全国のドクター8,457人の想いを取材
クリニック・病院 161,434件の情報を掲載(2019年10月16日現在)

あさひ内科・小児科クリニック

中村 陽介 院長

20190625 bana

2019年5月、一宮市瀬部に開院したばかりの「あさひ内科・小児科クリニック」。中村陽介院長は、複数の大規模病院で研鑽を積み、日本消化器病学会消化器病専門医や日本消化器内視鏡学会内視鏡専門医の資格を有する消化器内科の専門家。同院の診療でも数多くの検査や手術を手がけてきた豊富な経験を生かし、得意とする胃・大腸の内視鏡検査に対応。診療では消化器内科に加えて、内科・小児科・皮膚科という幅広い領域をカバーしている。患者のみならず、スタッフからも厚い信頼を寄せられている中村院長に、クリニックの特徴や診療内容などを語ってもらった。
(取材日2019年6月3日)

患者を家族と思い、過不足のない誠実な診療を提供

―開院して1ヵ月ですが、今の心境と開院への思いをお聞かせください。

開院して間もなく、不慣れなことばかりで大変ですが、幸いにも患者さんからは「近くにクリニックができてうれしい」「1つのクリニックで、内科も皮膚科も診察してもらえて助かる」と言っていただくことが多く、励みになっています。ダイレクトに患者さんの気持ちが伝わってくるので、やはりやりがいがありますね。中学から高校まで江南にある滝学園に通った私は、医師になってからも江南昭和病院や江南厚生病院に勤務し経験を積ませていただきました。ここでの開院を決意したのも「この地域の皆さんへ恩返しがしたい」という思いから。地域の皆さんに安心を提供できる、身近なかかりつけ医になりたいと思っています。

―クリニックの特徴を教えてください。

当院では内科・小児科・消化器内科・皮膚科領域の一般診療を提供しています。内視鏡を専門とする医師による胃内視鏡・大腸内視鏡検査を行っています。生まれたばかりの赤ちゃんからお年寄りの方まで幅広い年齢層の患者さんが来院されており、それぞれのニーズに合わせて柔軟に対応できる診療範囲の広さが、当院の大きな特徴だと思います。また私は内視鏡専門医として、これまで数多くの内視鏡の検査や手術を経験してきました。その専門知識と技術を生かし、安全性にこだわった苦痛の少なく精度の高い内視鏡検査をめざしており、周辺地域からも胃と大腸の内視鏡検査を希望される患者さんが多数来院されています。

―診療のモットーをご紹介ください。

まずは、患者さんを自分の大切な家族と考え、過不足のない誠実な診療を心がけています。自分自身や自分の家族には勧められない検査や治療を患者さんにご提案することはいたしません。常に「もし自分の肉親が患者さんと同じ病状だったら、どういう選択をするだろうか」と考えながら、患者さんに向き合うのが私のモットーです。また、患者さんのお話にじっくりと耳を傾け、症状や身体所見を重視した診療を大切にしています。問診や身体所見は診察の基本中の基本。当たり前と思われるかもしれませんが、血液検査やCTなどの検査結果ばかりにとらわれて、患者さんの診察をおろそかにすることがないように注意しています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

胃内視鏡検査/1万2000円、大腸内視鏡検査/1万6000円



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細