ひかり歯科クリニック

ひかり歯科クリニック

浅賀 知記院長

187803 %e3%81%b2%e3%81%8b%e3%82%8a%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

「ひかりと空の歯医者さん」をコンセプトにする「ひかり歯科クリニック」は、その名のとおり明るく開放的なクリニックだ。院内は天井の高いホテルのロビーのような広々とした待合室、プライベート空間が確保された診察室、一面ガラス張りのキッズスペースも。院内全体に広がるスタッフたちの笑顔と浅賀知記院長の温かな人柄もあいまって院内には温かな雰囲気が広がっている。クリニックでは予防歯科に力を入れている浅賀先生。「地域の歯科として、広い受け皿を持っていたい」と話す診療へかける思いを聞いた。(取材日2018年7月23日)

晴れ渡る空のイメージに込めた通いやすさへのこだわり

―「ひかり」の名前のとおり、明るくて開放的なクリニックですね。

ありがとうございます。中が見えたほうが院内に入りやすいと思い、できるだけガラス張りにし、外から院内が見える造りにしました。「ひかり」という名前は、もともと子どもにつけたいと思っていた名前。私が宇宙好きなことと、妻が空港で働いていたことをかけ合わせ、空にちなんだ名前にしようと話していました。結局、2人いる子どもには「月」を入れた名前をつけ、クリニック名に「ひかり」を採用。ロゴマークとクリニック名の「科」にも月のデザインが入っています。当院のコンセプトは「ひかりと空の歯医者さん」。歯科らしくない歯科をめざし、こざっぱりと整理された室内と明るさを大切にしています。

―独立したキッズルームがとても印象的です。

こぢんまりとしていますが、設計の中で一番こだわった場所です。実家で10年院長を務めた後、改めて勉強をするためにお世話になっていた先生の方針に共感し、今の自分のスタイルはいろいろな面でその先生を参考にしています。キッズルームもその一つ。その先生のクリニックは、当院の待合室の3倍ほどの広さがあってまるでテーマパークのようでした。当院はキッズライブラリーをイメージしています。健康なお口の状態を保つためにも、子どもが歯科に来たいと思える工夫は必要。先生のクリニックのように、子どもの笑顔が集まってくれたらうれしいですね。

―すてきな先生なのですね。診療面ではどのようなところに共感されたのですか?

実家の歯科は「丁寧な治療を行って、患者さんの満足度を高める」という治療方針。お世話になった先生は、そこからさらに「患者さんの満足とは何か?」を考える方でした。よく考えれば当たり前のことですが、歯科医師の思う“良い治療”と患者さんが求める“満足できる治療”は違います。その先生はそれをよく理解されていて、クリニックへの通いやすさ、歯科やスタッフの雰囲気に重点を置いていました。それ以来、丁寧な治療を行うことはもちろん、さらに患者さんに満足してもらうためにはどうしたらいいかを追及していく中で、このクリニックに行きつきました。実際に患者さんたちの満足度を肌で感じ、自分がやりたいスタイルはこれだと思っています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細