全国のドクター8,567人の想いを取材
クリニック・病院 161,527件の情報を掲載(2019年11月12日現在)

新座内科おなかクリニック

新座内科おなかクリニック

大島 敬 院長
新規開院

192782 %e6%96%b0%e5%ba%a7%e5%86%85%e7%a7%91%e3%81%8a%e3%81%aa%e3%81%8b%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

新座市馬場1丁目に2019年9月2日に開院した「新座内科おなかクリニック」。エントランスから手すりつきのスロープが設置されており、車いすでも来院しやすいバリアフリー構造となっている。院長の大島敬先生は穏やかな中にも時折ユーモアを交えた語り口で、なんでも相談しやすい雰囲気をもつドクターだ。日本消化器病学会の認定する消化器病専門医でもあり、特に大腸の内視鏡検査に力を入れている。「大腸がんはある程度進行するまではこれといった症状が現れないので、定期的に検査を受けることが大切」と大島先生。消化器のほか、内科全般を幅広く診療するスタンスで、「地域の健康づくりをサポートしていきたい」と力強く語ってくれた。
(取材日2019年9月27日)

地域のかかりつけ医師として、内科全般と消化器を診療

―開院に際してこの地を選ばれた理由から伺います。

実家が新座にあり、また埼玉県は医師不足のエリアですから、埼玉南部で探している中で紹介されたという経緯です。ここは以前も消化器内科クリニックだったのですが、開院半年で閉院となった物件でして、まだ建物や医療機器も新品で、腹部エコーや経鼻内視鏡など、そのまま使用できるものもありました。ただ、院内ですぐに結果がわかる血糖値の検査機器や、電子カルテなどは新たに導入しています。また、インフルエンザも院内の検査機器を用いて迅速に結果がわかります。院内は一部だけ手を入れたのですが、もともとバリアフリーで患者さんの動線もゆったりとしているし、入り口などは二重扉になっていますので、風の強い日などでも外気が吹き込むことはありません。そのあたりも気に入った理由です。

―内科全般と消化器を中心に診療するクリニックですね。

そうです。地域のかかりつけ医師として内科を幅広く診て、胃・腸のほか、肝臓・膵臓などもしっかり診療するという意味から、院名を「内科おなかクリニック」にしたのです。患者さんの年代層は比較的に高めで、会社勤めの方や近所の主婦層、高齢な方など。主訴はやはり腹痛や下痢などが多いですが、風邪や長引く咳などで来られる方も結構いらっしゃいますよ。駐車場は7台分用意しているのですが、やはりこの近隣に住む方が多くて、徒歩や自転車で来院されています。

―力を入れている消化器内視鏡検査について伺います。

病院勤務の頃は主に大腸を診ていましたので、当院でも注力していきたいと思っています。検査機器はもともと備えてあったシステムに合わせ、小さながんも見逃さないように新型の大腸内視鏡を導入しました。がんを早期に発見し、必要であれば地域の二次病院に送るのが私たちの役割ですから、検査機器の精度は重要です。ポリープは院内で切除できるものでしたらここで処置しており、出血や穿孔のリスクが低い「コールドポリペクトミー」という術式で行っています。切除するかどうかはケースバイケースですが、5mmくらいまで伸びていれば処置を検討します。前職では非常にリスクが高い症例ばかり担当してきましたので、見れば良性・悪性の判断はだいたいつくのですが、悪性が疑われる場合には、生体検査に回して後日に結果をお知らせしています。なお、市が実施しているがん検診も、胃と大腸の両方を行っていますので、ぜひ検査を受けていただければと思います。

―胃の内視鏡については?

口から挿入する経口内視鏡と、直径5mmと細い経鼻内視鏡も備えていますので、口から飲み込むのが苦手な方には経鼻を使用しています。さらにご希望があれば鎮静剤も使用していますね。ただ、鼻の奥の構造も個人差があり、細い経鼻内視鏡でも挿入すると苦痛を感じる場合がありますので、その場合は鎮静剤により半分眠ったような状態で経口により検査することもあります。



Access