求人情報ON
大村歯科医院

大村歯科医院

大村欣章 院長

23232

自分の歯を生かす「歯の再植術」を実施

―診療の上で大切にされていることを教えてください。

できるだけ多くの選択肢をお示しして、患者さんが納得できる治療を選んでいただくことです。よくあるのが「この歯はもう抜くしかない」と思われているケースです。ほかのクリニックでそう言われたり、ご自身の経験から思い込まれたりしていることがあるのですが、今は治療技術の進歩によって抜歯せずに治す選択肢がずいぶん増えてきました。治療を選ぶ際は、料金や安全性、時間、QOL(クオリティーオブライフ)など、さまざまな要件がありますが、患者さん自身がなにを優先したいのか。その希望に添えるために、当院では多様な選択肢を用意しています。

―例えば、どのような選択肢を示されるのでしょうか?

硬い物をかんだ時の力などで歯にヒビが入ったりが真っ二つに割れてしまった症例では、「再植」という方法が使えます。一度歯を抜いて、割れた部分を接着剤で接着し、再び同じ歯茎に戻すのです。通常は、歯を抜いてインプラントか入れ歯、もしくはブリッジのいずれかを選ぶことになりますが、当院では再植接着というもう1つの選択肢をご提供しています。再植をすると、義歯やインプラントと違って、歯根膜(しこんまく)という歯を支えるコラーゲンの束を残せますから、物を食べた時の噛み心地も自然なんですよ。もちろん、インプラントや入れ歯にもメリットがあるので、最終的には患者さんが選択することになりますが、諦めかけていた歯を残せる可能性をお示しするのが、当院の務めだと考えています。「再植」は応用範囲が広いのですが、口腔外科の技術と正しい知識を必要とするので、町のクリニックで導入している例は、それほど多くはありません。

―選択肢の幅が広がることは、患者さんにとってうれしいですね。

患者さんが求めていることに応えられたときは、歯科医師としての喜びを感じますね。顎関節症の治療でも、さまざまな治療法があるんですよ。よくあるのは、マウスピースを装着して顎の位置や方向を調整しながら少しずつ回復するよう誘導する方法ですが、場合によっては別の方法も選択することができます。顎関節症はかみ合わせ・精神的ストレス・歯ぎしりなどの悪いくせというような複数の要素の蓄積によって引き起こされるのですが、その方の関節や筋肉の状態に合わせて、その原因を突き止め、ひとつひとつ消してゆくために診断が大切です。顎の動きや歯のぶつかり具合を診察するのはもちろん、ストレスや夜間の歯ぎしりがないかどうかも詳しく問診しています。顎関節がなぜ、ずれたり動かなくなったりするのか、その仕組みが分かっただけで自然に自分で治すことができるようになることもあるんですよ。かみ合わせが引き金になっている場合は、少しだけ歯を削って調整するだけで治るケースもあります。また、歯と歯がぶつかる刺激に神経反射が過敏になるのが原因の方は、薬を使ってコントロールすることもあります。個別の状況に合わせて、使える治療法の選択肢を提供するよう心がけています。



Access