全国のドクター8,980人の想いを取材
クリニック・病院 160,879件の情報を掲載(2021年7月31日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 町田市
  4. 相模原駅
  5. ささきの歯医者さん
  6. 佐々木 匡和 院長

佐々木 匡和 院長の独自取材記事

ささきの歯医者さん

(町田市/相模原駅)

最終更新日:2021/06/01

198554 top

JR横浜線の相模原駅より車で約8分の町田街道中村不動交差点近くに、2021年4月に開業した「ささきの歯医者さん」は、子どもから高齢者まで、家族で通える歯科クリニックだ。佐々木匡和院長は、「縁あって当院に来てくださった患者さんに笑顔でお帰りいただけるよう、まずはお互いにわかりあえるよう心がけています」とほほ笑む。そのために大切にしているのが、患者の話を丁寧に聞くこと。治療に入る前に入念な説明をするだけでなく、患者の気持ちをしっかりくみ取ることで、満足度の高い治療の提供をめざしている。家族の協力を得て、女性目線でデザインしたという院内は居心地の良いカフェのよう。真摯に患者と向き合う佐々木先生に、かかりつけ医としての熱い思いを聞いた。
(取材日2021年5月20日)

「来て良かった」と、笑顔になれる歯科クリニックへ

なぜこの場所を選ばれたのでしょうか?

1

私の祖父も父も開業医で、地域に根差した診療で多くの方々に親しまれていました。それまで歯科医師になれとか、後を継げとか何一つ言ったことのなかった父が、私が開業することになった時に、「歯医者っていうのは患者さんと一緒に年を取って、ずっと長く付き合っていくものなんだよ」と言ってくれたんです。「患者さんと一緒に年を取る」という視点で考えた時、自分と同じ子育て世代の方が多いこの場所が候補に挙がったんです。実際に来てみると、子育て世代の方たちが多いだけではなく、周りに病院が少なくて通院に困っていらっしゃる方が多いこともわかりました。ここは町田街道沿いでアクセスが良いだけでなく、コンビニエンスストアと共有の30台分の駐車場があります。地域の皆さんが通いやすい立地という観点からも、この場所で開業することを決意しました。

とても居心地の良いクリニックですね。

歯科医院というのは、できれば行きたくないところ。だからこそ、少しでも患者さんの不安を和らげ、ほっとできる空間にしたいと思い、内装には特にこだわりました。自然光の降り注ぐ院内は、天然素材をふんだんに取り入れ、わが家で育てていたユーカリをシンボルツリーに見立て、さまざまな観葉直物を置いています。プライバシーと換気に配慮した半個室の診察室は、開放感のある広々とした空間を演出しました。また、スタッフや業者さんと患者さんの出入り口を完全に分けるなど動線にも配慮しています。初めて来られた患者さんからは、「カフェみたい」「広くて気持ち良い」と好評です。

診療方針について教えてください。

%ef%bc%92

当院ではできるだけ削ったり抜いたりせず、自分の歯を残す治療を心がけています。たとえ治療のためとはいえ、1度削った歯は元には戻らないため、初期の虫歯であれば、削らずに経過観察をすることもあります。また、虫歯も歯周病も、悪くなるのには必ず根本的な原因があるはずです。ただ治療するだけではなく、なぜ悪くなったのかその原因を突き止め、患者さんご自身にお口の現況をしっかりと把握し、知っていただくことを大切にしています。そしてできるだけそれが最後の治療となるよう、再発防止に向けた予防歯科に力を入れています。口腔内の環境が良くなっていくことを実感できれば、モチベーションも上がります。一人ひとりの患者さんと丁寧に向き合い、「来て良かった」と、笑顔でお帰りいただける診療を大切にしています。

心の通う治療で患者を笑顔にしたい

患者と接する時、どのようなことを大切にしていますか?

