和光医院

林 北辰 副院長

23880 df 1 main 1344559729

どこか懐かしい雰囲気が漂う武蔵小山商店街。そのアーケードの一角に「和光医院」はある。26年にわたり、地域住民の健康をサポートし、小さなお子さんから高齢者まで幅広い患者からゆるぎない信頼を受けている。「院内にはお子さんの緊張をほぐすためキャラクターグッズを飾り、注射を我慢できたら、ご褒美のおもちゃを用意しています!」と、笑顔で語る林北辰(はやしほくしん)副院長。大学病院などで10年以上の経験を積み、2012年4月より父の開業するこの医院へやってきた。院長である父とタッグを組み、患者最優先の治療をめざしている。これまでの経験や今後の目標、さらに医療への思いをお伺いした。
(取材日2012年7月2日)

父が日本で築いた信頼を引き継ぐ

―開業されたのはいつですか?

1986年に父が開業しました。患者さんを広く診たいと住宅地を探し、日本有数の商店街であるここを選びました。もともとのルーツは、祖父が台湾で1949年に「和光医院」を開業したこと。実は、病院の名前も「和気生光」という中国の古い言葉に由来しています。「気を和やかにして光を生む」という意味です。我々の本名は林ですが「和光先生」と患者さんから呼ばれることも多いです。父は台湾で医師免許を取得し、その翌年には日本の医師免許も取得して東京医科大学第2内科に入局しました。ですから、開業当時は日本語もまだそれほど流暢ではありませんでした。それでも26年間、この地域の方に信頼される病院を続けているのは、息子ながらすごいと尊敬しています。自分に置き換えて考えてみても、風邪で病院に行って、日本人ではない医師が出て来たら、やはり若干不安になりますよ。次にまた行くかどうか悩むはずです。それでも患者さんが増えてきたのは、言葉を越えた父の医師としての技術力や優しい人柄が支持されたからでしょう。患者さんに対する姿勢は父を見習っていきたいです。

―いつこちらの病院にいらしたのですか?

今年の3月なので、まだ4ヵ月目です。父が築いてきたこの医院を、いつか引き継ぐのが自分の使命だと思っていました。ですが、医師になって、2、3年目でやってきても使い物になりません。開業医になるには当然、総合的に何でも診るための経験は必要でした。加えて、これに関しては誰にも負けないという専門性を身に付けたいと、大学病院に所属しました。その後、一般病院も4件程勤務し、糖尿病専門医の資格を取得して、ようやく自信を持ってやってきました。内科・小児科の中でも、父は循環器が専門ですが、私は専門性を活かし糖尿病外来をスタートさせました。今、4人に1人は糖尿病という時代で、予備軍も多いです。健康診断でちょっとでも高い数値が出たり、ご家族に糖尿病の方がいらっしゃったりする場合には、見た目は太っていなくても、リスクはないかを細かく診ています。食生活の改善指導も積極的に進め、今後、糖尿病の患者さんが増えてくれば、栄養士に加わってもらう方針です。まだ、始まったばかりですが、ホームページを見てくださったり、隣の駅の内科の先生から「あそこには糖尿病専門医がいるから」と紹介を受けたりして来院される方もいらして、手応えを感じています。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Book banner s
Book banner m
Book banner ss
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細