全国のドクター9,378人の想いを取材
クリニック・病院 160,976件の情報を掲載(2021年1月19日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 大田区
  4. 平和島駅
  5. 沢田通り歯科
  6. 菅野 友太郎 院長

菅野 友太郎 院長の独自取材記事

沢田通り歯科

(大田区/平和島駅)

最終更新日:2020/04/01

188062

平和島駅から徒歩8分、大森駅から徒歩15分、環状七号線と沢田通りの交差点角地に位置する「沢田通り歯科」。菅野友太郎院長が2018年8月にオープンしたばかりの同院に足を踏み入れると、待合室は清潔感にあふれ、患者がリラックスして過ごせるように意識された色彩や間接照明が心地良い。診療室の各ユニットは広々としてゆったりと治療を受けられそうだ。また、治療計画などはプライバシーに配慮したカウンセリングルームでじっくり説明しているのだという。その場しのぎの治療ではなく、口腔全体から原因を探り根本的な解決につながる、包括的治療を行うというコンセプトのもと「患者さんが納得し望まれるベストな治療を提供したい」と語る菅野院長に、これまでの歩みや診療スタンスについて話を聞いた。
(取材日2018年08月24日)

患者の健康を全力でサポートする歯科医療をめざして

どのような方針に基づいて開業されたのですか。

1

患者さんの人生が健康で素晴らしいものとなるように、私たちができる全力の歯科医療でサポートしていきたいと考えています。患者さんとじっくり向き合い、しっかり治していきたいという私たちの思いを患者さんに感じていただくため、院内は落ち着いてゆったりと過ごせる空間にしたかったんです。ここはもともと歯科医院だった建物を改装したのですが、5台あったユニットを3台に減らしてスペースに余裕を持たせました。調度品も落ち着いたデザインのものを取り入れています。また、すっきりとシンプルな造りにすることで患者さんも動きやすく、スタッフも仕事がしやすい空間をめざしました。

この場所を選ばれたのはなぜですか。

得意とするインプラント、全顎治療のニーズが高く、患者さんにじっくり向き合える環境、そして1階角地という条件で探していました。ここは駅からのアクセスが抜群とは言えませんが、車で来るには便利な場所なんです。環七沿いですからね。品川からタクシーに乗って来ていただいてもいいですし。私たちがめざす診療を理解し、納得してくださる患者さんに来院いただきたいので、車でのアクセスのほうを重視しました。

患者さんの反応はいかがですか。

2

患者さんは、もともとここにあった歯科医院に通っていた方が多いですね。開業前の内覧会に来てくださって、当院のコンセプトを理解されて来院される方もいらっしゃいます。年齢層としては60~80代の方が7割以上、あとは30~40代の方ですね。比較的若い方だと当院のウェブサイトを見て来院される方もいらっしゃいますし、ご紹介で来てくださる方も少しずつ増えています。一方で「自費診療だけじゃないの? 保険診療もやっているの?」と聞かれることもありますが、「患者さんにお口の状態を丁寧にご説明し、患者さんご自身が納得して選んだ治療をしっかりやっていきます」とお話ししています。

高度な知識、技術とともに医療倫理を備えた歯科医師に

歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

3

子どもの頃、親の仕事の関係で引っ越しが多く、その度に新しい環境でどのように人と関わっていこうかと考えていました。周囲と良い人間関係を築きたいという気持ちが根底にあるので、もめたくないし、他の人にももめてほしくない。そんな中でどういう自分でいればいいのかと。引っ越しと転校を繰り返すうち、前向きな良いことを積極的に共有することが周囲にとっても自分としても居心地が良い、という答えが見つかったんです。それが人の役に立つ仕事をしたいという考えにつながったんでしょうね。高校に入学した頃から人の役に立てる仕事として医療の道を考えるようになりました。そして、面接試験対策でさまざまな本を読んで医療倫理などを勉強するうちに、こういうしっかりした治療をするって素晴らしいな、自分が進むべき道はこれしかないだろうという思いが強くなっていったんです。

