全国のドクター9,078人の想いを取材
クリニック・病院 159,060件の情報を掲載(2024年3月03日現在)

  1. TOP
  2. 京都府
  3. 京都市上京区
  4. 今出川駅
  5. 今出川さいとう皮フ科クリニック
  6. 齊藤 睦美 院長

齊藤 睦美 院長の独自取材記事

今出川さいとう皮フ科クリニック

(京都市上京区/今出川駅)

最終更新日:2024/01/15

齊藤睦美院長 今出川さいとう皮フ科クリニック main

「今出川さいとう皮フ科クリニック」は、京都市営地下鉄烏丸線、今出川駅を出てすぐのビル2階にある。院長を務める齊藤睦美先生は、一般般皮膚科から美容皮膚科まで、幅広い経験を積んできた日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。大学卒業後、大学病院や総合病院で一般皮膚科の経験を積む中で、保険診療の範囲で対応が難しい患者もいることに対してジレンマを抱え、保険外診療の経験を積むために、美容クリニックにも勤務。それらの経験を生かし、同院では子どもから高齢者まで幅広い皮膚疾患に悩む患者に保険診療の治療を提供する一方で、保険の範囲内では対応が難しいしみやしわなどの肌悩みにも対応している。今回、齊藤院長に、クリニックの特徴、治療内容などについて、話を聞いた。

(取材日2023年11月10日)

一般皮膚科から美容皮膚科まで、幅広く経験

皮膚科医としてのこれまでのご経歴について、教えてください。

齊藤睦美院長 今出川さいとう皮フ科クリニック1

2年間の初期研修を経て京都府立医科大学の皮膚科に入局し、その後、市立福知山市民病院や京都第一赤十字病院、京都鞍馬口医療センターといった総合病院に勤務していました。大学の医局や総合病院では主に一般皮膚科を経験してきたのですが、そこではどうしても保険診療がメインになってきます。外来の患者さんなどを診ていて、保険診療の範囲だと対応が難しいケースもあり、時にはジレンマのようなものを感じていたのです。そのため、保険診療でカバーできないところもやってみたいと考え、京都市内の美容クリニックに5年間ほど勤務し、美容皮膚科の保険外診療に関してもいろいろと学びました。また、一般皮膚科では多くの手術を担当し、経験を積んできました。

どのような理由から、ご自身で開業しようと思ったのでしょうか。

保険診療で一般皮膚科を診る大きな病院と、保険外診療で美容皮膚科だけをやっているクリニック、それぞれで仕事をしてみて、トータルで診療ができる場所の必要性を感じたのです。保険外診療ができないと、ご希望があっても美容クリニックに行っていただくしかありませんし、また美容クリニックでも、保険診療が必要な場合は、それができる別のところをご案内することになってしまいます。両方をしっかりとできる皮膚科のクリニックをつくりたいと思い、自身で開業することを決めました。この辺りは御所や大学があって景観が良く、駅から近いため患者さんも負担なく通院していただけると思います。そうした点を気に入って、2023年の10月、一般皮膚科、美容皮膚科のクリニックとしてこの場所にオープンしました。

開業にあたり、造りや設備などでこだわった点はありますか?

齊藤睦美院長 今出川さいとう皮フ科クリニック2

新型コロナウイルス感染症の流行下に開業を決めたこともあり、待合室は密にならないようゆったりとした造りにしました。車いすやベビーカーの方もそのまま移動ができるように、廊下や診察室も広くしています。また、小さなお子さんから高齢の方まで、幅広い患者さんが居心地良く過ごしていただけるような、清潔で統一感のある内装を心がけました。設備に関して、特に美容皮膚科では、レーザーなどいろいろな機械を用いた施術が多いのですが、安全性はもちろん、症状に対して見込まれる効果などを比較検討して、私の目で見て良いと判断したものを取りそろえています。

