全国のドクター9,298人の想いを取材
クリニック・病院 161,126件の情報を掲載(2020年10月25日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 文京区
  4. 茗荷谷駅
  5. 医療法人社団心緑会 小石川メンタルクリニック
  6. 白井 麻理 理事長

白井 麻理 理事長の独自取材記事

小石川メンタルクリニック

(文京区/茗荷谷駅)

最終更新日:2020/04/01

25846

茗荷谷駅より徒歩5分。緑豊かで落ち着いた街並みの一角に4階建ての「小石川メンタルクリニック」はある。設備が整った広い院内で、精神科・心療内科に加え、うつ病専門のデイケアを行っているのが大きな特徴だ。うつ症状に悩み会社を休職した方の復職を多角的かつ実践的なプログラムでサポートしている。精神科の医師である理事長の白井麻理先生をはじめ、精神保健福祉士、看護師、臨床心理士がチームで医療を進め、うつ症状の再発防止に取り組んでいる。緊張する患者の心を笑顔でほぐし、しっかり向き合うことを心がけているという白井先生。今回はうつ病専門のデイケアの具体的な内容や、先生自身のメンタルケアなどについて話を聞いた。「患者さんと向き合う時は上機嫌でいたい」という言葉通り、インタビューでも白井先生の朗らかで丁寧な対応が印象的だった。
(取材日2012年12月17日)

うつ病専門のデイケアで治療と再発防止に取り組む

先生が精神科の医師になったきっかけを教えてください。

25846 df 1 1 1356682326

子どもの頃に気管支喘息で病院に行く機会が多かったことは影響しているかもしれませんね。高校時代は数学が得意で数学者への憧れもあったのですが、親からは「数学では食べて行けないから、手に職をつけなさい!」と言われました(笑)。医師になってからは麻酔科に所属後、精神科へ移行し、大学病院で経験を積み、より幅広く患者さんを診たいと、私の地元にメンタルクリニックを開業しました。特徴はカウンセリングに加え、うつ病専門のデイケアを行っていることです。これはうつ病のために休職し、職場復帰を目指している方、あるいは離職され就職活動中の方を対象にしたプログラムで、医師、精神保健福祉士、臨床心理士、看護師が連携してチーム治療を進めています。医療に関する法律に詳しいスタッフもおりますので、関係者と積極的に接触し円滑な職場復帰を援助しています。また、自立支援医療制度申請の相談も行い、自己負担を軽減して通院しておられる患者さんが約半数おられます。

患者さんはどんな方でしょうか。

30代、40代で仕事による過度なストレスが原因でうつ症状で悩んでいる方が多いです。近隣にお勤めの方ばかりではなく、クチコミやインターネットで探してくる方、産業医のご紹介で来られる方も増えています。毎月70名前後の新患が見えますが、カウンセリングで具体的なアドバイスをすると、2、3回の診療で症状に変化がみられる方も少なくありません。会社の仕事がつらい方であれば、自分一人で考え込まず、まずは上長に自分の苦しい状況を相談し、業務の軽減をお願いしましょうとお話しています。それだけで問題の解決につながるケースもあります。ただ、うつ症状が重くなっている場合は、言葉で指導されてもすぐに「そうですね」とはなりませんのでデイケアをご用意しています。時間をかけても、考え方を変えることがご自身にとって必要だと、気持ちの上で納得していただくことが大切なのです。

うつ病専門のデイケアはどういったものですか。

25846 df 1 2 1356682327

うつ病や適応障害の治療後1年以内の再発率は6割前後と言われています。根治が難しいので、その予防には十分なリハビリテーションが必要です。当院では従来の治療としての精神療法、薬物療法、休息に、環境調整と認知行動療法を加えたプログラムをデイケアに盛り込むことで、再発率の低下に取り組んでいます。デイケアに入るためにも、最初の数週間はまずは自宅で安静です。少し元気が出てきた段階で、日々の生活を楽しむためにやりたいことをやっていただき、外出できるまでに回復した時点で、週2回半日のショートケアからスタートします。はじめはレクリエーション的なもので、書道や朗読、ダーツなどさまざまな経験していただき、将来復職する際にも気分転換できる趣味となればいいと思っています。週4日通院できるようになると、自己分析に進みます。なぜ気持ちが折れてしまったのか、何が自分にとっては大きなストレスなのかを、きちんと振り返っていくのです。デイケアは専任のスタッフがつきますので、やりとりしながら問題点を明らかにし、それに耐えられる力をつけるための心理プログラムへ移ります。復職準備に入ると、通勤練習や企業の産業医や人事担当と連絡を取って環境調整を行います。人によって期間は異なりますが6ヶ月程が目安ですね。

誰しも健康な部分と病的な部分を持っている。そのコントロールが大切

治療の際に心がけていることは?

25846 df 1 3 1356682326

薬に頼りすぎないことと、なるべくわかりやすい言葉を使って行動レベルでアドバイスすることです。薬が絶対必要な病気はありますが、その際にも薬の効能と副作用を説明し、飲むか飲まないかはご自身の判断に委ねます。治療に関しても複数のプランを提案し患者さんに選択していただきます。特に、初診では緊張し混乱している方も多いので、リラックスできる雰囲気づくりにはスタッフ全員で気を遣っています。回を重ねる度に緊張がほぐれ、表情も明るくなり、いろんな話をしてくれるようになっていきます。復職後も月1度はフォロー面談を続け、その状況の中で新たに出てきた問題点・不安点を吐き出していただき、その都度解決していくようサポートしています。

これまで記憶に残るケースはありますか?

