全国のドクター9,182人の想いを取材
クリニック・病院 158,625件の情報を掲載(2024年4月25日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 新宿区
  4. 神楽坂駅
  5. 東京神楽坂歯科
  6. 菊地 英樹 院長

菊地 英樹 院長の独自取材記事

東京神楽坂歯科

(新宿区/神楽坂駅)

最終更新日:2023/09/08

菊地英樹院長 東京神楽坂歯科 main

落ち着きと華やぎを併せ持つ和の雰囲気を漂わせる街・神楽坂。そんな趣ある場所に2023年7月に誕生した「東京神楽坂歯科」は、院内の雰囲気も品の良い和テイストを感じるインテリアでまとめられている。エレベーターを降りると正面に見える飾り棚は、菊地英樹院長が自身で考えたお気に入りの空間。今後は季節ごとのディスプレイで患者の目を楽しませてくれることだろう。緊張しがちな歯科医院通いでも、少しでもリラックスしてもらえれば、との菊地院長の配慮が行き届いた空間は、待合いエリアと診療エリアと仕切りを格子の引き戸にするなど、随所に居心地の良さと和の温かみが感じられる。空間づくりも治療姿勢にもこだわりを発揮している菊地院長に話を聞いた。

(取材日2023年8月3日)

生まれ持った歯を守りたいという強い思いで開業

すっきりとした和テイストのすてきな院内ですね。

菊地英樹院長 東京神楽坂歯科1

ありがとうございます。インテリアやデザインが大好きなので、内装業者さんと話し合いながらつくり上げました。神楽坂という土地の雰囲気に合うように、機能美に和のエッセンスを取り入れてみました。当院のロゴは神楽坂の「神」の字に、真っすぐにすくすくと成長する竹のイメージを組合せたデザインです。どうしても歯科医院という場所は、痛い、怖いなどマイナスなイメージを抱かれがちですので、少しでもポジティブなイメージを持っていただけるよう、院内の雰囲気や接遇は温かみを大切にし、リラックスして治療に臨んでいただけるようスタッフ一同尽力してまいります。

開業間もないですが、すでに多くの患者さんが来院されているようですね。

おかげさまで順調な船出です。新型コロナウイルス感染症の流行以降、患者さんご自身が自分の健康を今一度見直されたり、環境の変化があったりして、かかりつけの歯科医院を新たに探しておられる方が増えているようで、30代後半から50代を中心に幅広い層の患者さんに来ていただいています。皆さん、ご自分の歯を大切にしたいという意識をお持ちで、生まれた時から持っている「ありのままの歯」をできる限り守りたいという私の思いに共鳴してくださった方が来てくださっているのかなと思うとうれしいですね。しっかりメンテナンスをして、もしも治療が必要な際には、丁寧で精密な、再治療がいらない長持ちする治療をしたいという考えも、私たちと患者さんで共有しながら一緒に進んでいきたいと思います。

丁寧な説明も特徴でいらっしゃいます。

菊地英樹院長 東京神楽坂歯科2

これまで歯科医院といえば痛くなったら行くところという感じで、治療についても歯科医師にお任せという方が多かったかもしれません。しかし本来歯科医院は、歯の健康状態を守るために来ていただきたいところです。ですので私は、きちんとお口の中の状況をご理解いただいて、最小限の治療をしたいと思っています。例えば病院で外科手術を受けられる際、術前にさまざまな検査をして、状況説明を受け、複数ある選択肢の中から医師と相談して治療法を決めて、手術を受けられますよね。歯科も外科処置です。医科と同様に検査して、説明を受けて、治療方法を歯科医師と一緒に検討して、慎重に受けるべき治療だと思うのです。当院では、「自分の口のことが初めてよくわかった」と、患者さんに喜んでいただけるよう、わかりやすい丁寧な説明をすることにこだわっています。

マイクロスコープを活用した精密性の高い治療

マイクロスコープを治療に活用されていますが、どのようなものですか?

