全国のドクター8,873人の想いを取材
クリニック・病院 161,496件の情報を掲載(2020年1月26日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 知立市
  4. 知立駅
  5. ちりゅう歯科
  6. 三井 誠 院長、三井 貴子 副院長

三井 誠 院長、三井 貴子 副院長の独自取材記事

ちりゅう歯科

(知立市/知立駅)

最終更新日:2019/08/28

191608 %e3%81%a1%e3%82%8a%e3%82%85%e3%81%86%e6%ad%af%e7%a7%91

名鉄名古屋本線の知立駅から歩いてすぐの場所にある「ちりゅう歯科」は、子どもから大人、高齢者まで、誰もが通える歯科医院をめざして2019年5月に開業したクリニックだ。高校時代をこの地で過ごした三井誠院長は「思い出深いこの町で開業できたことを、とてもうれしく思います」と口元をほころばせ、診療では患者にとってのより良い治療とは何かを常に考え、熱心に患者と向き合っている。また副院長を務める三井貴子先生は、治療精度を追求するだけでなく、子育て経験を生かした母子へのアドバイスにも精力的に取り組んでいるという。より良い診療の実現と正しい歯科医療の知識啓発に力を注ぐ2人に、診療にかける思いをじっくりと聞いた。
(取材日2019年5月28日)

これまで培った研鑽を生かした、広く深い診療の提供を

お二人のご経歴をお話しいただけますでしょうか?

1

【三井院長】開業前は半田市や東浦町、名古屋市のクリニックに勤務していました。年齢層や悩みの内容、治療のニーズが地域ごとにまったく違ったので、診療を通して幅広く技術を磨く日々はとても充実していました。その一方で自分のめざす診療スタイルを突きつめたいという思いが募り、開業を意識するようになりました。開業するならなじみのある土地で、と考えていた中で出身高校に近いこの場所を紹介していただけたのは、まさにご縁あってのこと。とてもうれしく思っています。
【貴子副院長】私は愛知学院大学歯学部を卒業後、名古屋市内の歯科医院で経験を積みました。土地柄もあって、患者さんの多くはビジネスパーソンやおでかけの予定と併せて来院されるご高齢の患者さんを多く診させてもらっていましたね。今はこれまでの経験に加えて、子育て経験を診療に生かしていきたいと思っています。

クリニックづくりでのこだわりを教えてください。

【三井院長】まず重視したのがスタッフの動線。スタッフが動きやすい環境なら、診療効率がアップしてより良い診療を提供できると考えたんです。4つある診療室のうち、治療メインで使用する2つは完全個室にしました。プライバシーに配慮しつつ治療時に発生する音などが院内に響かないよう、治療の“空気”を診療室内にとどめられる造りにしました。対して口腔ケアや治療後のメンテナンスを行う診療室には、あえてドアを設けていません。ケアやメンテナンスは治療と比べて自然と明るい雰囲気になりますから、その空気を院内全体で感じ取れるようにしたいと考えました。院内全体は高級感のあるデザインで統一したいと設計士さんにお願いし、照明や壁紙など細かな部分も吟味しながら楽しんでクリニックをつくり上げてくださって、僕らもうれしい気持ちになりましたね。ファミリー向けの診療室がありますので、お子さん連れで来院されるお母さんも多いですよ。

そもそも、お二人はどうして歯科医師をめざされたのですか?

2

【貴子副院長】歯科医師の家系で育ったので、幼い頃から身近な職業だったんです。特に母の影響は大きくて、歯科医師として働く母のすてきな姿を見て、幼心に「ずっと働いていける職業なのだな」と感じていました。歯科の診療はすごく細かな世界を相手にしますから根気もいりますが、それが性に合っているのかとても楽しいです。
【三井院長】僕は父の勧めがきっかけで歯学部に進学したのですが、入ってみると想像以上に大変で(笑)。治療は時間との戦いですし、高い精度が求められます。とても奥深く、責任もやりがいも非常に大きいと感じました。今は何においても本物だけが生き残れる時代ですから、妥協のない診療を追求し続けていかなければいけませんね。

対話を重視し、安心感と満足感を得られる診療を追求

先ほどおっしゃっていた、院長先生のめざす診療スタイルとはどんなものでしょうか?

