全国のドクター8,899人の想いを取材
クリニック・病院 160,976件の情報を掲載(2021年12月09日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市栄区
  4. 本郷台駅
  5. ゆうび歯科クリニック
  6. 成川 純之助 院長

成川 純之助 院長の独自取材記事

ゆうび歯科クリニック

(横浜市栄区/本郷台駅)

最終更新日:2021/10/12

22371

JR根岸線本郷台駅から徒歩約10分のところにある「ゆうび歯科クリニック」。先代院長であった父親の後を継ぎ、2010年に2代目院長に就任した成川純之助院長は、信州大学医学部附属病院口腔外科で研鑽を積んだ口腔外科のエキスパート。親知らずの抜歯といった歯科小手術、全身疾患を持つ患者に対する歯科治療にも対応する。その一方、高齢者の入れ歯や子どもの予防歯科などの診療にも注力。「大学病院などの規模の大きい医療機関と、いわゆる『町の歯医者さん』の、中間的なポジションをめざしています」という成川院長。地域にも浸透し、若い世代の患者や、口腔外科診療を求める患者も増えてきたという。そこで、成川院長に診療の特徴や、歯科医師としての思いを聞いた。

(取材日2019年12月14日)

口腔外科の専門性とクリニックの身近さを両立

まず、こちらのクリニックの成り立ちについて教えてください。

1.

父が、歯科衛生士だった母と2人で、1968年に横浜市鶴見区に開業したのが当院の始まりです。「ゆうび」という院名は、父と母の名前からとっているんですよ。1975年にこの栄区に移転して、2010年からは私が院長となり、今日に至ります。診療内容は、一般歯科と、私の専門とする口腔外科です。

先生は信州大学医学部附属病院で研鑽を積んだそうですね。

私は鶴見大学歯学部出身ですが、そのまま母校の附属病院で研修すると学生時代の延長になってしまうので、知り合いがいない病院へ行きたいと考えたのです。信州大学医学部附属病院を選んだのは旅行やスキーで信州になじみがあったことと、距離的にもそれほど遠くなかったからです。当初は初期研修が終わったら戻るつもりでしたが、夢中で仕事をしているうちに11年たっていました(笑)。外来医長や病棟医長も務め充実していましたが、管理や教育の仕事の割合が増え、次第に臨床に専念することが難しくなってきたので、歯科医師として長く仕事を続けるためには、開業医のほうが良いのではないかと考えて戻ってきました。

こちらの設備や施設面には、どのような特徴がありますか?

2

診察台それぞれにモニターを設置し、デジタルエックス線などで撮影した画像を映して、病状や治療方針をわかりやすく説明しています。心電図のほか、点滴や採血の設備も整えていますので、高血圧や不整脈などの症状がある患者さんに対する、外科的な歯科治療にも対応できます。また、被ばく量の低い歯科用CTを導入しています。エックス線検査では確認が困難だった歯のひびや、根の尖端にできた膿の袋などもわかり、幅広い症例に対応できます。特に親知らずの抜歯に対しては、顎の骨深くに埋まった歯の根の先端と神経の関係も評価できるため、安全性と患者さんの負担に配慮しながら抜歯を行えるようになりました。根管治療では、ニッケルチタンファイルという器具を使用しています。

来院される患者さんはどのような方が多いのでしょうか。

症例として多いのは虫歯や歯周病、入れ歯治療などの一般歯科のほか、親知らずの抜歯、顎や舌の痛みを訴える方などです。ホワイトニングや、セラミックを用いた補綴治療を求められる方も多いですね。患者さんは近隣にお住まいの高齢者が中心ですが、最近は20代、30代の若い方も増えており、特に口腔外科に関しては、少し遠方からも来られていますね。

親知らずの抜歯や、がん患者のサポートにも取り組む

口腔外科ではどのような診療を行っているのですか?

20200212 3

口の中だけでなく、目の下から鎖骨までの顎顔面が口腔外科の領域です。顎関節症や、良性腫瘍や嚢胞、口内炎などの粘膜疾患、口の中に症状が出る手足口病や帯状疱疹、ヘルペスなどの内科、皮膚科疾患も幅広く診療します。また、大学病院での口腔がん手術や抗がん剤による治療経験を生かして、口腔がんにも対応しています。設備面の問題から、当院でがんの手術や治療を行うことは難しいのですが、口の中や舌のできものに対する病理検査や、口腔がん治療後の歯の治療などのサポートはこまやかに行っています。専門施設にご紹介する時も責任を持って対応しますので、お口の中のことで、歯以外でもお困りのことがあれば何でも相談していただきたいですね。

口腔外科で力を入れているのは、どのような治療ですか?

