全国のドクター9,011人の想いを取材
クリニック・病院 161,457件の情報を掲載(2020年2月28日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 杉並区
  4. 下井草駅
  5. うえだ眼科クリニック
  6. 上田 至亮 院長

上田 至亮 院長の独自取材記事

うえだ眼科クリニック

(杉並区/下井草駅)

最終更新日:2019/08/28

189286 %e3%81%86%e3%81%88%e3%81%a0%e7%9c%bc%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

日常生活において、人が視覚から得る情報は多い。そのぶん、眼に何らかの異常が起きたときに受ける苦痛も大きいものだ。下井草駅前に開院した「うえだ眼科」は、ちょっとした違和感から、子どもの弱視、白内障や眼瞼下垂の手術まで、さまざまな「眼の悩み」に対応。「患者さんとその家族の不安を和らげてあげられるよう、丁寧に、ゆっくり向き合うことを心がけています」と話すのは、院長の上田至亮先生。専門知識がない人でも理解できるよう、眼の状態や治療法について話す際はできるだけ平易な言葉を選ぶようにしているそうだ。「眼に何かあったら、ここに来れば大丈夫」と思わせてくれるような、優しく、それでいて理路整然として淀みがない話し方の上田先生に話を聞いた。
(取材日2018年11月8日)

総合病院との連携で、入院が必要なケースにも対応

下井草に開院なさったのは、杉並区、練馬区の地域医療に貢献したいという思いからだったそうですね。

1

はい。防衛医科大学病院、自衛隊中央病院で研鑽を積んだ後、2013年から荻窪病院の眼科部長としてこの地域の患者さんの診療にあたってきました。下井草での開業を決めたのは、担当してきた患者さんを引き続き診られるように、また、地域医療の課題を解決し、より地域に寄り添った医療を提供できるようにという思いからです。以前から西武新宿線を利用していたので、親しみもありました。都心でありながらどこかベッドタウンのような雰囲気で、落ち着いた町ですね。お年寄りからファミリー層まで、幅広い年代の方が住んでいる印象です。あらゆる患者層に対応できるよう、院内は車いすでもそのまま利用できるバリアフリー仕様にし、トイレにはおむつ替え用のベビーシートも設置しました。

地域医療の課題とは、具体的にどのようなことでしょう。

最近は大学病院や総合病院など、入院設備がある施設でも日帰り手術への移行が進み、車いすで介助が必要なために通院が難しい方、合併症があって入院が必要な方が非常に困っていらっしゃいます。開業医の先生方からご相談を受けることも多かったので、今度は自分が地域に寄り添った身近な医療を行いながら、そうした患者さんをサポートしていきたいと考えました。現在、当院では火曜日の午後を手術日として白内障や眼瞼下垂、まぶたにできた腫瘍の除去といった日帰り手術を行っていますが、木曜日は引き続き荻窪病院で手術を行い、入院が必要な患者さんの橋渡しをしたり、手術後の患者さんのケアをしたりできる連携体制を構築しています。

とても安心できる体制ですね。こちらだけでも、かなり幅広い手術に対応していらっしゃる印象です。

2

これまで、開業医の先生方からのご相談が多かった眼瞼下垂やまぶたの腫瘍を中心に、多くの白内障手術、眼瞼手術を手がけてきました。当院では、蓄積してきた経験とノウハウを生かして、総合病院とほぼ変わらない内容の手術を行っています。違いは入院施設がないということくらいですね。日常生活で感じたちょっとした違和感から、手術を要する病気まで、何でも相談できるかかりつけ医でありたいと思っています。ちなみに、ご家族から希望があれば、手術は見学も可能です。手術室についている窓から直接見学できるほか、別室でモニター鑑賞もできるので、気軽にお問い合わせいただきたいですね。大事な家族に、今、何が行われているのかを目で見て理解してもらうことによって、少しでも不安を解消できればと思っています。

