吸症候群の検査や、生活習慣病の治療にも注力しており、毎月第1、3水曜の午前中には、信頼する友人でもある糖尿病専門の鈴木久美医師による診察も行っています。

―こちらのクリニックと基幹病院の、両方に通院する患者さんもいると聞きました。

診察の結果、積極的な検査や治療が必要と判断した場合は、大学病院などの基幹病院へ紹介するわけですが、一段落したら、月に一度の診察やお薬の処方を当院が引き継ぐことが多いです。ただしその後も、定期的な病態評価や体調増悪時の診察は行っていただきます。当院のような小さなクリニックは、提供できる医療に限りがありますので、それぞれの医療機関がきちんと役割分担することがとても大切だと考えています。いわゆる「2人主治医制」という体制は、患者さんに安心感を与えますし、私自身も基幹病院から最先端の知識を学ばせていただくことができ、とてもありがたく思っています。



Access