ルートデンタルクリニック

ルートデンタルクリニック

菰田美穂 院長

21468 df 1 main 1380517669

「歯医者さん嫌いだった人も安心して通えるクリニック」、そんな歯科医院が広尾駅からすぐの場所にある。「ルートデンタルクリニック」は歯科医師全員が女性。ナチュラルで可愛らしい院内は全室が個室で、安心して治療を受けられるよう配慮されている。この安心感ややさしい雰囲気は、菰田院長のキャラクターとも重なる。歯科衛生士から歯科医師への転身、成績優秀者として評されるほどの勉強熱心さ、そしてやさしいママの表情など、多彩で豊かな人柄がよくわかる先生だ。小さな子を持つ女性だけでなく、歯科医院から足が遠のいている人にもぜひ知ってもらいたい歯科医院だ。(取材日2011年4月14日)

歯科衛生士から歯科医師へ。心地好い安心感に包まれたクリニック

―まずは先生のご経歴からお聞かせください。

じつは私は最初、歯科衛生士からスタートしました。歯科衛生士として6年間働いた後に、28歳で東京歯科大学に進学しました。そして34歳で歯科医師になりました。歯科衛生士として勤務していた歯科医院の院長が非常によい先生で、多くのことを学ばせていただくうちに、「歯科医療って本当に面白いなあ。私はこの仕事が大好きなんだ」と実感したんです。そしてもっと患者さんを手助けしていきたいなと。そこで東京歯科大学へ進学したのですが、応援してくれた家族がいたことも大きな力になりました。じつは出産も40歳になってからです。開業と同時に妊娠、出産とアクシデント続きでしたが(笑)、おかげさまで子どもも元気に産まれてきてくれました。ここでもやっぱり家族には随分と負担をかけたと思っています。いろいろなタイミングで助けてくれる家族がいたことも、私の背中を押してくれたのかもしれませんね。

―先生のご経験は、多くの女性にとって大きな勇気になりそうですね。

他の取材でも、歯科衛生士から歯科医師への転身のエピソードを興味深く質問されます。歯科大への入学時は私は28歳で、周りは19歳の子たちがほとんど。年齢の差を一番感じるような年頃でしたが、こんなお姉さんにもやさしくしてくれましたよ。それに私同様、社会人経験のある学生もいました。私以外に2人の学生が同じような年齢で入学し、今もなお助け合う心強い仲間になっています。勉強もかなり一生懸命にしました。東京歯科大の創設者の一人に血脇守之助先生がおられ、毎学年を通じて優秀な成績を収めた学生には卒業時に「血脇賞」が贈られます。私も、そして社会人経験のある2人のクラスメイトも血脇賞をいただきました。

―まるでサロンのような、可愛くて安らぎのある院内ですね。

すべての診察室を個室にしており、院内も歯医者さんらしくないナチュラルでリラックスできる雰囲気にしました。
患者さんのご希望をじっくりとうかがって、細かく診ていける診療を行いたかったからです。そのためにもゆったりとお時間の取れる場所にしたいと考えていました。私以外に2人の歯科医師がいますが、全員女性です。でも患者さんは女性だけでなく男性の方も多いんですよ。小さな子からお年寄りまで老若男女の患者さんが来られています。私が歯科衛生士として働いていた頃、よく患者さんからいろんな質問をされました。その中には、本当は歯科医師に聞いた方がよいのだろうけど、なんとなく聞きづらくて衛生士さんに質問したという人も多かったです。なので当院では患者さんが気兼ねなく私たち歯科医師にダイレクトに相談できるよう、さまざまな配慮をしています。この院内のレイアウトや雰囲気もその一つ。何も遠慮なさる必要はないので、気になることはどんどん聞いてください。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細