全国のドクター12,764人の想いを取材
クリニック・病院 158,416件の情報を掲載(2024年7月21日現在)

  1. TOP
  2. 兵庫県
  3. 神戸市中央区
  4. 大倉山駅
  5. 山の手内科クリニック
  6. 身近ながら総合力と専門性を発揮適切な治療に導くかかりつけ医

身近ながら総合力と専門性を発揮
適切な治療に導くかかりつけ医

山の手内科クリニック

(神戸市中央区/大倉山駅)

最終更新日:2024/06/13

山の手内科クリニック 身近ながら総合力と専門性を発揮 適切な治療に導くかかりつけ医 山の手内科クリニック 身近ながら総合力と専門性を発揮 適切な治療に導くかかりつけ医
  • 保険診療

「総合内科」という分野について、規模の大きい病院などで目にしたことがある人もいるのではないだろうか。しかし、一般的な内科との違いを答えられる人は少ないだろう。総合内科とは、内科疾患全般の知識をもとに、患者一人を総合的に診療することを指す。古川皓一先生が院長を務める「山の手内科クリニック」も総合内科に対応するクリニックの一つ。同院では急性期・慢性期、あるいは臓器や専門にとらわれず、内科疾患全般について診療するばかりでなく、古川院長が専門としてきた呼吸器疾患の専門的な治療まで対応する。また院内にはCTが備えられ、さまざまな病気の早期発見・早期治療に注力もしている。今回は総合内科の役割や診療範囲、さらに総合内科に対応するクリニックをかかりつけにするメリットについて、古川院長に詳しく教えてもらった。

(取材日2024年5月30日)

患者のすべてを診る「総合内科」。かかりつけ医として予防と早期発見にも力を尽くす人生のパートナー的存在

Q総合内科は、どのようなことに対応するのでしょう?
A
山の手内科クリニック 内科疾患全般の診療を行う

▲内科疾患全般の診療を行う

総合内科では内科疾患全般に対応しています。一般的に内科の医師は、内科疾患全般を把握した上で、循環器・消化器・呼吸器といった専門性を発揮するのが本来の姿です。ですが、医療発展により一人の医師が内科全般を把握するのは容易ではなくなり、患者さんもより専門性を求めるようになりました。しかし、専門外のことは診ない、対応できないという医療では安心して生活するのは難しいでしょう。また超高齢社会となった今、複数疾患のある患者さんも珍しくありません。そこで当院は総合内科として、内科疾患全般に詳しい医師が症状や経過から複数の疾患を想定し、検査などで除外診断を行って原因疾患を特定して必要な治療へとつなげています。

Q総合内科に対応する医師をかかりつけにするメリットは?
A
山の手内科クリニック 総合内科の特徴を優しく語る古川院長

▲総合内科の特徴を優しく語る古川院長

総合内科であれば、原因がわからない症状や複数の病気がある患者さんも総合的に診ることができます。急性期に診療科や臓器を気にせず相談できるので、患者さんにとっても大きな安心につながるでしょう。当院では過去の診断や、医師が陥りがちな思い込みを排除して曇りのない目で診察をし、患者さんと相談しながら必要な検査は省略せず行い、正しい診断と必要な治療の提供に努めています。またかかりつけ医が地域のクリニックであれば、患者さんの生活背景や家族構成など具体的に理解できますし、定期健診なども総合内科の観点から総合的に検討し、新たな病気も見逃さず早期発見が期待できると考えています。

Qより専門的な治療が必要になった場合には、どうなるのですか?
A
山の手内科クリニック 高いレベルの治療とフォローを行う

▲高いレベルの治療とフォローを行う

もし、手術や当院でできない治療が必要な場合には、迅速に近隣の病院をご紹介します。ですが、患者さんの多くはご高齢で移動負担も大きいため、できる限りの治療はこちらで対応していきたいと思っています。また呼吸器疾患に関してはこれまで数多くの症例に対応してきました。CTも導入していますので、当院でも大学病院と変わらないレベルの治療・フォローが可能だと考えています。これまでの経験から手術判断の見極めは熟知しています。神戸市内・阪神間には信頼できる病院がたくさんありますし、私が以前勤めていた神戸大学医学部附属病院とは密な連携を行っています。また病院退院後の管理や経過観察は、こちらで引き受けることも可能です。

QこちらのクリニックでCT検査を受けるメリットは何ですか?
A
山の手内科クリニック まだクリニックでは珍しいCTでの検査をすることも可能

▲まだクリニックでは珍しいCTでの検査をすることも可能

総合内科の総合力と呼吸器内科の専門性を生かし、CT検査でさまざまな病気の予防や早期発見に努めているところです。CT検査では、肺がんや肺炎といった呼吸器疾患はもちろん、肝臓がん、脂肪肝、大腸がんなど多様な疾患を調べることができます。ですが、一般的に内科で診断を受けても、CTを備えていないことが多くすぐには検査ができません。当院なら疑わしき疾患があればすぐに調べることができ、治療もすぐに始められます。また患者さんの中には肺結節などで定期的なCT検査による経過観察が必要な方もいます。当院であれば遠くの病院に行くことなく、診療時間の中で素早くCT撮影ができます。また病院からの逆紹介にも対応しています。

Q動脈硬化検査なども行い、早期発見にとことん注力されています。
A
山の手内科クリニック 早期発見がなによりも大切

▲早期発見がなによりも大切

高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病は、進行に気づかないことも多い病気です。治療も後回しにされがちですが、放っておくと心筋梗塞や脳梗塞などの大きな病気につながる怖い病気です。そもそもの原因は生活習慣による動脈硬化ですので、早い内から対策をして予防するのは決して難しいことではありません。当院では動脈硬化の進行度合いを調べる検査や頸部エコー、血液検査、心電図検査なども積極的に行って総合評価を出し、一人ひとりの状態をきちんと把握して予防にも取り組んでいます。また高齢者医療だけでなく、地域には小児科が少ないことから、小さなお子さんの治療も当院でできることを行うなど、地域の健康寄与に努めています。

ドクターからのメッセージ

古川 皓一院長

患者さんの中には「こんなこと聞いていいですか?」「専門外かもしれませんが……」と恐縮しながら質問される方もいるでしょう。ですが、そういった遠慮は必要ありません。患者さんのお話を聞き取って、必要があれば診療につなげていくのが、かかりつけ医の役目だと思っています。近年は複数疾患を持つ人や複雑な疾患を持つ人も増えました。当院はどのような方も受け入れ、呼吸器疾患では高いレベルの治療まで提供しています。CT検査などで、しっかりと原因を追究し、適切な治療につなげることはもちろん、10年後、20年後の将来を考えて早期発見にも力を尽くしています。総合内科の良さを理解して、いつでも頼っていただければと思います。

Access