3

【三井院長】当院のモットーは、あらゆるお口の悩みを根本から解決すること。歯科用CTや歯科用マイクロスコープ、手術室も設置して、幅広くどんな悩みにも高い精度で応えられるような体制を整えました。治療を進める際は、口腔内全体から問題が起きた原因を探って、ただ治すだけでなく次に悪くならない治療をめざしています。また、難易度の高い治療に際しては連携する歯科医師の先生方に協力を仰ぐこともあります。皆さん勤務医時代の恩師や先輩の先生なので、心強い限りです。

患者さんと接する際に心がけていることは何ですか?

【貴子副院長】多くの場合、患者さんは大きな不安を抱えて来院されますよね。その不安をできる限り軽くできるようにと、常に意識しているのは「沈黙をつくらないこと」「声に表情をつけること」です。治療中タオルなどで目元を覆われる患者さんにとって、耳から入る情報でしか状況を把握できません。そんな状況で沈黙が続けば不安が膨らんでしまいますから「今はこんなことをしています」と常に解説を交えて、不安感ではなく安心感を与えられるような治療をめざしています。診療中はしゃべりっぱなしですね(笑)。急な対応が求められる場面でスタッフに指示を出す際には、アイコンタクトなどで連携を図っています。私やスタッフの声は、すべて患者さんに向けて出すものと徹底しているんです。

院長はいかがでしょうか?

4

【三井院長】やはり、患者さんとの密な対話は不可欠だと思っています。個室のコンサルテーションルームで治療についてじっくり検討し合ったり、時には患者さんにとって耳の痛い内容を包み隠さずお話ししたりと、よくよく言葉を交わすようにしています。患者さんにとって、耳の痛い話なんてできれば聞きたくないでしょうが、一番不幸なのは「知らない」ことだと僕は思うんです。現状を知る機会があれば、これから何をするべきかを考える機会にもつながりますから。説明に際しては、言葉で解説するだけでなく口腔内写真や歯科用CT画像、サンプル模型などを用いて、目で見て、聞いて、触ってわかりやすく理解してもらえるように心がけています。治療の経過を踏まえながら、段階的に解説を入れるケースもありますね。

食べたいものを食べられる毎日を守っていく

歯の健康を守るために大切なこととは何でしょうか?

5

【貴子副院長】皆さんができる方法を実践することではないでしょうか。よく「親子で箸やスプーンの共有は控えるべき」といいますが、理想を実践するのはとても難しいですよね。私も母親となって痛感しました、できないことはできないんだって(笑)。それよりも、その方ができる方法を導き出して実践するのが大事だと思うんです。一人ひとりにとって「できる方法」を考えるのも私たち歯科医師の大切な役割です。もしも「できない」に直面したら、ぜひ相談していただきたいですね。
【三井院長】親御さんが健康の守り方を知り、実践していれば、お子さんも自然と健康づくりを学べると思います。だからこそまずは、親御さんが歯の健康を意識してほしいです。何より、食べたいものを食べられなければ日々を生きていくためのパワーが出ません。ご自身のためにもしっかり食べられるお口を保つのは、とても大事なのだと知っていただきたいです。

何事も「知る」ことから始まるのですね。

【三井院長】開業して改めて、「知ってもらう大切さ」を実感しました。僕らとしては当たり前の説明でも、患者さんから「ここまで説明してくれたのは初めて」と驚かれることもしばしばあります。歯の健康や治療に対する理解を深めながら、患者さんの要望の中で最大のパフォーマンスを実現できるよう、治療を進めていかなければいけませんね。また、患者さんに長く寄り添っていく上で、歯科衛生士などスタッフの協力も欠かせません。僕らだけでなく彼女たちの気づきやサポートもあって、小さな異変にすぐに気づける診療を実現できるでしょうから。知ってもらう、そして守っていく。これらを担う僕らの責任はとても大きいと思っています。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

【貴子副院長】クリニックを「治すため」だけではなく「お口のことを相談するため」の場所と思ってもらえたらうれしいですね。お困り事などを相談してくだされば、そこからどうするかを考えられますから。ちょっとした相談があって初めて、患者さん一人ひとりに合った治療やケアの実現につながるのだと思っています。
【三井院長】僕は、お口は人生や人柄を映す鏡だと思うんです。そんな口元をただ治すだけでなく、健康的で魅力ある状態で守ることにも力を入れていきたいですね。診療を通して、楽しみにあふれる人生を支えていけるよう、励んでいきます。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/45万円~、小児矯正/I期:43万円~、II期:31万円~、成人矯正/ワイヤー矯正:71万円~、マウスピース型装置を用いた矯正:86万円~ ※詳しくは医療機関にお問い合わせください。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access