非常に感情の起伏が激しく、周囲とのトラブルも多い人格障害の方が卒業していく姿は毎回記憶に残ります。私は全ての人は何がしか病的な部分と健康な部分の両方を持っていると考えています。誰しもその境目が揺れ動いているのです。病を減らしていくのは基本ですが、患者さんの健康的な部分と対峙して、それを増やしていくことが最重要。初診ではじっくりお話を聞いて、こういう理由でうつ症状が出ているけど、治療すれば大丈夫だと伝えます。人格障害も病気というよりも現象だと捉えています。負の行動パターンが現れれば、社会不適応を起こし、周りも困りますが、なんといってもご自身が一番つらいんです。そういう場合にこそ、健康的な部分に光を当て続けていきます。そうしていくうちに、自分が進むべき方向性がわかると、それに向かって歩きはじめます。ドイツ留学が決まった方、公務員試験にチャレンジしている方、税理士をめざし塾の先生をしながら頑張っている方。「先生、結婚しました!」と報告を受けたことも忘れられません。

ご自身のメンタル管理はどうされていますか?

25846 df 1 4 1356682326

患者さんにもよく言うのですが、職場で嫌なことがあっても家に帰るときは会社のロッカーの中に全て置いてきなさいと。私の仕事は人のプライバシーに土足で踏み込むような部分もありますので、家には一切仕事は持ち帰りません。帰ればミニチュアダックスフンドが3匹いて、彼らを撫でるのはストレス解消。とにかく、患者さんとお話をする時は上機嫌でいるようにしたいんです。患者さんのモチベーションを下げないためにも、患者さんの前ではスタッフとも事務的なやりとりは一切しないようにしています。

ストレス社会にはワークライフバランスを上手に対応してほしい

コミュニケーションが苦手な場合は病気なのですか?

25846 df 1 5 1356682326

最近よく言われているアスペルガー障害という病気があります。これは自閉症性障害の一つですが、比較的言葉や知能発達に問題がないものの、空気が読めない、相手の言動の意味がわからず、コミュニケーションに障害が出てくる特性をもった方です。今は日本の全人口の1〜2%にその傾向があると言われています。でも、ひとくちに自閉症といっても、重い人から正常に近い人まで幅が広いです。すごく軽い人はちょっと変わった人だねと言われる程度で、学生時代も問題なく過ごすのですが、社会人になって自主性を問われるようになるとつまずくケースが非常に多いです。デイケアに来られている方も、学生時代は優秀だったのに、社会人としては上手くいかず、何度も転職や休職を繰り返してきたケースや、40歳を過ぎてから自閉症だと診断を受けた方もいるんです。私は軽い場合は病名は伝えません。ちょっと自閉症傾向があっても、休職しながらでも何年も勤務できる方には社会適応能力はあるんです。持っている長所を最大限に生かして、心理プログラムで社会適応能力を上げていけば可能性があると考えています。会社にも交渉し、本人により適した業務を提供してもらい、本人にも会社にもここは気をつけてというポイントを個別に伝えて注意していただきます。今は企業側もとても協力的な所が増えてきたと感じています。

どういう場合は相談に来ていいのでしょう?

ご自身がつらいと感じるならいつでもお越しください。この前は、「結婚したいけれど、お母さんが相手に難色を示して……。どうすればいいでしょう」と相談に来られた方がいました。うつでもなく、薬がほしいわけでもないけれど、占いやスピリチュアル系もめぐり、本当に悩んでいらっしゃったのです。ご本人が最後に決めるべきだけど、結婚というのは本人の問題だけじゃなく、家同士の問題もあるからお母さんとちゃんとお話する手間を惜しまないようにとアドバイスすると納得されました。心が苦しいときには、一人で抱え込まないことです。

最後に読者にメッセージをお願いします。

25846 df 1 6 1356682326

特に女性は、未婚、既婚に関わらず社会で生きて行くには負担が大きく悩みを抱えます。だからこそ、ワークライフバランスを大事にしてください。自分の持っているエネルギーは有限です。がんばればいくらでも出てくるものではないので、仕事、家族、そして自分のためにもうまく割り振ってほしいのです。100%仕事に打ち込めば、誰しもうつ症状がでます。仕事が大変なときほど、プライベートでほっとするような時間を持ってください。追い込まれて、上司やご主人、親にも言えなくなれば、さらに仕事が中途半端になっていきます。お子さんがいらっしゃる方は子どもが病気になって会社を休まなきゃいけないと、自責的になるケースも多いですが、無料の託児サービスなど、公的機関を利用する手もありますし、実家や周りをもっと頼っていいんですよ。ここも限られたスペースですがマンパワーを増やし、地域の医療や福祉施設と連携し診療の質を上げていくように取り組んでいます。何かお困りの事があればご相談していただきたいです。

Access