3

これは勤務医時代から実践してきたことなのですが、当院では勇気を出して来てくださった患者さんに笑顔になっていただくことをめざしています。そのために大切にしているのが、とにかく患者さんとよく話すこと。患者さんのことをよく知ることも大切ですが、それと同じくらい私がどのような歯科医師なのかを知っていただくことも大切だと考えています。時には世間話や冗談を言って患者さんを笑わすこともあります。患者さんの中には、かつて歯科医院で怖い思いをしてトラウマになってしまっている方もいらっしゃると思いますが、どうかご安心ください。当院では決して患者さんを責めたり怒ったりすることはありません。とてもアットホームなクリニックですので、些細なことでも安心してご相談ください。

先進の設備を備えているだけでなく、衛生管理も徹底していますね。

当院は小さなお子さんから高齢の患者さんまで、家族そろって安心して通っていただける歯科クリニックとして、被ばく量の少ないデジタルエックス線と歯科用CT、口腔内カメラなど先進の設備をそろえています。また、お口に入る器具はすべて滅菌器にかけ、ウイルスや細菌を死滅させるようにしています。さらに、口腔外バキュームを用意し、治療中に唾液や歯の切削片、修復物の金属片などが飛び散らないよう配慮しています。また、ウイルスや花粉、PM2.5などの有害物質にも気を配り加湿空気清浄機も各所に設置しています。

診療には幅広く対応されているのですね。

%ef%bc%94

大学卒業後は大学病院に残って、補綴について学んでいました。歯の喪失や噛み合わせの不具合に対する治療を学び、義歯やかぶせ物などを得意としています。ゆくゆくは父のような開業医になりたいと思っていたので、その後8年間、数軒の開業医のもとで死に物狂いで自分の専門以外の歯科医療について勉強しました。学べることはすべて学びたいという気持ちで、週7日、つまり休みなしでたくさんの症例について学びました。その甲斐あって、今は虫歯や歯周病から小児歯科、根管治療、入れ歯、小児歯科、口腔外科、マウスピースなどを用いた顎関節症治療、インプラント治療、審美歯科、予防歯科まで幅広く対応できます。ただ、患者さんにとってメリットが大きいことが明白であれば、私以外の専門の先生をご紹介することもあります。また、地域の病院との連携医療にも対応しています。

かかりつけ医として患者に生涯寄り添いたい

印象に残っている患者のエピソードを教えてください。

5

開業する時に、当時勤務していた歯科クリニックで担当していた患者さんたちには特に何も伝えてこなかったのですが、「やっぱり先生でないと駄目」と、インターネットで見つけて当院へ来てくれた方がおられたんです。あれはうれしかったですね。それと、数人の患者さんから「先生に会えて良かった」と言われたことがあります。私としてはなにか特別なことをしたわけではないのですが、日頃から一人ひとりの患者さんとの出会いを大切に、一期一会の気持ちでやっているのでうれしかったですね。

今後の展望をお聞かせください。

ここのテナントを借りる時に、オーナーさんに「どんな歯科クリニックにしたいですか?」と聞かれ、私は迷わず「笑顔が集まる歯科クリニックをつくることで、この辺り一帯を笑顔が集まる場所にしていきたいです」と答えたんです。「虫歯が治って良かった」「いろんなものが噛めるようになった」「自然に笑顔になった」、たくさんの「良かった」を積み重ねながら、多くの笑顔の集まる場所になれたらうれしいですね。そして、たくさんの笑顔とともに地域の皆さんと一緒に年を取っていきたいと考えています。

最後に歯科医院選びのこつと読者へのメッセージをお願いします。

%ef%bc%96

私から言わせていただくとしたら、「なんでも話せる」先生を選ぶと良いと思います。言いたいことも言えず、聞きたいことも聞けない関係では、良い治療をするのも難しいからです。今は新型コロナウイルス感染症の流行もあり難しいですが、以前は患者さんと話すときは必ずマスクを外して、表情が見える状態で話をしていました。できるだけ私と言う人間を知り、信頼できるかどうか判断してほしいという思いからです。また、自由診療のかぶせ物を作る時は、できるだけ歯科技工士の方に当院まで来ていただき、模型だけでなく、患者さんの表情や話し方なども見てもらった上で製作を依頼するようにしています。どのような表情で話されるのか、どのようなことを望んでいるのかを直接伺うことで、その方に合うものができると思うからです。当院では、緊急時以外でいきなり治療に入ることはしません。まずは気軽に話をしに、当院へお立ち寄りいただければと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/38万5000円~ 、かぶせ物/3万3000円~(材料・内容により異なる)

Access