全国のドクター9,343人の想いを取材
クリニック・病院 158,554件の情報を掲載(2024年6月15日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 豊島区
  4. 目白駅
  5. 目白ホワイトクリニック
  6. 杉林 奈賀子 院長

杉林 奈賀子 院長の独自取材記事

目白ホワイトクリニック

(豊島区/目白駅)

最終更新日:2024/04/24

杉林奈賀子院長 目白ホワイトクリニック main

JR山手線目白駅から徒歩約1分。シンプルで白いビルの2階に「目白ホワイトクリニック」はある。同院は、2024年3月に杉林奈賀子院長が開業したクリニックだ。杉林院長は、これまで複数の大学病院やクリニックで研鑽を積み、歯列矯正とホワイトニングの知識・技術を磨いてきた。同院も、以前は矯正とホワイトニングを専門とする歯科クリニックだったが、2024年3月に医科の診療も開始。現在はボツリヌストキシン製剤注入など、皮膚科に関する相談・施術も対応している。同院がめざすのは、顔回りのトータルビューティー。きれいになりたいと思って訪れる人たちの力になりたいと、杉林院長は日々尽力している。気さくで話しやすく、頼りになる印象を受ける杉林院長に、同院の特徴について聞いた。

(取材日2024年3月28日)

医科の診療を導入して新規開業。幅広い相談に対応する

これまで歯科を専門としていたところ、医科の診療も導入して新規開業されたと伺いました。

杉林奈賀子院長 目白ホワイトクリニック1

はい。もともと当院は、同じ名前で2023年の11月に開業しました。当時は歯科のみで、矯正とホワイトニング専門の歯科クリニックとしてオープンしたんです。ただ、矯正やホワイトニングを希望される患者さんの中には、歯以外の部分もきれいにしたいと考えている方が多く、だったら、顔全体のお悩みにも対応できたら便利なのではと思って、医科の診療も始めることに決めました。医科の診療以外の対応はすべて私が行っています。私自身が全部自分でやりたいタイプなんです。歯科診療を一人で対応するのは大変ですが、その分自由にできますし、何かあっても自分で責任が取れるのはメリットですね。そのために、あまり大きくないクリニックにしたんです。当院は完全予約制ということもあって、受付はなく待合室もありません。個室も2つだけですが、他の人と診療時間がかぶることはありませんし、緊張はしても居心地は悪くないと思いますよ。

こちらではどのような診療を受けることができますか?

矯正やホワイトニングといった歯科診療に加えて、眉間や目尻のしわへのボツリヌストキシン製剤の注入といった皮膚科に関する診療を受けることが可能です。矯正とホワイトニングは私が担当で、皮膚科関連の部分は専門の医師や看護師が担当してくれています。幅広い相談に対応することで、顔回りのトータルビューティーをめざしています。オフィスホワイトニングについては美容皮膚科とコラボしながら、口臭のケアや、唇と目元のパックを同時に行っております。また待ち時間のない保険のオンライン診療でニキビやじんましん、花粉症の治療も行っています。

顔回りのトータルビューティーということは、若い女性が多いのでしょうか?

杉林奈賀子院長 目白ホワイトクリニック2

そうとも限りません。確かにホワイトニングを希望されるのは若い方が多いですが、ご相談の内容によっては40代の方も多い印象です。またトータルビューティーということで女性が多いイメージもありますが、当院はもちろん男性も歓迎しています。特に営業のお仕事をされている方は見た目を気にされる方も多く、ホワイトニングを受けたいと来院されるケースは少なくありません。当院は年齢性別に関わらず、きれいになりたいと思う方の力になりたいと思っています。きれいになれば自然と顔を上げて明るい気持ちで歩くこともできると思いますし、自信もつくでしょう。来院された方が笑顔でお帰りになるのを見ることができたら、私もうれしくなりますね。

診療では親身に接することを心がける

より具体的には、どのような患者さんが多くいらっしゃいますか?

