全国のドクター9,153人の想いを取材
クリニック・病院 160,827件の情報を掲載(2021年4月20日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 豊島区
  4. 駒込駅
  5. 医療法人社団駒込の歯医者さん 駒込デンタルオフィス
  6. 山本 将弘 院長

山本 将弘 院長の独自取材記事

駒込デンタルオフィス

(豊島区/駒込駅)

最終更新日:2020/09/11

26079 top

駒込駅から徒歩1分という便利な立地にある「駒込デンタルオフィス」。2011年の開業以来、地域住民から多くの信頼を集めているのは、駒込の町をこよなく愛する山本将弘院長の「地域のために役立ちたい」という真摯な思いの証といえる。患者の声に耳を傾け、気持ちに寄り添いながら、乳幼児から高齢者まであらゆるニーズに応え、より喜んでもらえる歯科医療を追求し続けてきたという山本院長。そんな院長に、同院の取り組みや地域医療への熱い思いをじっくり聞いた。
(取材日2020年6月11日)

親しみやすさと専門性を兼ね備えた歯科医院をめざす

まずは開業の経緯について教えてください。

20200702 1

私は大学院時代に東京医科歯科大学にてクラウン・ブリッジを学び、その後は開業を視野に入れ、同大学で歯周病の指導を受けました。留学したカリフォルニア大学ロサンゼルス校では、インプラントが専門の先生に師事し、診断から難症例まで先端のインプラント治療を学びました。いざ開業するとなってからは、30ヵ所くらいの候補地を見ましたが、駒込は都心にありながら歴史を感じさせる落ち着いた雰囲気と、昔ながらの下町風情の漂う温かい雰囲気があり、子どもからお年寄りまで大勢の方が住んでいることから、「ここだ!」と感じました。歯科医師としてこの町に貢献したいと、2011年に「駒込デンタルオフィス」を開業しました。

先生のこれまでの経験を生かして、専門性にこだわった診療を提供していると伺いました。

例えばインプラント治療において患者さんが歯周病を患っている場合は、まず歯周病の治療をするのが先になります。私はインプラントをはじめ、かぶせ物や歯周病、ホワイトニングなどを国内外で学び、専門的な知識や技術を磨いてきましたが、一人ですべての患者さんを診ることはできません。また、顎の骨が少ない場合は口腔外科との連携が必要になります。その都度、必要に応じて大学病院などで診ていただくのは大変なので、当院では不得意分野のないよう、矯正歯科や口腔外科、義歯などの分野で高い専門性を持つ歯科医師が私のほかに5人在籍しています。基本的には常勤の歯科医師が問診やエックス線検査で症状を確認し、専門家に任せたほうがいいと判断した場合は、専門の歯科医師が担当するチーム医療で、あらゆるニーズに対応できるオールラウンドの診療をめざしています。

日々の診療で心がけていることを教えてください。

2

おかげさまで、赤ちゃんから100歳のお年寄りまで、幅広い年齢層の患者さんに来ていただいています。「満遍なく、差別なく、あらゆる患者さんの多様なニーズに応えたい」というのが開業当初からの想いなので、歯の治療が苦手という方でも、障害のある方でも、生活保護を受けている方でもお気軽にご相談ください。1階はベビーカーや車いすのまま診察室へ行けるバリアフリー設計で、全室プライバシーに配慮した個室制になっています。いつでも気持ち良く診療を受けていただけるよう、明るく前向きな対応を心がけています。また、当院のスローガンとして、「忙しい時でも穏やかに仕事をしよう」という気持ちをみんなで共有しています。先端の技術や設備も大切ですが、診療は人と人とが接することなので、心を込めて患者さんと向き合っていきたいと思っています。

症状に合わせた適切な診療を行い、全身の健康を守る

院内技工室のあるクリニックは珍しいですね。

3

当院には2人の技工士が在籍し、院内の目立つ場所に技工室を設けて作業してもらっています。インプラントの人工歯やかぶせ物などを作る時は患者さんと歯科医師、技工士で話し合いながら、患者さんの希望に寄り添いながら義歯を作ることができます。外注だと微妙なニュアンスが伝わりきらない部分があって、患者さんの希望とズレが生じることもあるのですが、当院では実際に技工士が患者さんの口腔内やお顔を自分の目で確認してから製作に取りかかるので、患者さんの要望にしっかり沿った修復物の提供が可能です。また、入れ歯の破損のような緊急事態にもすぐに対応できるなどのメリットもあります。実際に作業している様子を自分の目で確認した患者さんが、「これなら安心して任せられる」と、かぶせ物や義歯を依頼されるケースも増えてきています。

