全国のドクター9,078人の想いを取材
クリニック・病院 159,060件の情報を掲載(2024年3月03日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 新宿区
  4. 西武新宿駅
  5. 医療法人共創会 AMC新宿クリニック
  6. 尾立 貴志 院長

尾立 貴志 院長の独自取材記事

AMC新宿クリニック

(新宿区/西武新宿駅)

最終更新日:2023/12/01

尾立貴志院長 AMC新宿クリニック main

西武新宿駅北口を出たところ、歌舞伎町のビル5階に「AMC新宿クリニック」がある。治験をメインとする医療機関だが、2023年12月より保険診療も開始する。防衛医科大学校出身で陸上自衛隊に長年勤めた後、いくつかのクリニックや病院でさまざまな診療経験を持つ尾立貴志院長に、一般内科や、特に力を入れている糖尿病をはじめとした生活習慣病診療のことについて話を聞いた。

(取材日2023年11月16日)

感染症流行下に発熱患者を多く診た経験を生かしたい

尾立先生のご経歴を教えてください。

尾立貴志院長 AMC新宿クリニック1

防衛医科大学校を卒業後、陸上自衛隊に勤務していました。自衛隊では医官として、関連病院等での外科系救急医療をはじめさまざまなことをしていました。自衛隊退官後、複数のクリニックで院長を務め、総合診療や地域医療に携わってきました。縁があって、今回当院の院長を務めることになりました。

最近の勤務医経験で印象に残っていることは何でしょうか。

やはり2020年からの新型コロナウイルスの流行でしょうか。以前勤めていた平塚病院では周りのクリニックだけでは対応しきれない患者さんの受け皿となって、結果的に多くの患者さんを診ることになりました。私は「患者さんから学ぶ」という臨床医として古典的な姿勢を若い頃に叩き込まれたので、縁あって平塚病院を退職した後も新型コロナウイルス感染症についての臨床経験を積みたいと思い、次は横浜にある牧野記念病院の発熱の外来に勤めました。新型コロナウイルス感染者や似たような症状の多くの患者さんを診ることで、さまざまな発熱症状について詳しくなっていったと思います。新宿にある当院でも、感染症状のある患者さんを受け入れる予定です。

感染予防のアドバイスはありますか。

尾立貴志院長 AMC新宿クリニック2

基本的なことですが、自分の体力を落とさないように、生活のリズムを整えたり、食生活に気をつける、体を冷やさない、といったことでしょうか。また環境によってはマスク着用や手洗いなどが必要です。そういったことをしっかりすることが感染予防につながると思います。また、新型コロナウイルスに関しては、私もいろいろと知見を深めておりますので、発熱で来院された患者さんからはよくお話を伺って、対応していきたいと考えています。

生活習慣病や一般内科を中心の診療体制

こちらのクリニックではどのような診療をされるのでしょうか。

尾立貴志院長 AMC新宿クリニック3

当院は治験をメインとする医療機関ではありますが、保険診療としては、当院理事長の山崎義光先生は糖尿病がご専門なので、糖尿病の患者さんを診ていく予定であり、そのための各種検査機器もすでに導入しています。重症の糖尿病患者さんについては、連携病院である東京女子医科大学病院や東京都立大久保病院などにご紹介いたします。糖尿病だけでなく、高血圧症、脂質異常症、高尿酸血症といったさまざまな生活習慣病も診ていきます。そのほか、睡眠時無呼吸症候群の簡易検査なども行えるようになっています。

そのほか、一般内科も診療されるようですね。

風邪、インフルエンザ、発熱、胃腸障害、頭痛などの症状をはじめ、内科全般に幅広く対応しています。急な体調不良や日常の検査、診察、健康相談など、不安に思ったときは、気軽に当院にお越しください。また、花粉症やじんましんといったアレルギーのご相談も受けつけています。

西武新宿駅の駅前という便利な場所にありますが、こちらを選ばれた経緯は何ですか。

尾立貴志院長 AMC新宿クリニック4

いくつか候補地があったのですが、やはりターミナル駅で、ビジネスパーソンの方も利用しやすいだろうと考えて、最終的にこの場所を選びました。ですから仕事で忙しい方が、気軽にご相談できるような体制にしたいと考えています。

患者とは本音で向き合いたい

先生は陸上自衛隊でもともと外科系の救急診療をされていたのですね。

尾立貴志院長 AMC新宿クリニック5

はい。もともとは内科よりも外科系志向が強かったです。昔はがんを患者に直接告知してはいけないとされていました。患者本人にうそをつきながらがんと戦うということが私には重荷でした。大学卒業時、日本は第2次交通戦争の真っ最中であり、防衛医科大学校病院の救急部が大阪大学特殊救急部の系列で優れた指導者に恵まれていたこともあって、外傷系救急の道に進みました。

患者さんとは本音で向き合う、というのが先生の診療姿勢でしょうか。

そうですね。それはずっと徹底して今まで診療をしてきたかと思います。当院でも、私の思うことに関しては、率直に患者さんにお伝えしていきたいと考えています。

最後に患者さんへのメッセージをお願いします。

尾立貴志院長 AMC新宿クリニック6

AMC新宿クリニックは治験用に最適化して運営されており、診療時間帯も限られていますが、予約枠の中でしっかりと診察の時間をとっているという特徴があります。さまざまな保険診療経験をもつ医師が複数人勤務していますので、気が向いたときにはご利用ください。

Access