全国のドクター9,166人の想いを取材
クリニック・病院 160,569件の情報を掲載(2023年2月07日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 品川区
  4. 新馬場駅
  5. 医療法人社団KDC かなもり歯科クリニック
  6. 金森 行泰 理事長

金森 行泰 理事長の独自取材記事

かなもり歯科クリニック

(品川区/新馬場駅)

最終更新日:2022/12/27

24413 top

2010年に新馬場駅から徒歩すぐの所に開業した「かなもり歯科クリニック」。金森行泰理事長は日本歯周病学会歯周病専門医としての技術と豊富な経験を持ち、歯周病の外科的治療などの難症例にも果敢に取り組んできた。このほかにも同院には矯正歯科専門の歯科医師やメンテナンス専門の歯科衛生士など、専門の経験を積んだスタッフが在籍。歯周病治療をはじめ幅広い診療に対応できるのも同院の特徴だ。「歯科医師やスタッフ一人ひとりがさまざまな研鑽を積み、最先端の機器も導入し、患者さんが受けられる治療の選択肢を増やしていきたいです」と語る金森理事長に、専門の歯周病治療の詳細や、高いレベルのスタッフにより実現する総合的診療についてなど、さまざまな話を聞いた。

(取材日2021年9月18日)

専門の歯周病治療を軸に地域密着で幅広く診療

とてもゆったりとした居心地の良い歯科医院ですね。

1

ありがとうございます。歯科医院は皆さんにとって「できれば行きたくない場所」だと思うので、なるべく抵抗感なく来院いただける雰囲気にしたいと思ったんです。院内のにおいに気を使ってアロマを用いたり、殺風景にならないようエックス線検査室の小窓を当院のロゴの形にしたり、そうした小さな工夫も心がけました。また診療室は完全個室と半個室にして、プライバシーに配慮しました。実は私、新馬場と同じ京急線沿線の平和島出身なので、この辺りはとてもなじみがあるので、そんな町で開業できたことは本当にうれしいです。

歯周病治療がご専門と伺いました。

当院では幅広い症状を診療していますが、私の歯周病に対する専門性を求めて来院される方が多いように思います。もともとインプラント治療や審美歯科まで、口内をトータルに診たいという思いで開業しましたが、こんなに歯周病でお困りの方がいらっしゃるのかと痛感しました。また歯に対する意識が高い方でも、7~8割の方が歯周病検査を受けたことがないという事実にも驚きました。ですので、まず歯周病治療の大切さについて伝えることを心がけています。当院の患者さんは、さまざまな原因が複雑に絡み合った症状の方が多く、治療が長期にわたることが多いです。治療後も再発防止と再発時の早期治療を目的とした「SPT」(Supportive Periodontal Therapy)というメンテナンスが必要です。治療の際には口内の写真や細菌検査の結果をプリントしてお渡しし、患者さんの治療へのモチベーションが長く続くよう努めています。

こちらのクリニックの歯周病治療の特徴を教えてください。

2

外科処置や歯周組織再生療法も組み合わせて、専門的な歯周病治療を行っています。重度な症例でも適切な外科処置を行えば、歯を抜かずに治療できるケースが多くなってきました。歯周組織が破壊されている場合は歯周組織再生療法、歯周病によって歯肉が下がっているケースには、移植などの方法を用いて対応します。また、歯周病治療だけに特化するのではなく、患者さんをトータルで治療できることも当院の強みですね。矯正歯科専門の歯科医師も在籍し、多角的な目線で歯周病治療を実施します。セカンドオピニオンにも応じています。

対話重視の診療で患者の「思い」や「安心」も大切に

先生が診療する上で心がけていることを教えてください。

3

患者さんの思いをきちんと伺うことですね。歯周病治療は患者さんの生活スタイルがわからないと、なかなか治療が進まないものです。そういう意味でも会話はとても重要です。例えば「どうしても治療に時間はかけられない」という方がいた場合、治療の選択肢を提示し、それぞれについてきちんと説明し、最善と思う治療を選んでいただくことが大事だと思います。また、多くの方が「歯科医院は怖い」というイメージをお持ちですので、診療中に耳元で大きな音を立てないようにするなど、安心して治療を受けて気持ち良くお帰りいただく環境を整えることも大切にしています。

インプラント治療にも注力しているそうですね。

はい。ただ、インプラント治療を前向きに考える方にこそ、歯周病治療は大切です。なぜ元の歯が失われてインプラントが必要になったかといえば、歯肉の状態が悪かったから。だからそのままの状態で入れても、またすぐ駄目になってしまう可能性が高いんです。インプラントを長持ちさせるためにも、歯肉の移植や再建といった治療が大事で、そうやって治療後にメンテナンスしやすい状態をつくることが、患者さんと歯科医師双方にメリットがあると感じています。

そのほか、近年注力している治療はありますか?

