全国のドクター8,990人の想いを取材
クリニック・病院 160,881件の情報を掲載(2021年8月04日現在)

  1. TOP
  2. 兵庫県
  3. 宝塚市
  4. 宝塚駅
  5. 黒飛歯科
  6. 黒飛 光司 院長

黒飛 光司 院長の独自取材記事

黒飛歯科

(宝塚市/宝塚駅)

最終更新日:2021/06/18

20210614 198690 top

阪神間の北に位置し、ベッドタウンとして子育てファミリーからシニアライフまで幅広い世代が住みやすい魅力あふれる街、宝塚。宝塚駅、宝塚南口駅からいずれも徒歩圏内の立地に2021年4月に開業した「黒飛歯科」。“ここに来てよかったと思える歯科医院”をコンセプトに、院長の黒飛光司先生が幅広い診療を提供している。治療においても院内の環境においてもすべての取組みで大切にしているのは常に患者目線で考えること。「口元だけを診るのではなく心に寄り添える優しい医療を提供していきたい」と真っ直ぐなまなざしで穏やかに語る黒飛院長に、クリニックの特徴や今後の展望までじっくりと語ってもらった。
(取材日2021年6月2日)

患者の意思を尊重し、選択をサポート

こちらのクリニックの診療方針をお聞かせください。

1

虫歯や歯周病を予防し、なるべく今の状態をキープしながら一生涯自分の歯でおいしく食べられるようサポートをしていきたいと思っています。幅広く診療していますが、最も大切なのは「治る」ことなので、すべての症例を自分が診るということにこだわりすぎず、矯正が必要なケースやインプラントの難症例などはそれを専門にされている先生にご紹介することもあります。それぞれの症例のスペシャリストのもとで的確に診断してもらい、今後の治療方針を立ててもらうほうが患者さんも安心して治療に臨めると考えるからです。治す、治さないなどの治療方針や、使う材料においても選択権はあくまでも患者さんにあるということを常に心がけています。治療パターンをいくつか提案し、患者さん自身がどんな治療を受けるか選択してもらうようにしています。

虫歯や歯周病を予防するために大切なことは何ですか?

虫歯や歯周病を防ぐためには歯科医院での定期チェックが重要です。一度なってしまった虫歯や歯周病をセルフケアで改善するのは難しく、治療が必要となりますが、当院では治療と口腔環境を整えるクリーニングの予約枠をあえて分けています。患者さんからすると通院回数が増えてしまいご負担かもしれませんが、虫歯や歯周病の場合、「治療をしている」と意識を持っていただきたいからです。どうしても治療とクリーニングを同時にしてしまうと、セルフケアの延長線感覚の認識を持ってしまう方もいらっしゃるのでこの体制をとっています。虫歯のリスクが高い方は、治療したところが再発するケースも多く、患者さんご自身でのコントロールがうまくいかない方もいらっしゃいます。繰り返す虫歯には必ず原因があります。セルフケアや生活習慣など、二人三脚で見直しながら原因の根本解決をめざします。

開業の経緯と、この地を選んだ理由をお聞かせください。

2

歯科治療は1つの治療法ではなく、いろんなアプローチがあります。先生によってさまざまな考え方があることを勤務医時代に実感しました。その中で自分がやりたい理想の医療というのが固まっていったんです。規模は大きくなくてもいいので、すべての患者さんを自分の目で見て責任を持って管理できる環境をつくりたい、自分が受けたい診療を追求し、患者さんに還元していきたい、そんな思いで開業しました。大学は北海道で、卒業後は北海道や兵庫県のクリニックで研鑽を積みました。開業にあたりいろんな地域を検討したのですが、生まれ育ったここ宝塚の地域医療に貢献したいという思いがあり開業を決めました。

根幹となる基礎治療を大切に、長く維持できる治療を

勤務医時代の経験で今の診療に生かされていることはありますか?

3

尊敬する先生のもとで研鑽を積ませてもらうことになり、最初は敷居が高いなと緊張していました。入ってみて実感したのが、専門性の高い治療技術の前提に、土台として教科書通りの基本を忠実に守っていらっしゃること。まず根幹となる基礎治療を大切に、スタンダードをとことん突き詰めていった上での繊細なテクニックなんです。その先生のもとで働かせてもらって驚いたのが、30年前に治療した歯がそのまま残っていたことです。そんなケースを数えきれないくらい見て「あぁ、これが治療なんだな」と。歯医者は治療を繰り返すのではなく、一度治したらその状態で何十年も維持できるようサポートすること。これこそまさに自分のしたい理想の診療だと思いましたね。

心のサポートも意識されているとか。

大阪の歯科医院に勤務していた時に歯科に対して重度の恐怖心を持たれていた患者さんが、治療を終えられる頃におっしゃったことがとても印象的で。「心も治してくれた」と言われてとても感動しました。治療中は目元にタオルをかけるので口元しか見えないですけど、手をぐっと握りしめて緊張されている方もたくさんいて、患者さんの精神面への配慮もとても大切だと思っています。歯を治すのが私たちの仕事ですけれど、患者さんの性格や治療を受けている間の恐怖心などそういうところにも寄り添えるような優しい診療を行うことで、患者さんの精神的な不安を取り除けるんだなと患者さんの言葉から実感しました。

それぞれの患者さんにとって優しい治療を心がけているのですね。

20210614 4

はい。麻酔一つにしてもなるべく苦痛を感じないように心がけています。表面麻酔や極細の針、体温に近い温度の薬液を使ったり、電動注射器でゆっくりと麻酔をしたりすることで痛みを感じにくく配慮しています。麻酔の量も軽減でき負担が少ないと思います。治療に入るまでに少し時間はかかってしまいますが、丁寧にリラックスして治療に臨めるように心がけています。

不安を払拭できるよう、時間をかけた丁寧な説明を徹底

診療において大切にされていることを教えてください。

5

患者さんが理解し、納得できる診療を提供することです。ミラーでお口の中を見てもらいながら、お話するだけでは、すべてを伝えきれないと思いますし、患者さんも正確に理解するのは難しいと思います。当院ではモニターを使用し、絵を使った動画で治療の流れを説明したり、今の歯の状態の写真を拡大して見てもらったり「今何をしているかがわからない」ということがないように説明を徹底しています。お一人お一人のお口の状態は違いますし、お悩みも違います。理想とするゴールを一緒に共有しながらモチベーションをもって治療に臨んでいただけるように心がけています。

まだ開業から間もないですが、先生がつくっていきたいクリニック像はありますか?

自分が受けたい診療を提供できるクリニックですね。というのも、私自身ほとんどの治療を経験しているんです(笑)。よく患者さんには「先生はやったことないでしょ」と聞かれるのですが、虫歯治療、抜歯、根管治療、矯正など歯科治療などさまざま経験してきました。麻酔や削る時の不快感など実際に自分が治療を受けたからこそわかることもあります。だから、技術面も接遇面も、自分が受けたいと思える治療を実践して、気持ちよく帰ってもらえるクリニックにしていきたいですね。

今後の展望をお聞かせください。

6

まだ開業して間もないですが、地域の患者さんから「ここに来てよかった」と思っていただけるクリニックをめざして、自分自身も常に技術と知識のアップデートを怠らず地域医療に貢献していきたいです。地域のホームドクターとして私を頼って来てくださる患者さんが一人でも増えてくださるように、スタッフ一丸となって信頼される医院をめざしていきます。気になる症状がある方や、定期検診を受けたい方はお気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/44万円~、ホワイトニング/1万780円~

Access