予防歯科に通う患者の割合が多いと伺いました。

どんなに素晴らしい治療をしても、虫歯や歯周病が再発してしまっては台無しです。歯科医療の先進国スウェーデンやフィンランドでは20年以上前から、虫歯は「治療する」のではなく「予防する」という考えのもと、「予防歯科」を導入して、虫歯を激減させました。当院でも、治療後の患者さんに定期的にメンテナンスに通っていただくことで、虫歯の患者さんはかなり減ってきています。唾液検査による虫歯のリスクを調べ、一人ひとりに適した虫歯予防プログラムを提案するだけでなく、リンパや歯肉マッサージなども取り入れています。筋肉の緊張を緩めてストレスを緩和することで唾液が出やすくなり、虫歯や歯周病予防の効果が期待できるといわれていますし、患者さんからも「気持ちが良い」と好評です。

訪問診療にも力を入れているそうですね。

4

開業から10年目を迎え、患者さんの中にも高齢の方が増えてきました。当院では高齢者をはじめ、身体的、精神的な障害のある方など、さまざまな理由で歯科医院への通院が困難な方のために、ご自宅や施設へ訪問して歯科診療や口腔ケアを行っています。保険が適用になるだけでなく、虫歯をはじめ、歯周病、歯石除去、義歯の作製、抜歯など、通院するのとほぼ同じ診療が受けられます。当院では、医療・介護保険に精通した訪問歯科専任のコーディネーターを配置し、ヘルパーやケアマネジャーと連携しながら、患者さんや介護を担うご家族からの相談に対応しています。お口のケアは高齢者の死因の上位である肺炎の予防にもつながるので、最近は予約枠もすぐ埋まるほどの人気です。「もっと早く知っていれば」という方も多いので、今後さらに周知していきたいですね。

医療の根底にあるのは人と人とのつながり

印象に残る患者とのエピソードを教えてください。

5

新型コロナウイルスで緊急事態宣言が出された時、患者さんも不安だろうなと思って電話をかけてみました。すべての方とつながったわけではないのですが、お話しできた何人かが、「先生の声を聞けただけで元気が出ました」「先生からの電話がなかったら、怖くて通院を再開できませんでした」と言ってくださって、なんだか私のほうが逆に勇気づけられた気がしました。どんなに技術や医学が進んでも、医療の根底にあるのは人と人とのつながりだということをあらためて痛感しましたね。また、患者さんの不安な思いを直接お聞きできたことで、患者さんのために何ができるかを考えるヒントにもなりました。

今後の展望をお聞かせください。

当院の診療は個室制で、すべてのユニットに口腔外バキュームを取りつけ、清潔でクリーンな空気を保っています。また、診療に使う器具はピンセットからタービンヘッドに至るまで患者さんごとに滅菌するなど、開業以来「滅菌、清潔、安全」をモットーに、院内の感染予防対策を徹底してきました。今回の新型コロナウイルスの状況を受けて、少しでも患者さんの不安な気持ちを取り除ければと、滅菌機器をワンランク上のものに更新し、スタッフもマスクのほかにフェイスシールドとゴーグルを着用。さらに自動精算機を導入して、スタッフが現金に触れずに会計を済ませることができるようにしました。これからも患者さんの声に真摯に耳を傾け、心の通う医療でどなたにも安心して通っていただけるよう努力していきたいと思います。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

お口は健康の入り口です。スタッフの手作りの資料や丁寧な説明で、口腔内の健康を守ることが全身の健康につながることが認知され、治療が終わった後も継続して通ってくださる患者さんがとても多いのはうれしいことですね。ただ、新型コロナウイルスの影響で通院を控えていた患者さんのお口を診たところ、1ヵ月以上放置してしまった方の歯周病が思った以上に進行していて、ご本人も驚かれていました。当院は虫歯や歯周病の再発を防ぎ、「治療を受けなくて済む歯科医院」をめざしています。痛くなる前に来ていただいたほうが、痛みも削る箇所も少なく済みますし、定期的に通っていただくことで小さな変化を見逃しにくくなりますので、ぜひ気軽に足を運んでみてください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/29万円、マウスピース型装置を用いた矯正/50万円~70万円、歯列矯正/30万円~80万円、ホワイトニング/2万5000円~3万5000円、セラミックインレー/4万8000円、セラミッククラウン/10万5000円

※症例によって費用が異なります。詳細はクリニックにお問い合わせください。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access