杉林奈賀子院長 目白ホワイトクリニック3

当院の歯科でいうと、歯というのは人に与える印象をかなり変える部分ですから、ご自身の印象を変えたいと思って来院される方がほとんどです。当院のコンセプトが「すてきな笑顔をサポートする」ですので、そこを意識して来られる方が多いですね。来院される方に共通しているのは「きれいになりたい」ということ。何をもって「きれい」というのかは人それぞれですから、その方との共通認識を持つために、細かい部分までヒアリングしています。ご本人が求める「きれい」を少しでも提供できるように、日々努力しています。

先生から見て、「この人にその治療・施術は必要ないのでは」と感じるときはありますか?

そうですね。今はインターネットで調べれば、答えや対策がわかる時代ですし、写真を加工できるアプリケーションなどで現実と加工の境目が曖昧になっていることも多いです。性別を自然と逆にできるといった加工なども珍しくないですよね。特に若い方は美意識が高く、私から見ればまったく気にならないことで来院される方もいらっしゃいます。ご本人の意思は尊重しますし、希望をかなえてあげたい気持ちは当然あります。しかし治療・施術するということは、体に何かしらの負荷をかけるということ。きれいになるためのものですが、この方の体に不必要な負荷だと私が判断した場合は、歯科医師としてお話ししています。ただしこれはケースバイケースです。その方によって対応も変わってきますので、まずは話を聞かせてください。

患者さんと関わる上で、気をつけていることはありますか?

杉林奈賀子院長 目白ホワイトクリニック4

患者さんのご希望・ご要望は受け入れつつ、「もし目の前の患者さんが自分の子どもだったらどうするか」を考えます。これは「自分の子どものように丁寧に話を聞いて対応し、治療や施術をする」ということでもあり、先ほどお話ししたように「自分の子どもだったらこの治療・施術は止める」と思えば、話をしています。来院してくださる方全員に対する私の思いは、きれいになって帰ってほしいということ。たとえ治療・施術をしなかったとしても、満足した気持ちで帰っていただく。これは昔から変わらない考えです。また当院では歯科医師である私と、専門の医師および看護師が対応を行っています。サロンのような雰囲気ではありますが、安心して来ていただけるように対応していきたいですね。

自身の経験がきっかけで矯正を専門に学ぶ

そもそも、なぜ矯正を専門に学ぼうと思われたのですか?

杉林奈賀子院長 目白ホワイトクリニック5

私自身が学生時代に矯正していたからです。興味を持ったのもそこがきっかけですね。今はマウスピース型装置を用いた矯正が流行していて、昔からあるワイヤー型の矯正は、目立つからと避けられているイメージがあります。どちらにも長所と短所はありますし、重要なのは何が患者さんに必要なのか、ということ。当院では患者さんの状態を見て、患者さんと相談しながら、どの矯正器具を使用するか決めています。今はワイヤー型でも目立たないようにコーティングされたものもありますし、ワイヤーだからと嫌がる必要性はないと考えています。

プライベートなことについてもお聞かせください。お休みの日はどんなことをしてリフレッシュしていますか?

最近はテニスかゴルフをしています。体を動かすことが好きなんです。私の生活は仕事かテニスかゴルフですね。自身が健康でいることも歯科医師として必要なことですから、運動はするようにしています。人間関係も広がりますからね。今は自分のペースで仕事ができているので、ストレス解消というよりは健康維持と趣味の面が強いですね。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

杉林奈賀子院長 目白ホワイトクリニック6

きれいになりたいと願う人の力になりたいです。当院は完全予約制なのでお待たせすることがありませんし、他の患者さんと時間がかぶることもありません。個室でゆっくりと話せますので、遠慮なくご相談ください。皮膚科の診療以外は基本的に私が対応します。不安なことや心配なことなど、何でも聞いてくださいね。クリニックというよりはサロンといった雰囲気なので、最初は緊張するかもしれませんが、変に構えることなく、気軽に来ていただければうれしいです。

自由診療費用の目安

自由診療とは

マウスピース型装置を用いた矯正/110万円、セラミックブラケット・ホワイトワイヤーを用いた矯正/77万円、ホワイトニング/3万3000円、ボツリヌストキシン製剤の注入(眉間・目尻のしわ)/2万7500円

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供をしております。
マウスピース型装置を用いた矯正については、効果・効能に関して個人差があるため、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access