全国のドクター9,400人の想いを取材
クリニック・病院 160,576件の情報を掲載(2022年8月19日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市北区
  4. 西梅田駅
  5. 大阪梅田耳鼻咽喉科  ゆあさクリニック
  6. 湯浅 純 院長

湯浅 純 院長の独自取材記事

大阪梅田耳鼻咽喉科  ゆあさクリニック

(大阪市北区/西梅田駅)

最終更新日:2022/04/07

201517 top

西梅田駅、大阪駅など複数路線からアクセス良好なヒルトンプラザイースト内の医療モールに、2022年3月に開業した「大阪梅田耳鼻咽喉科 ゆあさクリニック」。周囲を笑顔にする明るい口調と爽やかな笑顔が印象的な湯浅純院長が、専門である耳鼻咽喉科に加え、自身の関心の高い美容相談も提供する。ホテルに併設された商業施設内のクリニックとあって、言葉遣いや所作など“プラスアルファ”のホスピタリティーを心がけているという同院。勤務医時代には耳・鼻・喉といった耳鼻咽喉科領域はもちろん、一般的には内分泌内科などが担当する甲状腺疾患にも診断から手術まで対応してきた経験を持つ湯浅院長に、開業までの経緯やクリニックの理念・方針、患者への接し方、注力している診療など、幅広く話を聞いた。

(取材日2022年3月25日)

ホスピタリティーを大切にしたクリニック

開業までの経緯、また先生が耳鼻咽喉科を専門に選んだ理由なども教えてください。

1

大学卒業後、和歌山県内の複数の公立病院の耳鼻咽喉科・頭頸部外科で研鑽を積み、開業直前までは科長を務めながら、手術をメインに研鑽を積んできました。開業を考えたのは、当院のあるヒルトンプラザイースト内の医療モールで開業できるというお話をいただいたことがきっかけです。いつか自身でクリニックを運営するときは、都心のこのような場所で開業したいと考えていたため、こんなご縁をいただける今しかないと決断し、2022年3月1日にオープンしました。耳鼻咽喉科および頭頸部外科を専門に選んだのは、初診から手術、術後のフォローまですべて一貫して診られるところにやりがいを感じたから。また手術の結果がはっきりと出やすいのも、私に合っていると思ったんです。

クリニックではどのような理念や方針を掲げていますか。

当院はハイクラスホテルに併設されている商業施設内にあり、また都心に位置していることから、近隣のビジネスパーソンやホテル利用者をはじめとした方々に多くご来院いただいています。そのため当院でも高級ホテルと遜色ない対応を常に心がけており、「患者さま」というよりも「お客さま」として接するよう、受付から徹底しています。診断・検査・治療は、日本中どこに行ってもある一定以上のレベルのものは受けられると思いますが、このような接遇に関する取り組みは当院の特徴。病気で体がつらく不安な気持ちを抱えて来られている方に対する“プラスアルファ”のホスピタリティーをとても大切にしているんです。スタッフにも言葉遣いはもちろん、所作にも気を配るよう伝えています。

先生が患者さまとの会話や説明の際に心がけていることを教えてください。

2

私は話をするのがとても好きなので、「もっと話を聞いてほしい」と思っていらっしゃる患者さまとは、距離を詰めてしっかりと話をお聞きします。一方で距離を置いて話をしたいと考える患者さまには、その方に合った距離感を大切にしており、患者さまの個性に寄り添った対応を心がけています。患者さまお一人お一人の話をきちんと聞くことで、「先生だから言いやすい」と思ってくれたらうれしいですし、実際に「話を聞いてくれたから安心できた」とおっしゃってくださる患者さまも多かったんですよ。説明する際には、症状の原因をしっかりと画像で押さえ、患者さまはもちろん私自身も納得して治療ができるようにるよう努めています。

患者さまとの心に残るエピソードはありますか。

患者さま一人ひとりとお話するのがとても楽しくて印象に残っていて、特別なエピソードはないんです。しかし、かつて和歌山の勤務先で担当していた患者さまが何時間もかけて当院にも来てくださっているほか、九州から年1回の術後定期検診のためにお越しくださっている方もいるなど、それだけ信頼してもらえることはとてもありがたいことだと思っています。

