全国のドクター9,582人の想いを取材
クリニック・病院 160,679件の情報を掲載(2022年12月01日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 町田市
  4. 相模原駅
  5. ささきの歯医者さん
  6. 佐々木 匡和 院長

佐々木 匡和 院長の独自取材記事

ささきの歯医者さん

(町田市/相模原駅)

最終更新日:2022/06/20

198554 top

地域で親しまれるようにと、「ささきの歯医者さん」は「子どもが考えてくれた院名です」と笑う佐々木匡和(まさかず)院長。このエピソードでもわかるように、同院の雰囲気はフレンドリーで温かい。診療内容は幅広く、これまで歯科医院が少なかったエリアに住む患者の多様なニーズに応え、「お子さんから高齢の方までおみえになっています」と佐々木院長。患者が安心して通院できるよう、医療器具の滅菌消毒、口腔外バキュームによる治療時の飛沫防止など衛生管理にも配慮したという佐々木院長に、診療方針、得意分野などについて詳しく聞いた。

(取材日2022年4月17日)

「来て良かった」と笑顔になれる歯科医院に

どのような経緯で開院されたのでしょうか?

1

私の祖父も父も、地域に根差した歯科医療で多くの方々に親しまれていました。そうした姿を見て育ち、自分も地域に密着した歯科医師をめざしたんです。父から「歯科医師は患者さんと長くお付き合いして、一緒に年を重ねていくもの」との助言を受け、私と同じ子育て世代が多い地域を探す中で、こちらにご縁があって開院に至りました。町田街道沿いで、コンビニエンスストアとの共用駐車場が30台分あるなど、地域の皆さんが通いやすい立地も魅力でしたね。開院して1年たちましたが、周囲に歯科医院が少なかったせいか「数年ぶりにクリーニングに来ました」という方も多く、驚きました。「これから定期的に来ます」と言っていただけることで、ここで診療を始めて良かったと感じます。

先生の得意分野やここでの診療内容を教えてください。

大学卒業後は大学病院に残り、歯の欠損や噛み合わせの不具合を治療する補綴学を専門にしていました。このため入れ歯やかぶせ物の治療は得意分野といえますが、地域の歯科医院では患者さんのニーズに対応できる力が必要ですから、並行して専門外の分野の習得も怠りませんでした。このため当院では、虫歯や歯周病の予防・治療、インプラント治療、根管治療、歯ぎしり・噛みしめの症状対策、審美面に配慮した治療など幅広く診療しています。開院してから多くの患者さんに来ていただき、現在は次回の予約が少し先になることもあって、歯科医師や歯科衛生士の増強を検討中です。また、小児歯科はお子さんが安心して受診していただける雰囲気をつくり、主に予防と虫歯の早期発見などを目的に診療していますが、今後は矯正を専門とする歯科医師による矯正治療も取り入れたいですね。

先生の診療方針をお聞かせください。

2

なるべく削ったり抜いたりせず、患者さんご自身の歯を残す治療が当院の診療方針です。治療とはいえ一度削った歯は元には戻りません。このため初期の虫歯なら削らずに、経過観察をご提案することもあります。また、虫歯や歯周病になる原因をご理解いただき、今回が最後の治療になるよう予防に努めていただくため、患者さんごとに原因の究明とわかりやすい説明を心がけています。タブレット端末に取り込んだエックス線画像や撮影した口腔内の画像をお見せして、現状を認識していただくこともその一環です。そうした現状把握のもと、歯科衛生士が適切な歯ブラシ指導を行い、ご自身の口腔内の環境が良くなることを実感していただいて、「ここに来て良かった」と笑顔でお帰りいただける診療を大切にしています。

患者の希望を丁寧に聞き出し、その実現をめざす

年代による診療の特徴などはありますか?

3

高齢の方の中には「インプラント治療で大がかりな手術は避けたいが、入れ歯では噛み心地が不安」と、悩まれる方もおられます。そうした気持ちを尊重し、入れ歯専門の歯科技工士による義歯製作も行っています。自由診療ですが、歯科技工士が当院で患者さんの顔、顎の形、歯の色などを見て診断し、「治療後はどんな食事内容がご希望か」もヒアリング。医師と技工士と患者さんとで相談して材質などを決め、患者さんに納得いただける入れ歯のご提供をめざします。ただ、どんなに精巧な入れ歯も天然歯にはかないません。これはインプラント治療も同様ですから、患者さんと事前によくお話しして、治療のゴールをしっかり決めておくようにしています。また、30代から50代の方については、最近のストレスフルな生活環境から噛みしめ・歯ぎしりが増え、それが歯周病につながる懸念もありますから、検診で状態を定期的にチェックしていただくことをお勧めします。

検診の大切さをどのようにお伝えになっていますか?

