全国のドクター8,888人の想いを取材
クリニック・病院 160,973件の情報を掲載(2021年12月08日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市福島区
  4. 福島駅
  5. 中之島いわき整形外科
  6. 祷 史明 院長

祷 史明 院長の独自取材記事

中之島いわき整形外科

(大阪市福島区/福島駅)

最終更新日:2021/10/12

20210531 197180 top

2021年5月6日、大阪整形外科病院(旧・中之島いわき病院)の分院として開院した「中之島いわき整形外科」。JR環状線福島駅から徒歩5分で、地元住民のほか、遠方の方でも通いやすい場所にあるクリニックだ。長年、人工関節手術の分野などで豊富なキャリアを持つ祷(いのり)史明院長は、とても気さくで朗らかな雰囲気。「あらゆる世代の患者さんに寄り添った治療をしたい」という思いから、より患者と近い位置で診療ができるクリニックの院長を引き受けたのだと言う。今回は、そんな祷院長に、新しく開院したクリニックへの思いや、行われる治療などについて話を聞いた。

(取材日2020年12月22日/情報更新日2021年5月17日)

患者の思いをくみ取った治療法を選択したい

先生は、これまでどんな経験を積んでこられたのでしょうか?

20210531 1

以前私は産業医科大学医学部のラグビー部に所属していて、整形外科の分野には興味があったのですが、卒後当時は整形外科医としては働いておりませんでした。しかし、その後見舞われたのが阪神淡路大震災でした。医師として何か役に立ちたいと思い、災害医療に関するボランティアをさせていただきました。その経験から整形外科の勉強をきちんとやり直そうと思い、大阪市立大学整形外科に入局させていただきました。その後は、大阪府済生会中津病院の副院長をされている大橋弘嗣先生に指導していただき、ご縁がありフランスのリヨン大学医学部にも行かせていただきました。帰国後は、人工関節をメインに手術の研鑽を積んできました。

先生が「中之島いわき整形外科」の院長をされることになった経緯を教えてください。

2020年8月までJR大阪鉄道病院整形外科で勤務させていただいていたのですが、9月から大阪整形外科病院で外来診療をさせていただいています。人工関節の手術はやりがいがあるものですが、すべての方が手術を望んでいらっしゃるかというと決してそうではなく、できるだけ手術をしなくて済む治療を望む患者さんも多いのではないかという実感がありました。保存的治療の分野も勉強したいと考えるようになり、自身で勉強もしていた時に、大阪整形外科病院の岩城啓好院長に分院である「中之島いわき整形外科」の院長にならないかというお声がけをいただいたんです。クリニックでは、手術に至る前の患者さんを診ることも多くなります。それは私の取り組んでみたいことでしたので、ぜひにということでお引き受けさせていただくことになりました。

先生のやりたい治療がクリニックではできそうだったということですね。

20210517 2

手術をすることが最善策だと思って治療に取り組んでいた時期もあったのですが、一度、手術後に合併症が出てしまった患者さんがいらっしゃり、そこから考え方が変わりました。手術だけが患者さんを救う方法ではないのかもしれません。治療法を選択する時は、常に患者さん本位で考えていかなければいけないということを実感しましたね。医師は時にケガだけを診てしまいがちですが、その方がどんな生活を望んでいるのか、どんな形で社会に復帰したいと思っていらっしゃるのかなど、きちんと話を聞かなければならないと思ったんです。

広い人工芝エリアでスポーツリハビリテーションも可能

「中之島いわき整形外科」の診療の特徴を教えてください。

20210531 3

私のほかに、本院の先生方も診察に来てくださる予定で、スポーツ整形の分野に特化した先生もいらっしゃいますし、人工関節手術や脊椎手術を得意とする先生もいらっしゃいます。本院と連携してさまざまな分野を得意とするドクターに診療してもらえるのは利点かなと思っています。当院には手術設備はないため、大がかりな外科的治療は行いませんが、私やそのほか、普段から本院で手術を担当しているドクターが、手術の必要性や適切なタイミングを見極め、本院と連携を取って対応できるように体制を整えています。

そのほか特徴的な施設などありましたら教えてください。

1階が検査部門とリハビリ室、2階が待合室と診療室、3階には130平米の人工芝生を使ったスポーツリハビリエリアがあります。特に3階は当施設の売りになるのではないかと考えています。高齢の方のリハビリからスポーツ障害の方のリハビリもできます。フィールドを使ったトレーニング施設を持っているクリニックはまだまだ少ないと思います。例えば、スポーツ選手の捻挫予防のためのトレーニングや、投球動作トレーニングなどは屋内の部屋では行いにくいという声をよく聞きます。実際の芝に近い感覚で指導してもらえるのはメリットなのではないでしょうか。また、今は学生でも本格的にスポーツをされている方が多いと聞きます。関西では学生スポーツ選手がケガを治し、復帰までのプログラムを考えてもらえるところがまだ少ないと思うので、そういうところでもお役に立てればと考えています。

福島駅からすぐという立地も患者さんにとってうれしいのではないでしょうか。

20210531 4

福島駅からは徒歩5分と近いので、患者さんに通院してもらいやすいのもメリットの一つかなと思っています。電車を使って学生さんにも来てもらいやすいですし、働いている方でちょっと肩や腰が痛いなという時にも、会社帰りにさっと寄ってもらいやすいかと思います。夜診もあるので、飲みに行く前に気軽に寄ってもらっても大丈夫ですよ。

漢方処方で長期的な体質改善をめざす

設備的な面で特徴はありますか?

20210601 5

MRIも設置していますし、DEXA法に対応する、精度の高さにこだわった骨密度測定器もあります。多くの方が悩んでおられる、膝や腰の痛みを取り除くための治療も行う予定です。また、エコーで痛みの原因部位を精密に特定して、薬液を注射することで痛みの除去を図るハイドロリリースという方法にも対応予定です。一旦、外科的な治療で痛みを取り除いてから、併設するリハビリ施設で再度痛みが出ないようにトレーニングしてもらうということもできますので、痛みやしびれで悩んでおられる方は気軽に相談してもらえればと思います。

漢方にも力を入れていく予定だと伺いました。

漢方は保険適用で処方できますし、副作用も少ないので、患者さんにはメリットが大きい治療なのではないかと思います。例えば長期的に痛み止めを服用すると胃に負担が大きく、胃もたれなどを訴えられる方が多いんです。西洋薬は切れ味がいいので、急性時の痛みを取りたいというときにはいいと思うんです。ですが長期服用で体質改善を促していくのであれば、副作用が少ない漢方薬の活用も考えていくべきではないかと思います。そのあたりも、患者さんの要望をよく聞いて、どんなお薬を求められているのか、薬の使い分けなど、オーダーメイド的に処方していけたらと考えています。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

20210531 6

困ったことがあったら、駅近くですし、さまざまな専門分野を持つドクターが在籍していますので、気軽に相談に来てもらいたいなと思っています。スタッフ一同、患者さん本位で働かせていただきたいと考えております。将来的にスタッフが増えれば、訪問リハビリなどもできたらなと思っています。高齢の方でクリニックまで来られない方も多いと思うので、そうしたニーズにも応えていきたいですね。人生100年時代といわれています。私自身も体を動かすのが好きで、マラソン、トレイルラン、ゴルフなどいろいろ取り組んでいます。体を動かしたい人の気持ちがとてもよくわかるので、皆さんの元気な時間ができるだけ長く続くよう、健康寿命を手助けできる医師でありたいと思っています。

Access