全国のドクター9,238人の想いを取材
クリニック・病院 160,799件の情報を掲載(2021年4月12日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市旭区
  4. 二俣川駅
  5. 医療法人社団 千正会 塚原眼科医院
  6. 塚原 正彦 院長

塚原 正彦 院長の独自取材記事

塚原眼科医院

(横浜市旭区/二俣川駅)

最終更新日:2021/03/01

20210210 22075 top

「うちの自慢はスタッフです。設備より何より、まず人なんです」と語るのは、「塚原眼科医院」の3代目院長、塚原正彦先生。隅々まで丁寧に手入れの行き届いた院内に入ると、診療が終わったばかりだというのに、スタッフは熱心に勉強を始めている。特に宣伝もしていないのに、紹介などで新規患者が後を絶たないのだそう。「だからこそ、決して現状に甘んじることなく、患者さんの信頼を裏切ることのないよう努力し続けなければと肝に銘じています」と、穏やかな笑顔で語る塚原先生に、白内障手術の専門家としての真摯な思いから、先端医療であるフェムトセカンドレーザーによる白内障手術のことまで、じっくり聞いた。
(再取材日2021年2月3日)

歴史を受け継ぎ、高度な眼科医療でさらなる高みへ

横浜市内でも歴史ある眼科医院だそうですね。

20190314 %ef%bc%91

1954年に祖母が開業して以来なので、60年以上になります。当時はこの辺りはもちろん、横浜市内にも数えるほどしか眼科がなかったと聞いています。神奈川区松本町から1964年に旭区二俣川へ移り、2006年に私が院長に就任すると同時に二俣川駅前のこの場所に開業しました。赤ちゃんからご高齢の方まで、年齢を問わず大勢の患者さんに来ていただいていますが、中には祖母の代からずっと通ってくださっている患者さんもいてとても感慨深いですね。私自身二俣川で生まれ育ったので、眼科医療を通じて地元に貢献できることをとてもうれしく思うと同時に、患者さんの信頼を裏切らないよう、身の引き締まる思いでいます。

大学病院にあるような設備が充実していて驚きました。

医師の技量が重要であることは言うまでもありませんが、より確実な診断結果を得るため、また手術の精度を高めるために検査機器から手術装置まで、当院に導入する機器はすべてこだわってそろえております。クリニックでここまでそろえるのは珍しいと言われたことがあるのですが、例えばいくら高い白内障手術の技術をもっていても、古い検査機器を用いている場合と新しい検査機器を用いている場合では、手術の満足度に差が出ることが考えられます。また、感染防止のため手術室はHEPAフィルターを用いた専用の空調設備を用い、器具の洗浄滅菌もオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)に加えガス滅菌器を用いるなど目に見えない部分でも徹底した衛生管理を行い、クリーンな環境保持に努めています。地域の皆さんに、通い慣れた地元のクリニックで安心して治療を受けていただけるよう常に心がけております。

先生の説明はとてもわかりやすいそうですね。

20190314 %ef%bc%92

どんな治療にも、必ずメリットとデメリットがあります。そのため、私は専門家ならではの検査と、その検査結果に基づく予測をわかりやすく患者さんへ説明して、患者さんにとって最善の治療方法を選択していただけるように心がけています。また、説明を聞いていたとしても、きちんと理解できていたかどうかで満足度は変わってきます。患者さんに納得していただいて治療をスタートすることはとても大切だと思っていますので、当院では技術だけでなく、治療に対する説明においても常に質の高い対応をめざしています。

白内障手術では、眼内レンズ選びが重要

最近は白内障手術で多焦点眼内レンズを希望する方が増えているそうですね。

20190314 %ef%bc%93

以前は白内障手術というと80代以上のご高齢の方が受けるイメージがあったかと思いますが、最近は50代、60代の方のお問い合わせが増えています。保険診療で扱う単焦点眼内レンズは通常遠くにピントを合わせるため、近くを見る際は老眼鏡をかける必要があります。それに対し多焦点眼内レンズは手元や中間距離にもピントが合う設計になっていて、白内障手術と老眼矯正が同時にできる仕組みになっています。2020年4月より選定療養という新たな枠組が始まり、一部保険適応で多焦点眼内レンズを用いた白内障手術が可能となりました。ただ多焦点眼内レンズは、ややクセのある見え方や夜間のまぶしさなど単焦点眼内レンズに比べ鮮明さがわずかに劣るというデメリットもあります。近年はそうした点を改善した多焦点眼内レンズが続々と登場し、当院では先進のレンズを幅広く導入しているため、質の高いレンズを求め当院を選ばれているのではないかと思います。