菊地英樹院長 東京神楽坂歯科3

歯科用のマイクロスコープは、一般的な認知度は上がってきているものの、まだまだ歯科医院で用いられている割合は低いと思います。マイクロスコープを使った治療のメリットは、とにかく細部までこだわる精密性と確実性を追究できるということ。これまで歯科医師の勘や経験に頼らざるを得なかった見えない部分の治療も、実際に見て確認して処置ができますので、治療の精度が格段に違ってきます。例えば虫歯の削り残しや、根管治療の再発リスクの低減につながり、再治療や何度治療しても痛みが取れないといった不快な症状を減らすことが期待できるのです。こうした治療によって生まれ持った歯を残していきたいというのが当院の想いです。日常的にマイクロスコープを使った治療を行っている私自身は、もはやマイクロスコープなしでどうやって治療するんだろうと思うほど欠かせないツールです。

こちらでは治療の過程を録画して見せていただけるそうですね。

実際に見ていただくのが一番わかりやすいですから、実際の治療の様子をマイクロスコープで録画して、カウンセリングルームでお見せしています。そのために治療中は、きちんと録画画面に治療箇所がはっきり映るように気を配っています。画像を見ていただくことで、患者さんにはご自分のお口のことをよく理解していただけますし、万が一、歯の根の部分に大きな破損などがあって歯を残せない場合にも、実際の様子を確認していただけるので、ご本人も納得して次の治療に前向きに取り組んでいただきやすいです。また私としても、治療の様子をお見せすることは緊張感を持って診療に臨むことにもつながりますし、常に技術のブラッシュアップを心がけて勉強会に参加するなどしています。

マイクロスコープを使いこなすには、かなりの訓練が必要だそうですね。

菊地英樹院長 東京神楽坂歯科4

先に歯科医師になっていた兄に勧められたのが、マイクロスコープとの出合いでした。最初は、よく見えるなという印象でした。しかし1日2日という単位で使いこなすことは不可能な機材であり、年単位での修練が必要です。そして、それだけ頑張って習得する意味と価値のある技術だと思っています。今後も患者さんの健康、より良い生活のために役立てていきたいです。現在私は、これからマイクロスコープを導入する先生方の指導をすることもありますが、今でも新しい活用法や工夫について日々発見があり、マイクロスコープの更なる可能性や奥深さを実感しています。

予防の重要性を広め実践してもらうことが一番の目的

予防歯科にはとりわけ力を入れて取り組んでいると伺いました。

菊地英樹院長 東京神楽坂歯科5

当院の診療は、患者さんに歯の大切さをご理解いただき、予防意識を高めていただくことからスタートします。せっかくマイクロスコープを使った治療や、高額なインプラント治療、詰め物の治療をしても、日々のケアがおろそかでは長持ちしません。お口の健康を損ねると、全身の健康にも影響が及び、生活の質にダイレクトに響きます。ですからお急ぎの痛みなどがある場合を除き、当院ではお口の中の調査やカウンセリングから始めます。時にはカウンセリングだけのお時間をお取りすることもあります。そうすることで、患者さんご自身でも明確でなかったご希望やお気持ちがわかることもあるんですよ。また当院の強みとして、歯周病ケアの専門知識を持った歯科衛生士も在籍しています。私たちと一緒に健康で長生きするための予防歯科に取り組んでいきましょう。

お父さまもお兄さまも歯科医師とのことですが、やはりその影響で歯科の道に進まれたのですか?

私が歯科医師になったのは父の影響が大きいですね。父はいつでも同じトーンで治療に臨み、今でも現役で活躍しています。時には疲れていたり、気分が乗らなかったりするときもあると思うのですが、患者さんにはいつも同じ態度・姿勢で丁寧に対応しています。そういった診療スタイルは見習いたいところですね。兄は、私以上に治療に妥協を許さずこまやかです。ここまでこだわるのか、と驚くこともしばしば。良い治療、精密な治療をどこまでも追究する姿勢は、お手本にしているところです。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

菊地英樹院長 東京神楽坂歯科6

当院は痛みに配慮した治療や、衛生管理に力を入れ、できる限り気持ちの良い歯科治療を受けていただけるよう取り組んでいます。またメンテナンスでは、エアフロ―というできるだけ歯や歯茎に負担をかけずに歯面の汚れを取り除く方法を採用。質の高い医療をめざしています。セカンドオピニオンも大歓迎で、他院で抜歯しかないと指摘されたケースのご相談も多く寄せられていますが、マイクロスコープを用いた精密な治療により歯を残せるケースは少なくありません。患者さんごとに適した治療方法やケア方法をご提案していますし、なるべく削らない・抜かない、再発が少ない精密な治療をめざしていますので、何か気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

自費のクリーニング(エアフロー)/1万6500円、インプラント治療/55万円~、セラミックの詰め物/9万9000円~

Access