全国のドクター9,653人の想いを取材
クリニック・病院 160,685件の情報を掲載(2022年12月08日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市天王寺区
  4. 谷町六丁目駅
  5. 谷町六丁目しちご歯科・矯正歯科
  6. 山崎 剛之 院長

山崎 剛之 院長の独自取材記事

谷町六丁目しちご歯科・矯正歯科

(大阪市天王寺区/谷町六丁目駅)

最終更新日:2022/08/03

20220801 202822 top

大阪メトロ谷町線の谷町六丁目駅から徒歩約5分、上本町3丁目の交差点角に「谷町六丁目しちご歯科・矯正歯科」がある。院内はモノトーンをベースにしたシックな空間で、診療室はすべて個室。人目を気にせず、リラックスして診療を受けられる。院長の山崎剛之先生が大切にしているのは、患者ごとに異なる治療に対する要望や考え方を反映したオーダーメイドの歯科診療。丁寧にヒアリングを行い、幅広い選択肢から患者に合った治療法を提案する。新しい治療法を取り入れ、できる限り短期間で対応するインプラント治療や、噛み合わせを考えた矯正など、対応分野が広く診療の専門性も高い。山崎院長にクリニックの診療の特徴や地域の歯科診療にかける思いなどを聞いた。

(取材日2022年7月21日)

丁寧に話を聞き、適した治療を提供する

開業までのご経歴について教えてください。

1

大学卒業後は、何か一つ絶対的に自信を持てる診療分野を持ちたいと考え、インプラント治療の施術数が多い歯科医院に勤務しました。その後も、学術的な知識をより深めるために、四ツ橋にあるクリニックでも経験を積ませていただき、インプラント治療のメリットとデメリットを実感するとともに、デメリットをカバーするにはどうすれば良いかを学べました。

現在の場所で開業された理由は?

開業前に勤務先で培った診療をベースしたいと考えていたので、四ツ橋と似た土地柄で、これまで経験を積んだ自費診療を求められる大人の患者さんが多くいらっしゃるような地域を探し、現在の場所を見つけました。この場所にはもともと、長年にわたって地域の人々に親しまれていた自動車販売店があり、屋号に「七五(しちご)」が入っていました。タクシーで道順を示す際に目印になるような存在で、地域の方になじみ深い名前だと聞き、クリニック名に使わせていただくことにしたんです。

クリニックのマークは耳の形をしていますね。

20220728 2

マークも「七五」に由来して、外側に7つ、内側に5つの点を使って、全体で耳のフォルムをイメージするクリニックのマークをつくりました。耳の形にしたのは、患者さんの思いや希望をしっかりとお聞きし、診療に反映させていくという当院の基本ポリシーを表現。そう思ったきっかけは、ある日治療中につけるゴム手袋で手が荒れてしまい、皮膚科を受診したときでした。詳しい説明があまりないまま、処方された薬を塗ったら症状は改善に向かったのですが、その後も何が原因だったのかなど聞きたいことが聞けなかったことでもやもやを抱えたことがありました。その経験もあり、ただ治すだけではだめだと改めて感じ、患者さんの声に耳を傾けることを大切にしたいと思ったんです。診療に対する希望や考え方、好みは患者さんごとに細かく違うので、それをしっかり捉えて、オーダーメイドの治療を心がけていきたいです。

クリニックの設計上どんな点にこだわりましたか。

プライバシーに配慮して診療室はすべて個室としました。待合室で過ごす時間をできるだけ少なく、またリラックスできる個室で過ごしていただくために、予約まで診療室内で対応をしています。カウンセリングルームを2部屋設けたのは、僕だけではなく歯科衛生士をはじめとするスタッフにも、患者さんとしっかり話をしてほしいからなんです。スタッフ一同、患者さんとのコミュニケーションを大切にしていきたいと思っています。

治った後の楽しい時間を長く過ごしてほしい

診療ポリシーを教えてください。

20220728 3

患者さんの楽しいと感じる時間を大切にしたいので、歯医者で行う治療期間はできるだけ短く、通院回数を少なくするように心がけています。患者さんにとってみれば、歯科治療は可能なら短時間で済ませて、それ以外の時間を充実させたいと考えるのが普通ですからね。一般的には歯は1本ずつ治していくものと思われていますが、当院では治療時間を長めに設定するなどして一緒にできるところはまとめて治療します。また、痛みを伴う治療の際には表面麻酔を行い、電動麻酔器を使用するなどして、できるだけ痛みを感じることがないよう配慮していますよ。

インプラント治療で重視される点は?

