全国のドクター9,158人の想いを取材
クリニック・病院 161,389件の情報を掲載(2020年5月29日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市中央区
  4. 天満橋駅
  5. にしい歯科クリニック
  6. 西井 遼太郎 院長

西井 遼太郎 院長の独自取材記事

にしい歯科クリニック

(大阪市中央区/天満橋駅)

最終更新日:2019/08/28

191708 %e3%81%ab%e3%81%97%e3%81%84%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

大阪メトロ北浜駅と天満橋駅のちょうど中間。天神橋交差点から松屋町筋を少し南へ下った東高麗橋の町に「にしい歯科クリニック」ができたのは、2019年5月のこと。「この辺りはビジネス街と住宅街のちょうど中間的なエリア。子どもの患者さんも意外に多いんです」と爽やかな笑顔で話すのは、院長の西井遼太郎先生。大阪大学歯学部を卒業後、歯科クリニックに10年間勤務。若くして院長まで務めた実績を生かし、地域に根差したかかりつけ歯科として新たなステージへと一歩踏み出した。そんな院長に、開院して間もないクリニックの特徴や診療コンセプト、患者に向き合う姿勢など、胸に秘めた思いの丈を存分に語ってもらった。
(取材日2019年6月10日)

「予防こそが最良の治療」と考え診療に臨む

この東高麗橋に開業したのはなぜですか?

1

私が以前に勤めていた歯科クリニックは奈良の学園前にあり、口腔内や健康に対する意識が比較的高い患者さんが中心でした。現在、私は大阪市内に住んでいますから、同じようなニーズがある地域を市内で探し、町を歩く人の姿を観察してここに決めました。オフィス街なので20〜40代の現役世代が中心ですが、近所に住んでおられる方もいて向かいのスーパーもよくにぎわっていますから、そういう意味ではバランスのとれたエリアだと思います。あと、小さなお子さんを連れたお母さんもよく見かけますので、ベビーカーや車いすのまま入って来られるように、1階ということにはこだわりました。誰もが気軽に利用できる、地域の皆さんのかかりつけ医になりたいと思っています。

クリニックの概要を簡単に教えてください。

人的体制としては、歯科医師は私1人で、歯科衛生士2人に歯科助手が2人、受付が1人です。幸い、いいスタッフが集まってくれて、とても心強く感じています。診療スペースはパーティションで区切った半個室で、完全個室も用意しています。チェアサイドには大型のモニターを設置して、CT画像やエックス線写真のほか、歯科に関する説明動画などもご覧いただけるようにしました。また、診療室に広めのキッズスペースがあるので、お子さん連れでも安心していただけます。ちなみに衛生管理に関しても、新型の滅菌システムを導入するなど、かなり力を入れています。こうした目に見えない部分から徹底していく、そういう姿勢で臨まないと、なかなか患者さんの信頼を得ることはできません。

開院から1ヵ月の印象は?

2

予想どおり、やはり健康に対する意識が高いエリアだと感じます。特に痛みがなくても歯のクリーニングを希望されたり、ホワイトニングを希望されたり、予防を含めて次のステップをめざされる方が多いのは、とてもうれしいことですね。私はつねづね、最良の治療は予防だと考えています。なるべくなら歯は削ったり抜いたりせず、健康な状態で残したいものです。状態によってはそうもいかないケースもありますが、しっかりと治療をした上で、またつらい思いをしないように口の中をしっかりとケアしてあげて、皆さんが末永く、なるべく健康でおいしく食べられるようにというのが願いです。ですから、「こんな場所に新しい歯医者さんができたんだ」と目にとめてもらい、少しでも良くなるきっかけにしていただければありがたいですね。

まずは患者との信頼関係を築くこと

勤務医時代はどのような診療を行っていましたか?

