駒込デンタルオフィス

駒込デンタルオフィス

山本将弘 院長

頼れるドクター

26079 df 1 main 1449110429

明るく快活にインタビューを受けてくれた山本将弘先生が院長を務めるのは、「駒込デンタルオフィス」。JR駒込駅から徒歩1分、本郷通り沿いという至便な立地にある同院は、2011年の開業から4年、この地域の人々から厚い信頼を寄せられている。2階の診療室近くには院内技工所(ラボ)が設置されており、透明な壁に隔たれた廊下から技工士の仕事が患者も見ることができる。「興味を持ってくれる人もいて、誰もが目にできるのでへたなことはできませんね」と笑顔で話してくれた山本院長。医院の近くには「歯医者さんが作ったみんなの保育園駒込」も設立し、地域の子どもたちの口腔環境を守る役目を担っている。また山本院長だけでなく、4人の常勤歯科医師が在籍しており、それぞれの得意分野の治療を発揮できることも同院の特長の一つだ。駒込の地域を愛し、愛される山本院長に、保育園設立のきっかけや、院内ラボならではのメリット、現在注力されている治療などさまざまな話を伺った。
(取材日2012年10月15日/再取材日2015年9月2日)

子どもたちの将来の口腔環境を見据えて、近隣へ保育園を設立

―開業から4年経たれ、新しく導入したことや変化はありますか?

少しずつ進んできたという思いですが、1年ほど前、近隣に「歯医者さんが作ったみんなの保育園駒込」という連携の保育園をつくり、好評いただいています。特徴は、週に1回、歯科衛生士と歯科医師で保育園に行きブラッシング指導をしたり、口の中に関する紙芝居を読んだりして、歯科医療へポジティブなイメージを持ってもらうようにしていること。歯科健診も定期的に行っており、虫歯があれば親御さんの了解を得て保育時間中に治療をすることもありますよ。

―歯科医院と保育園を繋げることで、どんな有用性が生まれましたか?

小さな頃から歯科医師や歯科衛生士にふれることで、歯科医院を怖がらなくなるのが一番のメリットですね。口元を触られても嫌がらないということは、近い将来大きな意味を持ちます。やっぱり最初に保育園を訪ねたときはわんわん泣く子がたくさんいました。でもだんだんと慣れてきて、「また来たの」って顔をするんですよ(笑)。顔見知りになったら、もう怖くないですよね。こういうことを積み重ねることで、大きくなっても歯科医院に抵抗感なく通えるように育ってくれたらという思いで、保育園を作ることに決めました。親御さんからも「ありがたいです」と好評いただいていて、うれしい限りですね。保育園が足らず、待機児童が非常に多いですから、そういった地域の問題にもアプローチできる場所でありたいと思っています。

―駒込の地域に強く根差されている先生だからこその発想だったのですね。医院にはどういった患者さんがいらっしゃいますか?

おかげさまで地域の患者さんが徐々に増え、近隣にお住まいの子どもから年配の方まで幅広い世代に継続して通っていただいています。仕事を最優先にしがちな30、40代の患者さんに比べて、特に年配の方はご自身の歯を少しでも長持ちさせたいという意識を持ち始めるせいか、歯の健康維持に対するモチベーションが高いと感じます。初めは欠けた歯を治したらそれで終わりという認識だった方も、徐々に定期的に通ってくださるようになったりと、患者さんの意識が変わっていかれるのを肌で感じられるのはとてもうれしいことですね。

―先生のご専門はかぶせ物の分野だそうですね。

大学院時代にクラウン・ブリッジといって、いわゆるかぶせ物についてその分野では日本を代表する権威である東京医科歯科大学の三浦宏之教授のもとで診療を重ねてきました。とはいえ、もともと開業することが念頭にありましたから、一つの分野に偏ることなく広く知識と技術を深めたいと考え、大学院修了後は歯周病学会の指導医にも教えを請い、さらに半年間のアメリカ・UCLAインプラントセンターへの留学で世界基準のインプラント治療技術を学ぶ機会にも恵まれました。

―幅広く学ばれた山本先生に加え、非常勤の専門医の先生も多数いらっしゃいますね。

当院には矯正、歯周病、咬合・義歯、口腔外科の各分野を極めた専門医が4人が在籍しています。基本的には常勤の私が問診やレントゲンで症状を確認した上で、専門医に任せたほうがいいと判断するような難症例の患者さんに対しては、専門医が勤務する曜日での受診をお勧めするスタイルを取っています。オールラウンドな診療に加えて、先進の治療技術を磨いている専門性の高いドクターが集まっているという点も当院の強みと言えると思っています。それぞれに得意分野があるので、医院自体をまとめるのは僕ですけれど、適した治療ができる人が診たほうが良い場合もありますからね。人数がいる分、コミュニケーションは密にとっていますよ。ただ、患者さんを診る姿勢というか、目標は同じ。みんなが同じ方向を向いていますから、特別な何かをしているわけではありません。まだまだまとまっていない部分もありますよ(笑)。

記事更新日:2016/01/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細