親知らずの抜歯や口の中の良性腫瘍などの小手術ですね。現代人は顎が小さくなっている傾向があり、親知らずが埋まったり、横向きに生えたりしている人が多くなっています。手前の歯に悪い影響を与えることもあるので、早めに抜歯したほうが良いと私は考えています。またインプラント治療にも多く携わり、手術に必要な歯科用CTや滅菌設備も整っているので、外傷や腫瘍の手術で歯を失ったケースなど、インプラントが適する場合には積極的に対応したいと考えています。

先生の診療方針について聞かせてください。

4

大学病院などの規模の大きい医療機関と、いわゆる「町の歯医者さん」の中間的なポジションで、歯と口腔の疾患に対して専門性の高い治療を身近に提供することをめざしています。治療して「はい、終わり」というのではなく、患者さんとできるだけお話しするようにしています。治療に関する専門的な話もしますが雑談も多いですね。特にお年寄りは、治療よりも会話を楽しみに通って来られる方もいらっしゃいます。世間話をすることで患者さんもリラックスできますし、治療に対するストレスを軽減する意味でも、なるべくお話ししながら治療するよう心がけています。

印象に残る患者さんとのエピソードはありますか?

院長になってすぐに出会った口腔がんの患者さんは、特に印象に残っています。父の代からの患者さんで、過去にがんを切除した後、入れ歯の調整などで当院に通院されていて、がんの再発が見つかったのに高齢のために手術ができない状況でした。私はがんに関しては主治医という立場ではありませんでしたが、内科の先生と連携しながらサポートし、ご家族に消毒方法をお教えしたりしました。最期はご自宅で亡くなられましたが、ご家族から「いろいろ教えてもらって助かりました」と言っていただきました。がん患者さんとご家族のために、かかりつけ医の立場からできることがあると気づき、改めて歯科医師としてのやりがいを感じた経験となりましたね。

小児から高齢者まで、歯科を通じ地域住民の健康を守る

お父さまのことや、プライベートについても教えてください。

5

父は引退していますが、父の患者さんもほとんど残っていただくことができ、引き継ぎもうまくいったかなと思っています。一般歯科の細かい治療や、開業医ならではの患者さんとの付き合い方は父に学んだところが大きかったですね。休みの日は、3人の娘と過ごしたり、趣味の釣りに出かけたりしています。また最近、栄区医師会の写真同好会に参加しています。マネジメントされているのが病院の口腔外科の先生なんです。私たち口腔外科医師が歯科と医科をつないでいければいいなと思っています。

これからの展望について聞かせてください。

今後も専門性の高さと、町のクリニックの親しみやすさを兼ね備えたかかりつけ医として、歯と口腔の診療を通して地域の皆さんの健康を守っていきたいと考えています。一般歯科の分野では、入れ歯治療、そして予防歯科に力を入れ、ブラッシング指導や口腔衛生管理もしっかり取り組んでいきたいですし、ニーズの高い審美歯科や、取り組みを始めている訪問診療にも力を入れていきたいですね。口腔外科の分野では、がん化する可能性のある口腔扁平苔癬などの粘膜疾患の患者さんは多いことが気になります。見過ごされがちなので、専門家の立場から発信していきたいと考えています。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

最近、高齢者の口腔機能の低下、オーラルフレイルが全身にも影響を与えることがわかってきています。できるだけ若いうちから、定期的に検診とクリーニングを受けて歯の健康を守り、トラブルや病気の早期発見につなげることが大切です。子どもの場合も歯が生えてきたら、定期的に通院すると歯科に慣れ、予防につながりやすくなると思います。私は、子育ても経験して子どもの扱いにも慣れていますから、安心して受診してください。また虫歯や歯周病の治療や、歯石除去などの一般歯科をはじめ、親知らず抜歯などの歯科小手術、唇や頰までを含めて口の中の症状に幅広く対応していきますので、気になることがあればいつでもご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

ホームホワイトニング/2万5000円~、セラミックを用いた補綴治療/8万円~、インプラント治療/35万円~

Access