美容皮膚科も、皮膚科専門医の院長自らカウンセリング

こちらのクリニックの特徴について教えてください。

齊藤睦美院長 今出川さいとう皮フ科クリニック3

お伝えしたように、当院では、保険診療にも保険外診療にも対応していることはもちろんですが、手術にも対応ができることしているのが特徴だと思います。日常的な皮膚の疾患についてかかりつけ医として通っていただくことも、肌を美しくしたいという目的で気になるお肌の状態を改善するために来ていただくことも可能です。例えば、ニキビ治療の場合、今は保険診療の範囲でも、さまざまな薬が出ているので、多くの場合は保険診療での治療を開始します。そして、保険診療ではなかなか改善が見込めない場合は、保険外の診療を併せてご提案するようにしています。それぞれのメリット・デメリットをご説明して、1つのクリニックで幅広い選択肢をご提供できる点が当院の特徴ですね。

皮膚科専門医である先生が美容皮膚科も診るメリットとしては、どのような点が挙げられるでしょうか。

患者さんの肌の状態はお一人お一人違うので、そこを皮膚科専門医としてしっかりと見極め、適切な診断ができるのではないかと思います。美容クリニックでは、医師ではなくカウンセラーの方がお肌を確認し、カウンセリングをするケースもあるかと思うのですが、当院ではカウンセリングの段階から私が患者さんと向き合い、施術内容をご相談するようにしているのです。カウンセリングでは、肌の精密分析を行う機械を使って患者さんのしみやニキビ、毛穴、赤み、肌年齢などを調べます。その上で、最初のカウンセリングから施術まで、皮膚科専門医である私自身がしっかりと時間を取ってお肌を診るので、安心してご相談いただけるかなと思っています。

皮膚科医として診療をしていて、やりがいを感じるのはどのようなときですか。

齊藤睦美院長 今出川さいとう皮フ科クリニック4

皮膚で気になる症状があると、患者さんは常に気になってしまったり、気持ちがふさいだりしてしまいがちです。そうした症状でお悩みの患者さんが、笑顔になってくれることがあればやはりうれしいですね。一般皮膚科の疾患で困っている方が治療を通して改善が見込めたり、美容皮膚科で不安そうだった方が施術の後に前向きになったりして、日々の生活を生き生きと過ごせるようになることがあれば、やはり皮膚科の医師としてやりがいを感じます。

皮膚疾患も肌の悩みも、かかりつけ医として相談を

待ち時間の短縮についても、いろいろと工夫をなさっていると伺いました。

齊藤睦美院長 今出川さいとう皮フ科クリニック5

そうですね。ウェブ予約のシステムを導入しているので、24時間、スマートフォンやパソコンからいつでも予約を取っていただけるようになっています。また、予約優先にはなりますが、予約外の方でも受け付けは可能なので「急に診てほしい」という患者さんがいらっしゃっても対応するようにしています。それから、ウェブ問診も取り入れています。来院する前にあらかじめ気になる症状や相談したい内容を患者さんに書いていただくことで、診療時間短縮につながります。診察時にイチからいろいろとお伺いするやり方よりも、結果として患者さん全体の待ち時間を短くすることが可能になると考えています。

スタッフの方の対応については、どのような点を重視していますか?

クリニックの院長として、スタッフを採用する際に一番大切だと考えているのは、やはり人柄です。小さいお子さんから高齢の方まで、幅広い患者さんがいらっしゃるので、そうした方たちに安心して過ごしていただけるよう、優しい雰囲気やちょっとした気配りが必要になります。その点で、本当に良いスタッフに集まっていただくことができたと考えています。いつも患者さんに対して気を配り、やわらかく接してくれるので、院長として助けられていますね。

最後に、地域の方、患者さんにメッセージをお願いいたします。

齊藤睦美院長 今出川さいとう皮フ科クリニック6

当院は、一般皮膚科、美容皮膚科と、皮膚に関して幅広く対応するクリニックです。保険診療も保険外診療も提供できる強みを生かして、皮膚科専門医としてしっかりとお肌の状態を診て、それぞれの患者さんに適した方法をご提案したいと考えています。皮膚の疾患から、ちょっとしたお肌の悩みまで、肌について気軽に相談できるのかかりつけ医として、ご利用いただけたらうれしいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

初診料(美容外科・美容皮膚科)/3300円、しみケア/3300円~、しわケア/3万3000円~
※詳細はクリニックにお問い合わせください。

Access