4

小児の顎顔面矯正です。これはお子さんの成長期の段階で顎を広げ、歯が生えるためのスペースを適切に確保することで、歯並びを整えるという治療法です。成人になって十分なスペースがないのに無理に歯並びを直そうとすると、歯肉が下がる歯肉退縮が起こってしまう可能性があります。当院ではその対処策として、自身の歯肉を不足する場所に移植する手術を行っているのですが、この手術は患者さんの負担が大きい割に、あくまでも対症療法であって根本的な解決策にはならないのです。そんな中で、小児期の適切な介入がいかに重要かを痛感しました。

スタッフ全員が技術を磨き、常に進化を続けたい

歯科医師をめざされたきっかけを教えてください。

5

最初は家業である魚の卸商を継ぎたいと思っていましたが、高校生の頃、あらためて「自分は何になりたいんだろう?」と考えた時、ふっと身近にいる歯科医師の先生が浮かんだんです。優しい先生で、あの先生みたいになれたらいいなという思いが、歯科医師をめざしたきっかけだったように思います。歯周病治療を専門にした理由は、「歯科医師として口全体を一つとして捉えて構築し、満足していただけるものを学びたい」と思ったからです。歯周病にならない人はほとんどいませんし、虫歯や根管治療といったさまざまな治療のベースラインでもあるので、おのずと歯周病治療へ行き着きました。私が学びたかったのは歯肉の再建や歯周病を外科的に治療するといった歯科口腔外科と歯周病治療の間の領域でした。大学病院では、歯周病だけでなくインプラント治療や外科処置のスペシャリストの素晴らしい先生に巡り合い、本当に多くのことを学ばせていただきました。

お休みの日は、どのように過ごされていますか?

マラソンがライフワークなんです。年に数回、大会にも出場しますし、その練習のために日々ジョギングをしています。ただその最中も、治療計画や自分が学ぶべきことを頭の中でまとめながら走っているんですよ。

こちらのクリニックは、スタッフの能力も自慢だそうですね。

矯正専門の歯科医師やメンテナンス専門の歯科衛生士、ホワイトニングのコーディネーターなど幅広い分野の専門家が在籍しています。それぞれが専門性を磨くことでクリニック全体が進化できるよう、スタッフ全員が勉強に励んでいます。各自が資料を作って発表する勉強会や、新しい治療法に関するディスカッションなども定期的に開催しますが、スタッフは皆向学心が高く、積極的に参加してくれるんです。一人ひとりが常に患者さんにとって最も良い方法を考えて行動できるので、安心して患者さんを任せることができますね。より精度の高い治療を行うため、2020年には根管治療などの複雑で精密な治療に有用な歯科用マイクロスコープを増設したのですが、歯科衛生士もマイクロスコープを活用し、コンセプトである「満足の一歩先」を見据えた診療を実践しています。

最後に、読者にメッセージをお願いします。

20221114 6

歯周病は自覚症状がない病気ですので、定期的に歯科医院へ足を運ぶ時間を持っていただきたいです。美容院に通うように、身だしなみを整える感じで来ていただけたらうれしいです。これまでの経験から思うのは、医療に終わりはないということですね。どんな治療も1年後には新しい技術や材料が出てきますから、新しい技術を積極的に学び、材料もできるだけ取り入れ、患者さんに多くの選択肢を提供したいと思っています。「満足の一歩先へ」というスローガンを達成するために、ハード・ソフトの両面で進化し続けていきます。また、高度な治療を提供しつつも、何か一つに特化するのではなく、患者さんの口内の健康をトータルコーディネートできるようなクリニックでありたいと思っています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

歯周病精密検査1(歯周ポケット測定・細菌検査・14枚法含む)/3万3000円
歯周病精密検査2(歯周ポケット測定・細菌検査・14枚法・CT撮影含む)/4万9500円
SPT/7700円~(施術時間によって料金が異なります) 
歯周組織再生療法/22万円
歯肉の移植/12万1000円~33万円 
ホワイトニング/2万7500円 
小児顎顔面矯正/49万5000円~
セカンドオピニオン/2万2000円~(1時間)
インプラント治療/66万円~

Access