全国のドクター8,462人の想いを取材
クリニック・病院 161,436件の情報を掲載(2019年10月17日現在)

ほりい歯科クリニック

堀井 幸一郎 院長

191243 %e3%81%bb%e3%82%8a%e3%81%84%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

カフェや美術館を思わせる円柱形の白い建物に、歯ブラシをモチーフにしたクリニックのシンボルマークが映える。「ほりい歯科クリニック」は今春開業したばかり。大学病院で経験を積んできた堀井幸一郎院長が「大学病院のような大きな病院と、地域をつなぐクリニックをつくりたい」と一念発起し開業した。地域の老若男女の口腔の健康づくりはもちろん、歯科治療が必須のがん患者への専門的なケアや、口腔外科の技量を生かした手術など、高度な歯科医療の提供もめざす。「口や歯だけでなく、全身の一部として歯科治療を考えています」と語る堀井院長に、めざしている歯科医療について話を聞いた。
(取材日2019年4月25日)

QOLを高めるための歯科医療を提供したい

―まるでカフェのようなすてきな建物ですね。

ありがとうございます。今年の3月30日に開業したばかりです。院内の圧迫感がなく光が差し込む建物にしたかったので、天井を高くし、通路側には窓も大きく設けました。治療スペースは半個室にして、患者さんのプライバシーに最大限配慮しています。患者さんとスタッフの導線も分けているので、ストレスなく治療を受けられると思いますよ。また、患者さんごとに器具を分け、医科水準の洗浄機・減菌機を導入し、徹底した感染対策にも力を入れました。さらにお子さんのつき添いや通院にも無理がないよう、キッズスペースの中に洗面台も備えつけて、歯磨き指導が受けられるように工夫しました。どんな年代・症状の患者さんがいらしても、ストレス少なく診療を受けられるように気を配ったつもりです。

―そもそも、先生が歯科医師をめざしたのはなぜですか?

もともと親が医師だったので影響を受け、歯科ではありますが同じ医療の道へ進むことにしました。それで進学と同時に、生まれ故郷の兵庫県から名古屋へやってきました。歯科の勉強や経験を積んでいくと、歯科はQOLを高める医療だとつくづく感じます。人生100年ともいわれる時代で、健康寿命を延ばし、生き生きと暮らすことはとても重要です。その健康の一端を支えるのが、歯科医療だと思います。歯や口だけを独立して見るのではなく、全身疾患の一部として歯科診療や口腔ケアを進めていきたいですね。

―独立開業のきっかけはどんなことですか?

名古屋市立大学病院の口腔外科でキャリアを積んでいたのですが、将来的に僕が理想とする医療をめざしたいと考え開業を意識しました。その理想の一つが、地域と大きな病院の間に立つクリニックをめざしたいと思ったこと。また、妻の地元である東海市に根づいて、地域の方を支える医療を提供したいと思い、開業を決意しました。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療/35万円~、セラミック治療/7万円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細