稲垣耳鼻咽喉科医院

稲垣耳鼻咽喉科医院

稲垣 康治院長

頼れるドクター

19879 df 1 main 1429867736

町田駅からほど近い閑静な一画に、レトロな雰囲気の白い洋館がある。庭先に季節の花々が咲き乱れる美しい建物こそ、この地で70年あまりの伝統を誇るという「稲垣耳鼻咽喉科医院」だ。木の温もりを感じるレトロな雰囲気だが、バリアフリー化がなされるなど建物は使いやすく改装されている。3代目院長の稲垣康治医師は誠実で朗らかな人柄。それぞれ専門性を持つ耳鼻咽喉科の医師である兄弟の協力も得ながら、日帰り手術を実現するなど、高いレベルの医療を提供する。患者の満足を第一義に掲げ、幅広い選択肢のある治療と、わかりやすい説明を行う。地域密着型でありながら、高度な医療を受けることができる、頼れるクリニックのあり方と今後について、稲垣院長に話を聞いた。
(取材日2015年4月14日/2017年3月15日)

日帰り手術や専門的な医療にも対応

―先生で3代目の院長となるそうですね?

1941年に祖父が開業して、数年後にこの場所に移転しました。バリアフリー化したり、ちょっと手を加えてはいますが、骨組みなどはほとんど当時のままの建物で診療を続けています。私もここで生まれましたし、今も父と兄はここで暮らしています。祖父と父の職場が生活の場だったこともあって、地域に密着して人の役に立っている仕事なんだなと、子ども心に感じながら育ちました。そんな訳で、自然な成り行きで兄も私も弟も耳鼻咽喉科の医師になりました。

―ご兄弟も同じ診療科の医師とは心強いですね。

はい。話し合ったわけではないのですが、兄がめまい、私が喉、弟が難聴と、耳鼻咽喉科の中でもお互いに専門分野が分かれているので、知識を交換しあったり、専門的なアプローチが必要な患者さんへの対応をお願いすることもあります。設備的に同等とは言えなくても、知識や技術の面では大学病院レベルの専門性の高い医療を、こうした地域密着型のクリニックでもご提供できるというのが強みですね。また、兄弟に診療を任せた時間に、私は別のクリニックで手術室をお借りして手術を行うというようなこともできています。

―先生に実際に執刀していただける手術なのですか?

こうしたクリニックでは手術となると、どうしても他に紹介するという形で手が離れてしまいがちですが、当院では私自身が検査から執刀、アフターケアまで一貫して診ています。私が経験を積ませてもらってきた慶應義塾大学の喉の治療を行うチームは全国的にも難しい手術をこなす数が多いといわれ、そこで勉強させてもらったことを生かして、日帰りで全身麻酔の手術を行っています。副鼻腔炎や声帯ポリープといった耳鼻咽喉科の手術は、術後の安静さえ確保できれば、必ずしも入院が必要なものではないのです。日帰りにすることで医療費の負担も軽減できますし、患者さんにも喜ばれています。通常は入院になるような手術も日帰りでできると聞いて、遠方からいらっしゃる方も多いんですよ。

―慶應大学医学部ご卒業とのことですが、その後どのようなご経験を?

大学病院や済生会宇都宮病院、平塚市民病院、相模原協同病院など、いずれも地域医療の核となる病院で、充実した勤務医時代を過ごしてきました。当院に戻る直前には、横浜市立市民病院で4年間、耳鼻咽喉科医長を務めさせていただきました。マネジメントする立場になると通常業務以外のところでの負担も発生しますが、いい経験になりました。

記事更新日:2017/04/19

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細