医療法人社団桂晶会 ささもとクリニック

医療法人社団桂晶会 ささもとクリニック

笹本 修一理事長、笹本 牧子院長

20190808 bana

合併症を起こしやすく、いったん罹患してしまうとほとんどの場合治らないといわれる糖尿病だが、「糖尿病の患者さんが、できるだけ薬に頼らず良い状態を維持できるようサポートしていきたい」と語るのは「ささもとクリニック」の笹本牧子院長。人情味あふれる昔ながらの商店街の一角で、糖尿病内科を中心とする生活習慣病の早期発見に取り組んで早10年。もともと心理カウンセラーをめざしていたというだけあって、患者の話に真摯に耳を傾ける診療スタイルに信頼を寄せる患者は多い。「病気にならないようにという予防の観点と、病気になってしまった場合でもできるだけ早期発見するということを大切にしています」とほほ笑む夫の笹本修一理事長とともに、早期発見のための取り組みや患者への思いなどじっくり聞いた。
(取材日2019年3月2日)

気軽に通える糖尿病内科専門のクリニック

―まずはクリニックの特徴について教えてください。

【牧子院長】糖尿病内科を専門としていることですね。60~70歳くらいの患者さんを中心に、最近は働き盛りの30~40代の患者さんや、妊娠糖尿病の妊婦さんが精密検査を受けに来られるケースも増えてきています。8年ほど前から呼吸器科を専門とする主人が常勤で入ってくれるようになったので、糖尿病の方に多くみられる睡眠時無呼吸症候群の患者さんも当院で診られるようになりました。また、喫煙者は糖尿病になりやすいといわれ、糖尿病の合併症のリスクが高まることもわかってきていますが、主人に禁煙の外来を担当してもらえるようになったことで、より効率的に糖尿病の治療ができるようになりました。私は糖尿病、風邪などで来られた患者さんは主人と、2人で対応できるので、診療がとてもスムーズになったと患者さんにも好評です。

―修一先生は長年、大学病院の呼吸器外科でご活躍されていたそうですね。

【修一理事長】大学病院では呼吸器外科で主にがん患者さんの手術に携わっており、こうなる前のもっと早い段階で医師としてできることはないかという思いが常にありました。治療することも大切だけれど、患者さんの負担を考えると、予防することはもっと大切です。今、私がめざしているのは、予防のためにタバコをやめていただいたり、生活習慣を改善していただき、病気を未然に防ぐこと。それから、がんは5年以内に再発しなければ治癒したということで定期検診もなくなりますが、実際には5年以上たってから再発する患者さんも少なくありません。そのような患者さんを大学病院と連携しながらフォローアップしていくのも、このようなクリニックの使命ではないかと感じています。

―患者さんと接する時にどのようなことを心がけていますか?

【修一理事長】生活習慣病の場合、定期的に通うべきところを何らかの理由で期間があいてしまったり、他院で診てもらっていたのが途中で挫折してしまったという患者さんも少なくありません。でも、どのような場合でも、決して患者さんを問い詰めたり怒ったりするようなことはしません。「来てくれて良かった」と、医師としての思いを伝えるようにしています。
【牧子院長】糖尿病の患者さんは血糖値だけ見るのではなく、なぜ血糖値が悪くなったのか、患者さんの生活背景まで伺って根本的な問題を解決する必要があります。仕事や人間関係の悩みや家庭の問題などのストレスから過食気味になってしまう方も少なくないため、「どうしてこうなったのか一緒に考えてみましょう」「何か困っていることはありませんか?」と、患者さんの気持ちに寄り添いながら、患者さんが「先生、実はね……」と、話しやすくなるような声かけを心がけています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細