開業までの歩みをお聞かせください。

研修医として入ったのは歯科医師が70人以上の医療法人。たくさんの歯科医師がいたので、先輩方の良いところをどんどん吸収していったつもりです。3年半在籍してそれなりに知識も技術も身につけたつもりでしたが、一方で難易度が高い治療をしていながら患者さん想いの先生のもとで学びたいとも思っていました。そんな時にオールラウンドに歯科医療の向上をめざす団体の石川先生に出会い、自分の治療の質の低さを思い知ったんです。頼み込んで浜松にある先生のクリニックに勤務させてもらい、インプラントなどの技術ともう1つ重要な、医療倫理を学びました。自分が良い治療を知ったら患者さんにそれを提案するべきである。お金も時間がかかるがきちんと説明して、やるかどうかは患者さんが決めること。患者さんの希望に応じた治療をすることが重要だと。

医療倫理のことを詳しく教えてください。

20190522 4

NBMという言葉があります。これは物語に基づく治療という言葉の略語なのですが、医療者が患者さんの背景を理解し抱えている問題に対して全人的にアプローチをするということです。例えばカウンセリングを行う際、その患者さんと似た症例の写真を見せながら100%の治療までをイメージしてもらうのですが、治療については患者さんそれぞれの状況があるため、必ずしも100%の治療は求めすぎないということです。もちろん後々不具合が生じる場合があれば歯科医師としてしっかり説明をさせていただきますし、その都度不安な点があれば患者さんが納得するまでおつき合いさせていただきます。極論を言えばここで治療しなくても近くのクリニックでできるものであればそちらをお勧めすることもあります。途中で治療を止めてしまうのが一番もったいないですし、その場合は写真なども持って帰ってもらって別のクリニックでも治療できるようにしていますよ。

患者の幸せに貢献するため努力し続ける

特に自信をお持ちの診療についてお聞かせください。

5

何をしたら一番患者さんが幸せになるか考え、患者さんにベストな治療を提案することにおいては自信を持っています。それがインプラントでなくてもまったく構わないんです。オペが怖いとか、全身疾患があるとか患者さんにはそれぞれ事情があるものです。では他にどんな選択肢があって、その場合のデメリットも含めきちんと伝えるということが重要なんです。開業前に勤務していた浜松のクリニックではずっとそういうことを蓄積していて治療経過の写真もあって、私は許可をいただいて開業後も患者さんへのご説明の際にその写真を使わせていただいています。患者さんにとって一番いいものを自信を持って提案できるというのが私の強みですね。

診療にあたりどのようなことを心がけていますか。

家族や友人、知人を幸せにしたいという思いがベースにあり、そのような治療を多くの方に提供したいと考えています。痛みを取り除くためのその場しのぎの治療ではなく、お口全体から原因を探り根本的な解決につなげる「包括的治療」をめざし、長期的に良好な状態を維持できるベストな治療を提案するようにしています。そのためには歯科医療を幅広く知っておく必要があり、いろいろな分野の勉強をしているのはそういう理由からです。患者さんの望む治療を実践するため、当院では初診の方全員にまずカウンセリングを受けていただきます。口腔内写真の撮影や歯周検査などによりお口の状態を把握しご説明するという流れです。

新しく取り組んでいる治療などはありますか?

6

最近で言うとメンテナンスですね。健康な人にもその状態を維持してより健康になっていただけるようなプログラムを提供したいと考えています。予防というものは歯科医院に通うだけでは意味がなく、患者さんご自身で行うセルフケアがとても大事になってきます。唾液検査やカリエスリスクなどの数字を出すのもその一つで患者さんにどうモチベーションを持ってもらうかが大事なんですね。そのため当院ではセルフケアを専門的に取り組んでいる歯科医院の歯科衛生士からその技術を学び、当院の診療に生かしてメンテナンスに取り組んでいます。

どのようなクリニックにしていきたいですか。

治療と予防の両輪で一人でも多くの患者さんの幸せに貢献できればうれしいです。歯科治療は専門的で難しいこともありますが、患者さん自身が理解して納得して進めるべきものです。当院ではご理解いただくまで何度でも説明しますし、場合によってはご家族に来ていただいてご説明することもあります。すべての患者さんに歯科治療を通して幸せになっていただくために今後も努力し続けたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

・インプラント治療/40万円~
・歯列矯正/30万円~
・根管治療/3万~10万円
・自家歯牙移植/15万円~

Access