全国のドクター9,103人の想いを取材
クリニック・病院 161,406件の情報を掲載(2020年4月01日現在)

  1. TOP
  2. 京都府
  3. 京都市左京区
  4. 神宮丸太町駅
  5. 医療法人すみれ 美里歯科
  6. 浅井 美里 院長

浅井 美里 院長の独自取材記事

美里歯科

(京都市左京区/神宮丸太町駅)

最終更新日:2020/04/01

194308

京阪本線神宮丸太町駅から徒歩10分。丸太町通りに面したビルの2階に、2020年1月15日にオープン予定の「医療法人すみれ 美里歯科」がある。クリニック内に一歩足を踏み入れると、サロンのような洗練された雰囲気が広がる。2児の子育てにも励む浅井美里院長は、女性ならではのこまやかな視点を生かした患者への接遇と、一人ひとりの要望を優先的に考える診療スタイルで、口腔内の健康美をめざしていきたい考えだ。歯科、予防歯科、審美歯科の診療に対応し、さまざまな観点から診療に取り組むことで、口腔内をトータル的にケアしていく方針だという。今後の希望に満ちあふれた浅井院長に、クリニックの特徴や診療方針などについて語ってもらった。
(取材日2020年1月14日)

女性ならではのきめ細かな視点、充実した院内設備

まずは、開業を志すようになったきっかけを教えてください。

20200124 1

私は2004年に神奈川歯科大学歯学部を卒業した後、京都府立医科大学附属病院の歯科で勤務して、結婚・出産を経て、子育てと両立しながら医療法人すみれグループ「おおくぼ歯科クリニック」で勤務するようになりました。10年ほど経験を積ませていただきましたが、同院の院長の働き方や、女性歯科医師としての生き方、患者さんと向き合う時はマスクを外してお話を聞く姿など、接遇を大切にした女性ならではのきめ細かな診療に感銘を受けたのです。そして、私も同じ女性歯科医師として子育てをしながら活躍したいと思い、開業へ踏み切りました。

開業にあたり、こだわったポイントは何でしょうか?

「女性ならでは」という部分をポイントとして打ち出し、患者さんへのコミュニケーションを大切に、お一人お一人と丁寧に向き合っていきたいと考えています。そして、もう1つは、コミュニケーションをとりやすいクリニックにしたいと思い、クリニックの設計からこだわりました。具体的には一般的なクリニックのような受付はなく、患者さんがいらっしゃるとスタッフがお迎えに行くというスタイルを取り入れています。そして、従来のような受付でのやりとりではなく、椅子やカウンターでコミュニケーションを取るようなスタイルを採用したのです。診察ルームは敷地面積的に個室は難しかったので、患者さんのプライバシー保護と導線、スタッフが働きやすい導線を考えた効率の良い設計にしました。

カウンセリングルームを完備して、衛生管理にも力を入れているそうですね。

20200124 2

そうですね。患者さんのプライバシーに配慮したカウンセリングルームを設けて、主訴だけではなく、その方の生活環境や背景などもお伺いして、じっくりと向き合っていきたいと思っています。診察して終わりではなく、経時的に変化をカメラで撮影して、節目をつけて診療前後の変化を残していくことで、お口の健康維持を継続的にサポートしていきたいですね。衛生管理の面では、消毒・滅菌のチームの担当者としてこれまでに培った知識と経験を生かして、衛生面も導線を考えたゾーニングを行いました。患者さんが診察ルームに入るとすぐに滅菌ゾーンが見えるので、安心していただけると思います。

培ってきた技術を生かして、口腔内の健康美づくりを

どのような患者さんに、来ていただきたいと思っていますか?

20200124 3

当クリニックでは歯科、予防歯科、審美歯科の診療に対応するので、若い方から高齢の方まで、幅広い患者さんに来ていただきたいと思っています。このエリアは学生の町ですし、若い方や学校に関わる職員さんたちもいらっしゃるかもしれません。ほかにも同じように子育てに励むママさんたちが、お子さんが幼稚園や保育園、または学校に行っている時間を使って来てくださったらうれしいですね。きっと自分のことは後回しにしていると思うので、ご自身のメンテナンスにも目を向けて口腔内の健康美をめざしてほしいです。

疾患の治療や、予防歯科、審美歯科診療で、口腔内の健康美づくりをめざすということですね?

そうですね。イメージとしては、まずは歯科の分野で主訴に対する治療を行います。そして、予防歯科の分野で、口腔内の菌を減らすためのケアをするなどして、本来持っている歯や歯肉を健康に保つための「健康美」をめざしていきたいですね。ほかにも、口腔内写真を定期的に撮影して、ご自身の口の中の変化を知ってもらい、予防歯科の意識を高めていきたいと思っています。そして、審美歯科の分野では、すきっ歯をどうにかしたいなど、もう一歩踏み込んだ診療を希望される方には、専門技術を提供していきたいです。保険診療、自費診療など、その方のステージに合った診療を提供したいと考えていますので、ぜひご相談ください。

先生が口腔内の健康美をめざしてほしいと思っているのは、なぜでしょうか?

20200124 4

例えば、つけまつげをして見た目はきれいに整えたけど、お口の中はメンテナンスが行き届いてないなどではなく、もともとその方が持っている美しさを引き出すことで、健康と自信につなげてほしいからです。若い世代であれば見た目の美しさが優先されるかもしれませんが、シニア世代であれば見た目だけではなく、お口の機能を高めて健康を維持するための健康美を追求することも大切です。お口から物を噛んで食べられないから、筋肉が落ちてしまうということもあるので、お口の中を治療しつつ美しく整えることで健康づくりをサポートしていきたいと思っています。

患者への接遇を大切に、地域のかかりつけ医をめざして

先生が歯科医師を志した理由はなんでしょうか?

20200124 5

もともと歯科医師一家というのが大きいですね。父も母も歯科医師なので、昔から医療関係の道に進みたいと思いながらも、どんな医療関係のどんな職種に就こうか検討する中で、母に「歯科医師は自分で診断をして治療することで、患者さんが健康になれるのよ」とアドバイスをもらえたのが、この道を選んだ理由です。やはり患者さんに喜んでいただけるとやりがいを感じられるので、この道に進んで良かったと思っています。

先生の好きなことや、休日の過ごし方を教えてください。

早起きや、体を動かすことが得意でしょうか(笑)。高校時代までは新体操に熱心に取り組み、大学時代はテニスをしていたのもあって、健康美にこだわるのかもしれませんね。休日は2児の母なので、子どもたちと過ごすことが多いですね。音楽を聴いたり、おいしいコーヒーを飲みに行ったりして休日にリフレッシュすると、また新たな気持ちで診療に取り組めます。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

20200203 6

2020年1月15日にオープン予定の真新しいクリニックです。ビル2階にあり、一見受診のハードルが高いように感じられるかもしれませんが、保険診療や義歯の治療も対応できますので、気軽な気持ちでお越しください。クリニック内は土足で気楽に入れるため、ブーツを履いてきた場合でもスムーズに出入りできますよ。ぜひ私たちと、お口の健康美を追求していきましょう。私も2児の子どもを育てる母なので、お子さんのお口のことやおうちでのメンテナンスなどで悩んでいることがあれば、ぜひ一度ご相談ください。もちろん、子育てのお悩みも良き相談相手になれるように頑張るので、一緒に解決へ導いていきましょう。

自由診療費用の目安

自由診療とは

ダイレクトボンディング/1本8万円~(税抜)

Access