全国のドクター9,353人の想いを取材
クリニック・病院 160,994件の情報を掲載(2020年12月02日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 文京区
  4. 本郷三丁目駅
  5. 和久本歯科医院
  6. 和久本雅彦 院長

和久本雅彦 院長の独自取材記事

和久本歯科医院

(文京区/本郷三丁目駅)

最終更新日:2020/04/01

25946

本郷三丁目駅から4分ほど歩いた場所にある「和久本歯科医院」。1927年に開業した歴史ある医院で、白を基調に落ち着いた雰囲気の待合室には開業当時の看板が飾られている。診察室は明るく開放的。天井に貼られた空の壁紙は「楽しく治療できるように」と、和久本雅彦院長自らが選んだものだ。数々の研究や開発に携わる一方で、診察においては患者一人ひとりとの時間を大切にしている和久本院長。保育園の園医でもあり「園児の診察時は、まるで保育園状態(笑)。泣いている赤ちゃんを抱っこすることもあるんですよ」と子ども好きな一面もみせる。インタビューでは、これまでの活動から現在の治療や患者に対する想いまで、じっくりと話を伺った。
(取材日2015年5月29日)

歯科医師だった祖母の影響を受け、この道へ

先生が歯科医師をめざされたきっかけを教えてください。

25946 df 1 1 1434530926

この医院は曽祖父が開業して私で4代目になるんですが、以前は病院の2階に住んでいたこともあり、歯科医師という職業は身近な存在でした。そんな中で、後を継いでほしいという家族の期待もありましたし、患者さんの健康に貢献できる、患者さんから感謝してもらえるいい仕事だぞというような話もよく聞いていました。ただ、子どもの頃は歯医者が嫌いで(笑)。治療することへの恐怖心もありましたし、独特な臭いも苦手だったんです。ほかにやりたいこともありましたし。でも歯科医師だった祖父母、とりわけ祖母の仕事を手伝っていくうちに、尊敬の思いが強くなっていきました。というのも、口腔外科医でもあった祖母は診療所でも大きな手術をすることがあったんですが、その仕事ぶりが早くて鮮やかで……。私が大学卒業後に口腔外科に進んだのも、祖母の影響が一番強いからだと思います。

大学卒業後は、いろいろなご経験をされていますね。

はい。大学卒業後は大学院に通いながら、東京電機大学で音響学を学んでいました。もともとは口腔外科で口唇口蓋裂の研究がしたかったんです。その当時問題視されていたのは、手術後、言葉を明瞭に発音できる子が少ないということでした。つまり形態的には治していても、機能的には治せていないのではないかと。それを客観的に評価する手法を確立したかったんですね。そこでコンピューターを使い、音声を分析して今後の手術に生かしていくということを行いました。例えば入れ歯などでも、どのような形にしたら患者さんがきちんと発音できるかというようなことは、現在のような臨床の場でも役立っています。その後イギリスに渡って、今度は矯正の手術の分野で、発音についての研究に携わりました。さらに、スウェーデンでは主にインプラントを学び、フィンランドでは救命救急の現場の研修を受けました。事故で運ばれた方の処置や親知らずが腫れたときの応急処置など、いろいろなことを学ばせていただきました。

帰国後はどのような活動をされたのですか?

25946 df 1 2 1434675989

NTTグループの研究所から声がかかり、そちらに籍を置きました。私は発音する時の舌の力の解析をしたかったので、それを測るセンサーの開発などを行わせていただいたんです。あとは、舌の力だけで電動車いすが動かせるというシステムも開発しました。例えばALS(筋委縮性側索硬化症)筋ジストロフィーなどのような手足が全く動かせない人でも、舌を動かす機能さえあれば、口の中のセンサーを触ることによって車いすを動かせるという仕組みです。もともと私はエンジニアになりたかったので、好きなことが形になっていると感じていました。そのプロジェクトはもう終わりましたが、今でも日本の企業やアメリカの大学にアドバイスを行ったり協力したりすることもあります。ご縁があったらできるだけ生かしたいという思いは、今も変わらないですね。

80歳で20本以上の歯を残す、そのために最善な治療を

こちらの医院での特徴的な治療法などはありますか?

