全国のドクター9,232人の想いを取材
クリニック・病院 158,652件の情報を掲載(2024年4月13日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市磯子区
  4. 磯子駅
  5. 医療法人社団 矢崎小児科

医療法人社団 矢崎小児科

矢崎小児科 横浜市磯子区 1970年開院の歴史あるクリニック
  • 神奈川県横浜市磯子区磯子2-13-13
    • 小児科
    • アレルギー科
  • 感染症対策実施
矢崎小児科 横浜市磯子区 1970年開院の歴史あるクリニック

1970年開院の歴史あるクリニック

矢崎小児科 横浜市磯子区 やわらかい印象と温かな雰囲気がある待合室

やわらかい印象と温かな雰囲気がある待合室

矢崎小児科 横浜市磯子区 専門性を生かした診療を行う

専門性を生かした診療を行う

矢崎小児科 横浜市磯子区 同じ建物の2階には病児保育室「ファイン」を併設している

同じ建物の2階には病児保育室「ファイン」を併設している

矢崎小児科 横浜市磯子区 検査機器も充実させ、院内での迅速な対応にも注力

検査機器も充実させ、院内での迅速な対応にも注力

矢崎小児科 横浜市磯子区 1970年開院の歴史あるクリニック
矢崎小児科 横浜市磯子区 やわらかい印象と温かな雰囲気がある待合室
矢崎小児科 横浜市磯子区 専門性を生かした診療を行う
矢崎小児科 横浜市磯子区 同じ建物の2階には病児保育室「ファイン」を併設している
矢崎小児科 横浜市磯子区 検査機器も充実させ、院内での迅速な対応にも注力

特徴

JR根岸線磯子駅と根岸駅のちょうど中間、芦名橋バス停近くに「矢崎小児科」はある。1970年に開院し、40年以上にわたって地域の子どもたちを守ってきた。2013年にリニューアルを果たし、現在は矢崎茂義院長の娘である川口葉子先生を中心に、横浜市立大学の医局から迎えた非常勤医師とともに診療を展開。日本アレルギー学会アレルギー専門医の資格を持つ川口先生は、その専門性を生かして水曜午後に予約制でアレルギー科外来を設置。喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどに、子どもの生活全体を見据えた上での適切な治療・指導を行う。自身も子育てをしてきた経験から、子育ての相談にも親身に乗り、「同じ母同士、同世代感覚で『少し聞きにくい』と思えることも話してみてください」と語る。2階には病児保育施設「ファイン」を併設。事前に利用登録証の提出が必要となるが、生後6ヵ月以降、小学校6年生までの急な病気の子どもを預かり、働く親の仕事と子育ての両立をサポートしている。長く地域医療にまい進し、今では3代にわたって通う親子もいるという同院。頼もしさだけでなく温かみをも兼ね備えた小児科医院だ。

  • 女性医師在籍
  • 駐車場あり
  • 予約可
  • 日本小児科学会小児科専門医
  • 日本アレルギー学会アレルギー専門医
感染症対策実施
  • 電話・オンライン診療可
  • 発熱患者の受付時間限定
  • 発熱患者の受付・待合分離
  • 受付時の検温の実施

ドクター紹介記事

川口葉子院長 矢崎小児科

先代から50年以上にわたり地域の小児医療を支える

川口 葉子 院長

医療法人社団 矢崎小児科

対応できる検査内容

  • アレルギー検査
  • ウイルス検査
  • 細菌検査
  • 迅速抗原キット検査
  • 尿検査
  • 病原体検査(感染症検査)

アクセス情報

交通手段
  • JR根岸線 磯子駅
  • JR根岸線 根岸駅
  • 駐車場 有/敷地内2台、近隣5台

診療時間

時間
09:00~12:00
15:00~18:00
※〇:火・水曜14~16時は健診・予防接種、16:00~18:00は一般診療
★現在、
①発熱している方
②熱なし風邪症状あり
③熱なし風邪症状なし・予防接種
と3つの時間帯に分けて診察しております。
※変更などにより診療時間・休診日等が記載と異なる場合がございますのでご注意ください。

施設情報

施設名 医療法人社団 矢崎小児科
診療科目
  • 小児科
  • アレルギー科
責任者 川口葉子院長
[学歴] 1995年 北里大学医学部卒業
[勤務開始年] 2013年
電話番号 045-751-4378
所在地 〒235-0016 神奈川県横浜市磯子区磯子2-13-13
公式サイト http://www.yazaki-kodomo.com/
Access