求人情報ON
のじま歯科クリニック

のじま歯科クリニック

野島 卓院長

190914 %e3%81%ae%e3%81%98%e3%81%be%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

三重県の中心部に位置し、日本のメーカー各社の工場が軒を連ねる亀山市と鈴鹿市のちょうど境に位置する「のじま歯科クリニック」。院長である野島卓先生は歯学部を卒業後、公立陶生病院歯科口腔外科で専門的な経験を積み、愛知県あま市のすずき歯科クリニックでは、一般歯科も含めた幅広い臨床経験を重ねた後、生まれ育ったこの地に自分が得た医療技術や専門知識で貢献したいとの思いでクリニックを開業した。院内は広々とした空間で、ベビーカーや高齢者にも使いやすいように配慮されていて、待合室にはキッズスペースも完備されている。患者とのコミュニケーションを何よりも大切にしているという野島院長に、歯科医師を志したきっかけや診療のモットーなどをじっくり聞いた。
(取材日2019年3月28日)

培った専門知識で地元医療へ貢献するために開業

―開業までの経緯を教えてください。

大学を卒業後、より実践的な勉強がしたいと考え、公立陶生病院歯科口腔外科に籍を置きました。大きな病院で、一般外科などの医科に混ざりながら口腔外科の勉強をさせてもらいました。夜勤や手術室での手術も経験し、大学を卒業したばかりのまだ何も吸収していない時に幅広い知識を体にしみ込ませてもらったことをとても感謝しています。当初から地元である亀山での開業を考えており、患者さんと対峙しながら地域医療に貢献したいとの思いから大学病院には残らず、僕自身が力を入れたいと思っていた口腔外科にも力を入れている、愛知県あま市のクリニックに勤務することにしました。亀山と土地柄が似ているあま市で経験を積んだ後、2018年に開業しました。

―クリニックにはどのような患者さんが通われていますか?

亀山にはメーカーの工場などが多く働き盛りの壮年期の方やお子さん、ご高齢の方など幅広い患者さんがいらっしゃいます。この辺りは幹線道路沿いでもあるのですが、当院の横の道は住宅街への入り口にもなっているため、近所の方が通いやすいと思いこの場所を選びました。親子孫3世代で一緒に住まれている方も多く、昼間はおじいちゃん、おばあちゃんがお孫さんを連れていらっしゃったりします。夕方はお仕事帰りの方が多いですね。高齢の方ですと今までご自身の口内に関心を持っていただけなかったこともあるようで、歯が欠損してもそのままという患者さんが多くいらっしゃる印象です。その場合は歯が欠損したまま何も入れなかったらどうなるのかという点から説明し、予防歯科の大切さもお話するようにしています。スタッフも30代半ばの子育て世代が多く、子どもの患者さんにも落ち着いて対応できるような体制を整えています。

―先生が歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

もともと父や兄が医師だった影響で医療関係に進みたいと思っていました。また、父や兄が地域医療に携わっているこの亀山の地で自分も地域貢献をしたいとも考えていました。手先を動かすことは昔から好きだったものの、大学に入るまでは歯科が自分に合っているかわからなかったんですが、実際に診療に携わってみて、やりがいを実感しました。公立陶生病院や歯科クリニックで勉強した知識と技術を亀山に還元したいと思っていたところ、学校医もしている兄から亀山は歯科医師が少なく困っている人も多いと聞き、この場所への開業を決めました。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療1本/30万円~(税別)
※症例により異なる



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細