人生に一度の手術、納得のいくレンズを選ぶことが大切なのですね。

私は大学院時代から眼内レンズの研究をしていたこともあり、手術後の見え方の質にはこだわって眼内レンズを選択しております。眼内レンズの先進国はヨーロッパであり、その中から厳選された多焦点眼内レンズを当院の手術でも使用しております。2焦点から始まった多焦点眼内レンズも今では3焦点が主流となり、さらには5焦点眼内レンズの研究も進んでおり日進月歩の発展を遂げています。その中から患者さんの趣味や仕事を含めた生活スタイルをよく伺った上で、術後の見え方を予測できる先進の機器を用い適したレンズを提案しております。また患者さんの性格によってもレンズの相性が異なるため、お話をしていく中で慎重に見極めさせていただいております。人生に一度の白内障手術が満足のいく結果となるよう、最大限の対応を心がけております。

レーザー白内障手術装置について教えてください。

20190314 4

白内障手術の目的は、眼鏡をかけて視力が出ればよしとされる時代から、裸眼視力の改善が求められる時代へ完全にシフトしております。こうして白内障手術がレーシックのような屈折矯正手術としての応用が期待されるようになった結果、当然より精度の高い手術が必須なのです。加えて多焦点眼内レンズを選択される方が増えていることも鑑み、当院ではフェムトセカンドレーザーによる白内障手術装置を導入しております。従来人の手で行われていた切開や白内障を細かく砕く作業を20秒ほどの間にレーザーが行うことで、人間の手ではまねのできない超高精度の手術が実現できるようになりました。当院では自費の多焦点眼内レンズを選択された方、そして手術の難易度の高い方に施行しております。

常に新しい知識・技術を学び治療に生かしていく

お忙しい毎日だと思いますが、休日はどのように過ごされていますか?

20190314 5

2年ほど前から将棋を始めた息子と二人で将棋道場に通い切磋琢磨していたのは今や懐かしい話で、日本将棋連盟の1級と認定された息子にはハンデ戦でもまったく歯が立たなくなり、物足りなくなったようで対局さえ組んでもらえなくなったありさまです。現在父親の威厳を取り戻すべく、目下オンラインでプロ棋士に猛特訓を受けています(笑)。

今後の展望についてお聞かせください。

情報化が急速に進む中、患者さんが医療機関に求める期待値はかなり高まっています。特に白内障手術ではその傾向が強いため、われわれも現況に満足して立ち止まっている時間はありません。眼科領域はこの20年で目覚ましい進歩を遂げましたが、当院では常に新しい技術に触れているという自負があります。老視矯正眼内レンズ、レーシックに代わる屈折矯正手術となる眼内コンタクトレンズ(フェイキック眼内レンズ)など自由診療を含めた幅広い選択肢を、先進の設備を備え対応しております。同時に医師のスキルアップも常に心がけ、多様化する患者さんのニーズに的確に応えられるよう、また生まれ育ったこの地でお世話になった方々へ恩返しする気持ちで日々精進してまいります。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

20210210 6

私たちの情報の80%は目から入るといわれていて、起きている間、常に目は働いています。特にデジタル化が急速に進行した現代では、ストレスや疲労のもとが実は目であるというケースも多く、そうした不調を感じた時に「眼科を受診する」という選択肢があることを知っていただきたいですね。こうして受診された方の中には、偶然緑内障や網膜剥離が見つかったり、内科的疾患が見つかることもあります。当院は先進の設備をそろえ、看護師、視能訓練士含めた検査員、受付まで接遇力の高いその道のスペシャリストが対応し、患者さんの不安軽減に努めております。気になることがあれば、いつでも気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

フェイキック眼内レンズ(片眼)/30万円、乱視用:35万円
多焦点眼内レンズ/選定療養11万円~32万円、自費58万円~60万円

Access