求人情報OFF
医療法人社団珠MEDICAL 高島クリニック

医療法人社団珠MEDICAL 高島クリニック

高島 正樹院長
頼れるドクター掲載中

19167 %e9%ab%98%e5%b3%b6%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

西武新宿線、都営大江戸線中井駅から徒歩3分。教会を思わせるアーチ型の入り口をくぐり、重厚な扉を開くと、ヨーロッパ風のインテリアで整えられた広々とした待ち合いスペースにつながる。長年、日本赤十字社医療センターで、乳がんや食道がんの手術を数多く手がけてきた高島正樹院長が、2007年に「高島クリニック」を開業。今まで培ってきた知識と経験を生かし、一般診療のほかにがん検診にも力を入れている。なかでも開業直後に併設した乳腺専門の診療には、近隣者のみならず、遠方からも訪れる人が少なくない。「患者さんと向かい合って、誠意を持って診察、治療を行っている」と話す高島院長に、がん検診に対する考えや近隣に住む患者への思いをじっくりと聞いた。
(取材日2012年5月10日)

自分を必要としてくれる患者にトータルケアを提供

―この場所に決めた理由はどういったことですか?

お知り合いの先生が以前この場所で開業なさっており、何回かお手伝いに伺ったことがありました。その先生に、「引退するので、ここでやってみないか」とお声をかけていただいたことがそもそものきっかけです。当時は37歳でしたが、40歳までには開業するかどうか決断を下さなければと思っていましたので、まさにいいタイミングだったように思います。長年日本赤十字社医療センターに勤務していましたので、自分の肩書きに大きな病院の看板がなくなることと、世襲という形で医院を引き継いたわけではないので、患者さんに来院していただけるかどうか、正直不安がありました。幸い以前からかかりつけだった患者さんが引き続き来てくださり、基盤を築くことができました。前の先生に声をかけてもらった時に、開業して自分のやりたいことをやる道を選んでよかったと思っています。

―どういった年代の患者が多いですか?

近隣に長年住んでいらっしゃる70歳以上の高齢者の方が約5割くらいと思います。女性が6割、男性が4割ぐらいですね。住宅地にあるクリニックですから、ニーズに合わせて幅広く診療しています。なかでも必要とされているのは、高齢者のトータルケアです。すでに患っている内科疾患が悪くならないようにコントロールするだけでなく、新たに認知症や脳卒中といった疾患を併発した場合に家族を支援したり、介護の相談に応じたりすることも大変重要です。一般診療以外に、成人健診や人間ドック、マンモグラフィによる乳がん検診などさまざまな検査を行っていますので、新宿区はもちろん、中野区や杉並区、練馬区などから来てくださる方もたくさんいらっしゃいますよ。

―患者に接する際に気を付けていることはありますか?

患者さんの話を聞く時に、患者さんの方を向いて目と目を合わせることです。「大きな病院に長年勤務した医師は偉そうにしているのではないか」というイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、患者さんはお客さまでもありますので、きちんと向き合うことが大切だと思っています。医師と患者さんの間に必要なものはコミュニケーションであり、信頼関係です。これからもおごることなく、患者さんの立場に立った診察、治療を行っていきたいと思います。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

人間ドック/4万7000円~(オプションなどにより金額は異なる)
マンモグラフィ検査/6000円~(オプションなどにより金額は異なる)
経鼻内視鏡検査/1万5000円~(オプションなどにより金額は異なる)
がん検診/1500円~(オプションなどにより金額は異なる)



Access