経験豊富な甲状腺疾患診療に注力。美容相談にも対応

得意な診療、注力している診療を教えてください。

3

当院の特色は、バセドウ病や橋本病、甲状腺腫瘍などをはじめとした甲状腺疾患の診療です。私の在籍してきた和歌山県内の病院の耳鼻咽喉科・頭頸部外科では、一般的には内分泌内科などが診る甲状腺疾患の診療を初診から担当し、検査・診断・治療・手術とすべてを行ってきました。別の病院では手術はしてもその後のフォローは別科で行うことが多いため、甲状腺の病気について一貫対応できた経験は私にとっての財産だと思っています。また勤務医時代には耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域全般の診療を行い、手術であれば1時間ほどで終わる内視鏡のオペから十数時間かかる大がかりなものまで、さまざまな経験を積んできました。耳も鼻も喉も、甲状腺もすべてしっかり診られるのが強みです。

先生は美容皮膚科での経験も豊富で、こちらでも美容相談に対応されているそうですね。

これまで耳鼻咽喉科での勤務と並行し、美容皮膚科・美容外科クリニックで手術や施術にも取り組んできました。私にとって美容はとても関心の高い分野ですし、「いつまでも若くきれいでありたい」と思っている人も多いでしょう。開業したら自分のクリニックでも美容にも携わりたいという思いがあって、これまで培ってきた技術や知識を生かした耳鼻咽喉科に加え、美容相談も取り入れています。自由診療となる美容領域のやりがいは、保険診療とは異なり、「プラスに持っていかなければならない」こと。それがかなったときの満足感は高く、患者さまにもとても喜ばれるはずです。そして、美容施術を受けることにより、ご自身に自信を持ち、輝ける方が増えてほしいというのも私の願いです。

美容領域ではどのようなお悩みに対応されているのですか?

4

しみやしわ、肝斑、ダイエットなど、美容に関するあらゆるご相談を受けつけています。美容専用の広い施術室をご用意しているのもポイントです。また当院ではカウンセラーを配置しておらず、美容施術を受けるにあたり最も大切なカウンセリングは医師である私が直接行います。耳鼻咽喉科診療と同様に、すべて一貫して対応したいというのが私の考え。スタッフに任せることなく、最初から最後までしっかり患者さまと向き合っています。そして、患者さまと話し合いながら、一人ひとりに合わせて対応していくのも当院の特徴です。

診療時間・予約など働き世代に配慮した体制づくりも

診療時間や予約方法、施設にもこだわっているそうですね。

5

ビジネスパーソンの方が多いので、お昼休みや仕事終わりに来られるよう午前診は10時~13時、午後診は16時~20時に設定しています。また順番制ではなく時間予約制を採用しており、予約時間にお越しいただければ極力待ち時間なく受診いただけるよう努めています。そのため、待ち時間も少ないので耳鼻咽喉科によくあるキッズスペースは設けておりません。待合スペースはシンプルな造りにし、より居心地の良い空間にすべく、照明は時間によって調整しています。

医療モール内での連携について教えてください。

当院の入る医療モール「大阪梅田メディカルセンター」内には内科、心療内科、美容皮膚科、泌尿器科、整形外科があり、統一診察券によって、1枚で全クリニックを受診できる体制を整えています。またクリニックの院長全員が仲良しで、強固な連携が取れているのも強み。診療時間中に「今からこういう患者さまが行くので診てください」といったメッセージとともに患者さまを紹介し合うこともできます。さまざまな診療科が集まり、また診察券も同一ですから、「ここに来れば何でもできる“総合病院”のようになれたらいいね」とみんなで話し合っていますね。

今後の展望とメッセージをお願いいたします。

6

これまでの患者さまは高齢者の方が多く、開業後の現在はもう少し若い世代がメインとなるため新しい挑戦と言えますが、「不快な気持ちには絶対にさせない」ことはお約束させていただきます。ご来院いただいた方に「このクリニックに来て良かった」「施設やスタッフが素晴らしかった」と言われるような、梅田でナンバーワンのクリニックをめざします。

自由診療費用の目安

自由診療とは

美容皮膚科初診料(カウンセリング含む)/2000円 ※診療の内容によって全体の費用は異なります

Access