視能訓練士が子どもの弱視や斜視の検査・訓練を実施

子どもの患者に対する診療についても教えてください。

3

お子さんの場合、学校の検診で視力が落ちていると指摘されたというご相談が多いですね。他の病院で斜視と診断された場合など、セカンドオピニオンでの受診もあります。また、当院には視能訓練士が常駐しているので、両眼視機能に異常がある斜視のお子さんや、弱視で両眼視機能を回復させる必要があるお子さんの検査や視能訓練にも対応しています。弱視や斜視の治療には早期発見・早期治療が欠かせませんが、町のクリニックでは視能訓練士がいないところも多く、検査が難航するケースが少なくありません。視能訓練士は視力の検査と治療のプロフェッショナルですから、自分の症状をうまく説明できなかったり、検査に対する集中力が続かなかったりする小さなお子さんでも丁寧に対応させていただいています。

ほかに得意とされている治療はありますか。

加齢黄斑変性による視力低下を抑える抗VEGF硝子体注射ですね。抗VEGF硝子体注射は一定のペースで複数回行うものですが、網膜の断面の状態を詳しく調べられるOCT(網膜光干渉断層装置)を活用することで、患者さんの負担を軽減する工夫をしています。血管内の状態を見ながら治療を行う新しいタイプのOCTを使うことで、加齢黄斑変性を引き起こしている異常な血管からの出血の抑制や、アナフィラキシーショックの回避なども期待できるようになりました。また、眼瞼痙攣の治療にも力を入れています。眼瞼痙攣は、まぶたを開けたり閉じたりする機能に異常が起き、眼が開けにくい、まばたきが多いといった症状が出る病気です。まぶしさを訴える人も多いですね。当院では症状を抑えるため、ボツリヌスA型毒素という薬剤を目の周辺の筋肉に注射するという治療を行っています。

新しい機器や先端治療を積極的に取り入れていらっしゃるのですね。

4

開業を決めたもう一つの理由に、常に新しく、よりよい治療を追求したいという思いがありました。大きな病院には大きな病院ならではの良さがたくさんありますが、小回りが利きにくいのが難点です。例えば機器のリニューアルや新しい治療法の導入など、やりたいと思ってから実行できるまでにタイムラグが生じてしまうんですね。その点、開業医という立場なら、やりたいと思う医療に挑戦することができます。開業医レベルでできる治療と、治療に必要な機器は現時点でほぼすべて網羅していると思うので、今後は白内障手術の際に使用する多焦点眼内レンズなどの特殊治療も取り入れていきたいですね。

「見える」喜びの瞬間に立ち会えるのが最大のやりがい

眼科の医師として、やりがいを感じる瞬間を教えてください。

5

見えなかったものが見えるようになる、その感動の瞬間に立ち会えることですね。眼科の医師をめざしたのも、白内障で曇っていたレンズが手術で驚くほどきれいになり、患者さんが「すばらしくきれいに、本当によく見える」と医師に感謝している様子を見たのがきっかけでした。実際に見た術後のレンズの美しさと、患者さんが心の底から喜ぶ姿が印象的で、「これはすごい手術だ」と思ったんです。眼科医になってからも、手術をした翌日に病室へ回診にいったら、患者さんがベッドに正座されて待っていてくれたことがありました。私に向かって手を合わせて、「先生は神様のようです、ありがとうございました」と言ってくださったのには恐縮しましたが、これまで見えないまま生活していたつらさと、また自分の力で生活していくことができる喜びが伝わってきて、うれしかったですね。こうした患者さんとの出会いが、眼科医として働く原動力になっています。

患者さんと接する際、どのようなことを心がけておられますか。

患者さんとそのご家族が安心して治療に向かえるように、インフォームドコンセントを徹底することです。難しい専門用語はできるだけ避けて、納得していただけるまで丁寧にご説明するようにしています。患者さんは何らかの不安や心配を抱えて来院されるわけですから、単に症状や治療法についてお話しするだけでなく、心の緊張を和らげてあげられるような言葉をかけてあげたいですね。手術の際も、患者さんを不安にさせないこと、そしてトラブルを起こさないことを第一に考えて、スピードよりもゆっくり確実に行うことを心がけています。

最後に、読者にメッセージをお願いいたします。

20181126 6

『患者さんを自分の家族だと思って治療方針を決定する』。これが私の診療のスタンスです。医療は日々進歩しており、一つの疾患に対する治療方針は次々に刷新されていきます。常に学びを怠らず、治療の引き出しを増やして、一人ひとりの患者さんに最善の方法をご提案していきたいと思っています。地域のあらゆる世代の方に対して、わかりやすく安心できる医療を提供してまいりますので、目に関する悩みがあればお気軽にご相談ください。

Access