「早く噛める状態にする」ことですね。インプラント治療は一般的に治療期間が長く、その間は入れ歯で代用するのでQOL(生活の質)がかなり低下してしまいます。当院では、短時間できちんと噛める状態をめざしており、早いケースなら3ヵ月程度で治療が終了します。治療期間を短縮できるのは、顎の骨を増やすための処置、歯茎を移植する複雑で時間のかかる治療、施術後に痛みや腫れが起こりやすい治療を省いてもインプラント治療を行える方法を採用しているからです。例えば、歯を抜くと骨の量は低下してしまいます。そこで、歯の根っこを半分だけ残してインプラント治療を行うという手法も採用しています。また、骨の強度が不足している場合は、骨を圧縮して強度を高めることをめざす方法などを使います。このため、当院ではインプラント治療の適用範囲が広いのが特徴です。

矯正についてはいかがですか。

20220728 4

マウスピース型装置を用いた矯正と従来のワイヤーを使った矯正の両方に対応しており、当院ではまずCTを撮影します。CTを撮影しないと、歯茎に隠れた部分が確認できず、歯を動かせる限界がわからないからです。例えば、歯の根っこが骨に当たり動かせないのに、矯正で無理に動かそうとすると計画どおりには進みません。それでも無理に矯正を続けると、歯や歯茎にトラブルが生じる危険も。また、私は噛み合わせに関して専門的な研鑽を積んでいるため、矯正の際は必ず顎の関節の状態を確認して、正しい噛み合わせになるように治療計画を立てます。噛み合わせを考えずに矯正を進めると、噛みにくい、噛む位置が定まらずに違和感があるといったトラブルの原因になりやすいんです。

地域に根差してこの街を盛り上げていく

根管治療も得意とされていますね。

20220728 5

治療の際には細菌感染の予防に役立つラバーダムの使用をできる限りお勧めしています。細菌感染のリスクを大きく下げることが期待でき、治療する側にとっても唾液の吸い出しなどに手を煩わされることなく、根っこの治療に専念できるんです。多くの方がラバーダムを使った治療を希望され、当院がお勧めしていることを知って来院される方も少なくないんですよ。

セラミックを用いた治療にも力を入れておられます。

歯は歯茎と接しているので、そのままの状態では正確な型採りが難しいのが現状です。このためセラミックを用いた治療の場合は、「歯肉圧排(しにくあっぱい)」と呼ばれる技術を用いることで、より正確性を追求して型を採ります。また、土台と詰め物、かぶせ物との継ぎ目から細菌などが入らないよう、接着にもこだわっています。もちろん、審美的な面にも力を入れていますよ。審美歯科では患者さんの笑顔の写真に合わせて設計するのが一般的ですが、笑ってくださいと改めて言われるとなかなか良い笑顔ができないですよね(笑)。そこで当院では、カウンセリングの際に動画を撮影します。その方の一番良い自然な笑顔のショットを使って前歯の治療を考えるようにしています。

スタッフさんの教育についての考えを聞かせてください。

20220728 6

患者さんの話をきちんと聞き、思いや希望をしっかりくみ取ることを重視しており、セミナーへの参加なども考えています。また、歯科衛生士だけではなく歯科助手も担当制にすることで、患者さんごとに異なる治療に対する要望や考え方を把握してその方の治療計画に生かし、さらに治療に参加して「治す喜び」を実感してほしいと思っております。

読者や地域の方にメッセージをお願いします。

現在の場所で開業してから、この街がとても好きになりました。商店街のマップに、掲載していただけることも決まっています。今後は商店街の方を対象にして歯科診療を行い、その経過や結果を発信するなどすれば、双方にメリットがあるし、地域を盛り上げることにもつながるのではないかと考えています。歯やお口の中のことで悩みがある、良い歯科治療を受けたいと考えているという場合は、どうぞお気軽にご相談ください。自費診療も行っているので、「費用がかかりそう」と心配されるかもしれませんが、患者さん一人ひとりの条件やご希望に合わせて、できる限りのことを考え、しっかりサポートしたいと思います。友達やお知り合いに、「しちごさんで治してもらった」と言っていただけるような診療をめざして努めていきたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/33万円~、ワイヤー矯正/22万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/44万円~、部分矯正/22万円~、セラミックを用いた治療/14万3000円~、根管治療/2万2000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access