河原整形外科

河原整形外科

河原 芳和副院長
頼れるドクター掲載中

20654

常に患者の話に耳を傾け、信頼関係を築く

―診療の際に心がけていることはありますか?

当院のホームページにも「なんでも気軽に相談できる整形外科です」と書いてあるのですが、患者さんの話をよく聞くことを常に心がけていますね。話を聞いて、患者さんが何を望んでいるのかを理解して、それに対して明確な答えを導いてあげることが医療の本質だと思っています。患者さんの訴えは整形外科の疾患に限らず、いろんな身体の悩みや、家庭や仕事のこと、人間関係などなんでも聞くようにしています。何回かお会いしていくうちに、治療のヒントに辿り着くこともしばしばあります。痛みの原因は疾患や身体の不調だけではなく、その人の生活習慣や精神の健康状態であったりすることもありますので、適切な治療、的確な診断のためにも、気になることがあれば、すぐ医師に相談するようにしていただきたいです。

―整形外科では患者さんのモチベーションを上げることも重要ですよね。

例えば、明らかにずれている骨折では手術することで治るので非常に明確ですし、患者さんも治療のことを理解しやすいですよね。それに比べて、多くの整形外科の疾患は治療に時間のかかるものが多く、患者さんのモチベーション維持が難しいんです。特に注意している点としては、治療の選択肢を広げることでしょうか。「薬を飲みますか?」「リハビリテーションをやってみますか?」「注射を打ちますか?」など複数の提案をして、患者さんのニーズに合った治療を選択していただいています。リハビリテーションにしても、器械を使用した物理療法や、理学療法士による機能訓練といった、いろいろな形が可能です。一つの治療で充分な効果が得られなければ、別の方法を提示する、というように治療を継続していける環境を心がけています。

―患者さんの予防に対する意識の変化は感じますか?

そこも整形外科の大きな課題だと思っています。人は歳をとれば、関節の摩耗や神経の劣化で痛みがでやすくなっていきます。今は高齢者が増えておりますので、身体に痛みが生じて来院され、治療して痛みが軽減しても、しばらくしてまた痛みがぶり返すという悪循環に陥っている方も少なくありません。痛みが治った際には、今後の予防策として「こういうことをやっていきましょう」というお話はしていますが、正直なかなか難しい状況です。今後は予防のためのリハビリテーションなども考えていきたいです。また、高齢者では骨粗しょう症による骨折も増えていきます。実は横浜市は主要都市の中でも骨粗しょう症の治療率がかなり低いんです。早期に診断して治療を開始すれば、将来の骨折の予防につながりますので、骨粗しょう症の治療にも力を入れていきたいですね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細