将来もご自分の歯をなるべく多く残すには、ご自宅でのケアと歯科医院での専門的なチェックとケアの両輪が大切、とお話ししています。ご自宅で適切な歯磨きを続けていれば、汚れがつきにくくなり、虫歯や歯周病の予防にも役立ちます。しかし、それだけでは足りないのも事実で、歯科衛生士が専門家の視点で口腔内をチェックし、患者さんが磨けていない部分の汚れを落とすことも必要なんです。ただ、その場合は「磨けていません」というネガティブな言い方ではなく、「もっとうまく磨くには」というポジティブなアプローチで接するようにしています。治療して終わりではなく、こうしたメンテナンスをお手伝いするサポート役も当院の役割。ここで「きれいになった」と感じていただき、定期的に通っていただけるようになればと考えています。

診療で心がけていることを教えてください。

4

患者さんとよくお話しすることです。相手のことをよく知ることと同時に、私自身の考えも知っていただきたいと思っています。特に初診時などは「治療より話をしている時間のほうが長い」と感じるかもしれません。今の痛みを何とかした後、もっとしっかり噛めるようになりたいのかなど、患者さんが本当に何を望んでおられるかは詳しく伺ってみないとわかりません。また、チーム医療の中で、歯科衛生士も患者さんの話を注意深く聞き、私に言えなかった希望や不満などを拾い上げてもらっています。また、前述したようなケースで患者さんと歯科技工士が話す機会を設けることで、どんな人が作っているのかを知ることで患者さんに安心していただき、なかなか言えない細かな希望を引き出すなど、コミュニケーションを通じて満足していただけるのではないでしょうか。

長く診ていくことで患者一人ひとりの変化に気づける

院内でこだわられた部分を教えてください。

5

歯科医院には「できれば行きたくない」という方が大半でしょう。だからこそ、少しでも皆さんの不安を和らげ、ほっとできる空間にしたいと思いました。自然光が降り注ぐ院内は天然素材を取り入れ、わが家で育てていたユーカリをシンボルツリーに見立てて、さまざまな観葉直物も置いています。患者さんには「カフェみたい」「広くて気持ち良い」と好評です。また、プライバシーと換気に配慮した半個室の診察室は、開放感のある広々とした空間をめざしました。実は院名の「ささきの歯医者さん」は、私の娘が「患者さんに早く覚えてもらって、気軽に来ていただけるように」と考えてくれたもの。この院名を聞き、私がイメージする歯科医院のあり方とピッタリで即決しました(笑)。

これからの目標をお聞かせください。

当院全体では、「虫歯が治った」「いろんな物が噛めるようになった」「笑顔が自然になった」など、たくさんの「良かった」と多くの笑顔が集まる場所になりたいと考えています。そうした雰囲気の中で、地域の皆さんと一緒に年齢を重ねていくのが目標です。また、個人的には新たな知識・技術を常に学び続けたいですね。歯科医療は道具も材料も治療技術も日進月歩ですから、歯科医師もスタッフも勉強を怠らず、新たな知識を可能な限り診療に生かしたいと思っています。勉強会が土日で開催される場合、土曜日にお休みをいただくこともあります。それで一時的にご予約がとりづらくなりますが、勉強の成果は診療に反映させますので、ご了解いただければと思います。

最後に地域の方にメッセージをお願いします。

6

この地域はファミリーでお住まいの方が多く、お子さんから高齢の方まで幅広く来院いただいています。当院ではそうした患者さんのお口の中を、治療からメンテナンスまでトータルに長期間診ていきます。その中で一人ひとりの些細な変化にも気づいて早めに対処するなど、地域に根差した歯科医院の強みを生かして診療したいと思います。お子さんが成長しても通っていただけ、結婚後もご家族で受診していただければうれしいですね。地域の皆さんと一緒にお口の中の健康を守る歯科医院、親しみやすい歯科医院をめざしますので、お気軽にお越しください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/38万5000円~ 、かぶせ物/3万3000円~(材料・内容により異なる)、入れ歯/14万8500円~(材料・内容により異なる)

Access