たいら歯科

たいら歯科

平良 真崇院長

25499

東長崎駅から徒歩2分。「たいら歯科」の平良真崇院長はこの地において13年間の診療経験を重ねたことで「地域に根付いた要望や役割が見えてきた」と話してくれた。そのような実感をもとに、口腔内の健康を維持していく長期的な診療を提供し続けていきたい、と真面目に決意をしている歯科医師である。診療科目は、歯科・小児歯科・歯科口腔外科。親知らず抜歯のニーズにも応えているという。同院では、歯科医師側の方針を一方的に押し付けることのないよう、まずは検診や歯のクリーニングなど、来院する患者の目的にしっかりと応えることに注力。その上でインプラント治療など、それぞれの要望に合わせた治療を提供していくという方針だ。優しく実直な平良院長に診療方針や患者への想いについてじっくりと聞いた。
(取材日2017年7月27日)

地域に根付く過程で、説明や診療内容を変化させてゆく

―開院されて13年。地域での評判やクチコミによる患者層の広がりをありがたく感じておられるそうですね。

開院当初も、若い歯科医師なりに懸命に診療をしていたのですが、13年ほどこの地で患者さんと向き合う中で、長期的な診療による健康維持の重要性を、より深く実感するようになりました。一度口腔内の環境を改善していても、これだけの年月がたつとまた別の問題が生じることは少なくありません。同時に、しっかり治したはずの箇所でも、後のメンテナンスが悪ければ再び同じところに問題が出てくることもあります。継続的に来られていなかった患者さんが戻って来られた時にこそ、口腔内の知識や、メンテナンスの方法にまつわる説明を、かなり丁寧にやるようになっていきました。忙しくとも、患者さんの長期的な健康を思えばやるべきことだ、と時間をかけるようにしたのです。すると、長く通い続けてくださる患者さんから、ご家族やお知り合いを紹介していただけるようになってきました。

―長期的に通う患者さんが、別の患者さんを紹介するという循環は、地域に根付いている感じがありますね。

痛くないときは「治し時」で、その段階なら費用も時間もさほどかからず済む、とお伝えしています。長く通院されている患者さんからのご紹介で来られる患者さんとは、長いお付き合いになる傾向がありますね。それまで、特に若い患者さんの場合に「治しても、痛みが消えたら通わなくなり、後で状態が悪くなる」という状況が続いていました。「気軽に通い続けてくだされば、結果的に費用も時間もかからず口腔内の健康を維持できたのに」と思っていたのです。その悩みを「丁寧に説明すること」で打開でき始めているのは「良かったな」と捉えています。地域に根付くといえば、開院以来、周囲の商店街の皆さまからは何かと気にしていただいたり、患者さんを紹介していただいたりする中で、自分も、地域の皆さまの健康をお守りすることを通してこの地域に恩返ししていかなければと感じるようになりました。この地でしっかりとした診療を続けてまいります。

―地域の人たちの状況に合わせて、診療の内容も変化してゆくのでしょうか?

ある女性の患者さんが足腰を悪くされ、最近ではご家族の方が運転する車で通って来られるようになりました。そのことをきっかけに、「ご近所だし、ゆくゆくはこちらが往診できるようにしたほうが、私だけの徒歩の移動で済むのではないか?」と、訪問診療についてまじめに考えるようになりました。そのように具体的な患者さんの状況をきっかけに考えてみたら、他にも通うことが難しくなっているであろう患者さんの顔が、どんどん浮かんできました。まだ、いつから始められるのかというめどは立っていないのですが、訪問診療を始めようと決めたのです。地域に根付きたいからこそ、診療していて気づいた内容から、そのように診療内容をバージョンアップさせ続けたいなと思います。

記事更新日:2017/09/12


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細