3

私が勤めていたのは山田兄弟歯科という、予防歯科や口腔外科に力を入れていることで知られるグループ歯科クリニックです。大学の研修医時代に派遣され、すごく勉強になると思ったので就職して10年間お世話になり、最後の3年間は1院の院長を務めさせていただきました。私は特にインプラント治療の技術をしっかり習得したいと思い、そのうちに手術をやらせてもらえるようになりましたが、インプラントというのは長期の経過を見ないと、すぐには結論が出せないんですね。そして何年か観察をした結果、ようやく異常のないことを見届けることができました。それで初めて自信を持って開業に踏み切ることができたわけです。ちなみに、当クリニックでのインプラント治療では歯科用CTによる適切な診断やシミュレーションを行い、信頼できるメーカーの材料を使っています。

こちらでは矯正治療も行っていますね。

成人に関しては、やはり土地柄として透明のマウスピース型装置を用いた目立ちにくい矯正のニーズがありますね。もう一つニーズが高いのは、お子さんのうちに行う小児矯正で、特に床矯正の場合は顎の発育に合わせて歯並びを整えていけるので抜歯の可能性が低くなりますし、骨格を整えながら診ていけるというのがメリットです。もちろんワイヤーやマウスピース型装置のような器具を使う場合もあり、そこはお子さんの年齢に応じた方法をアドバイスさせてもらっています。治療期間が長引くこともありますが、定期的に通っていただくことで小さなうちから口内環境を守っていくことができる、それも大きなメリットだとお考えください。あと、指しゃぶりや唇を噛むなど、悪い癖を正せば矯正治療しなくて済むケースもあります。とにかく歯にダメージを与えないことが理想ですから、そうした指導もさせていただいています。

院長が診療時に心がけていることは?

4

まず、歯科に来られる患者さんのほとんどは緊張されていますから、できるだけリラックスしていただけるように声かけをさせてもらっています。患者さんとのコミュニケーションは、お互いの信頼関係にもつながりますから大切ですね。あと、治療内容がよくわからないまま、なんとなく治療が進んでいるという経験をお持ちの方が多いと思います。そこはしっかり画面で見せながら説明するなどして、納得して治療を受けていただきたいと常に考えています。治療が終わった方には成績表のような紙をお渡しして、治療や検査結果に一言メッセージを添えてお返しするようにしています。

人の役に立ちたい、それが何よりの目的

院長が歯科医師になった経緯を教えてください。

5

私の出身は奈良で、出身高校は私立東大寺学園です。父も歯科の開業医で、医療はもともと身近な存在ではありましたが、子どもの頃から単純に人の役に立ちたいと考え、医療系の仕事に憧れを抱いていました。医学部も考えましたが、歯科ならではの手技や、患者さんと近い距離で接する部分などに惹かれ、結果的にはそれが自分に向いていたのではないかと思います。歯科という職業にやりがいを感じたのは勤務医になってからですね。いざ仕事として始めてみると、その難しさとともに、一層奥行きも感じられるようになり、知識や技術をできる限り磨いていきたいという思いが日増しに大きくなっていきました。

今後に向けた課題はありますか?

今はまだクリニックづくりの最中で様子を見ている段階ですが、例えば診療時間の見直しなども視野に入れています。現在の診療時間は夜7時30分まで、受付は7時までですが、働いておられる方のことを考えればもう少し延ばしたほうがいいかもしれません。ちなみに、主婦の方などは比較的空いている午後診療の夕方までがお勧めです。あとは将来、自分のほかにも歯科医師がいてくれれば、診療の幅もより広がるでしょうし、より患者さんのニーズに応えていけるのではないかと思います。それこそ交代で診療時間も長めに設定できますし、ゆくゆくは規模を拡大することも一つですね。ただ、とにかく大切なのは、じっくりと丁寧に診療をしていくことです。そのペースさえ崩さずにやっていれば、きっと皆さんの信頼を得られるのではないかと信じています。

最後に、読者へ向けたメッセージをお願いします。

6

とにかく大切にしたいのは、患者さんとの信頼関係です。出会わなければ関係もありませんから、まずはわからないことや、少しでも気になっていることがあれば、ぜひ気軽にお越しいただければと思います。特に症状がなくても、ご自身のことでも、お子さんのことでも、見た目が気になってという相談でも全然構いません。時間がないという方の治療の相談も、主訴をしっかりお聞きした上でアドバイスさせていただきます。決めていただくのは、あくまで患者さんです。とにかく皆さんのお役に立つことが一番です。そのために歯科医師になり、自分のクリニックをスタートさせました。口のことに何の不安もなく笑って暮らせる生活を、将来にわたってお手伝いできれば何よりだと考えています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/35万円~、小児矯正/1期矯正35万円~、2期矯正40万円~、成人矯正/70万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/15万円~、セラミックインレー/6万円、セラミッククラウン/8万円、ホームホワイトニング/1万5000円~

Access