25946 df 1 3 1434530926

ひとつはオゾンを使った治療。例えば歯周治療で超音波を使う際、オゾン水を流しながら使うと、その場で菌を殺してくれるので、口の中で菌が浮遊する状態を防ぐことができるんです。また、オゾンには止血効果や鎮痛効果、さらに傷を早く治す効果などもあるので、外科処置後にも使用しています。それから、バクテリアセラピー。プロバイオテクス、乳酸菌を投与して口の中の善玉菌を増やすという治療も行っています。歯周病菌の数を減らしたり、全身の免疫を上げる効果もあるので、歯周病や糖尿病など治療にリスクのある患者さんを中心に使用しています。また、ポリリン酸Naを使った歯周病のメンテナンスを行うことで、より歯肉を良い状態で維持することが可能になりました。一般歯科ではノンメタル、つまり金属を使わないということ。われわれの目標は、80歳で20本以上の歯を残すこと。そのためにはその場しのぎではなく、10年、20年先の口の中の状態を考えた治療が必要だと思うんです。そのような理由から、当院では自由診療を中心に行っています。

診察する上で、心がけていることはありますか?

患者さん一人ひとりに時間をかけて診察することですね。そのため新規の患者さんには、現状やベストな治療法、それにかかる費用などについて1時間程度じっくり説明しますし、急患の方以外は、すぐに治療を開始することはありません。また通常の診察でも、約半分の時間は説明に充てます。絵を描いて説明したり、レントゲンを見せたり。私の場合、手が動いている時間より口が動いている時間の方が長いんじゃないかと思うくらい(笑)。できるだけ長く自分の歯を持たせるにはどうするかということを、予防歯科も含めて患者さんにはお話ししています。

患者さんはどのような方が来られるのでしょうか?

今はご紹介の方がほとんどです。あとは、家族何代にもわたって通院されている方や、昔この近くに住まわれていて地方に移られた方なども。またこの医院は東京大学の保険健康推進本部(保健センター)と提携しているので、留学生も来られます。英語を話せるドクターやスタッフもいるので、できる限り対応しています。あとは歯科の金属アレルギーの方に対して皮膚科の先生とタイアップしてパッチテストなども実施しているんです。

印象に残っている患者さんとのエピソードを教えてください。

25946 df 1 4 1434530926

50年以上通ってくださっている80代後半のご夫婦がいるんです。2人とも私がセラミックの治療をさせていただいたんですが、今でも32本全部の歯があるんですね。ご主人は元教師で、同窓会で教え子に会うと彼らのほうが入れ歯なんだそうです。それで「自分に歯があるのは先生の治療のおかげだ」とお礼を言っていただいたことがあって。それは本当に歯医者冥利に尽きます。今ではその方の曾孫さんまで通っていただいているので、とてもありがたいですね。

医院が100年を迎える時も、元気に診療していたい

休日にされていることや趣味はありますか?

25946 df 1 5 1434530926

時間があるときは映画を観ますね。あとは最近筋トレにはまっていて(笑)。併せて糖質制限もしていて、お米やパン、麺類などを抜いた食生活なんです。というのも医院が開業してもうすぐ90年になるんですが、100周年を迎えた時にも元気で診療していたいと思ったからなんです。そのためにも健康管理をきちんとしなければと。3ヵ月たって、体重は17kg、ウエストは15cm細くなりました。健康には気をつけるようになりましたね。あとは1年に1回だけ休みを取って旅行に行くのが楽しみです。去年も一昨年も1泊だけですが行ってきました。まったく休めない状態なので難しいかもしれません。やることがあって忙しいのは、それはそれでうれしいことかなと思っています。

今後の目標や展望はありますか?

今度この医院は医療法人になるんです。組織が大きくなることで、より患者さんに対して手厚いやり取りができればと思っています。あとは後進の育成ですね。当院は厚生労働省の研修機関でもあるんです。今常勤でいるドクターも、研修医の頃から指導しているので、これからももっと育てていきたいと思います。治療に関しては、今のスタンスを変えずにできるだけ患者さん一人ひとりとの時間を取ること。じっくり話した上でより良い治療をさせていただくことで、一生自分の歯で噛めるようになるという流れを作りたいですね。私たちは先端の技術を身につけているので、それを患者さんのために生かせるような場がもっと増えればいいなと思っています。

ドクターズ・ファイルの読者に向けてメッセージをお願いします。

25946 df 1 6 1434530926

当院の患者さんにはお話ししているんですが、30代でどのような治療をするかによって、自分の口の将来が決まるんです。歯というのは何も手を付けていないのが一番いい状態なので、その場限りの治療を続けるのではなく、メンテナンスだけで一生過ごせるようなしっかりした治療を受けていただきたいですね。口はすべての入り口だということを、理解していただければと思います。あとは歯科難民、要は治療に納得できずに歯科医院を転々と変えてしまう方が多いんですが、それはやっぱり望ましくない。まずは通える歯科医院をつくることが大事です。納得しないまま治療を進めるのではなく、先生とじっくり話し合ってみてください。ひどくならないうちに歯科医院に行けば抜かずに治せるんだということを知っていただき、定期的に通ってほしいと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/52万5000円~、オフィスホワイトニング/10万3950円~、矯正治療/80万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/50万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access