医療法人社団白浩会 横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター

医療法人社団白浩会 横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター

白井 崇浩理事長、粟野 祐司院長

20190204 bana

そごう横浜店の9階に、2017年11月に開業した「横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター」。洗練された雰囲気の院内には季節の生花が飾られ、ほのかにアロマが香る。大きな窓からは横浜の街が一望でき、サロンのように特別感のある空間となっている。診療室は完全個室で、オペ室も併設。先進の歯科用顕微鏡やデジタルCTをそろえている点も特徴だ。「最高の笑顔を患者さまに」「通って本当に良かったと思えるクリニック」「安心、安全、信頼をみなさまに」をコンセプトに掲げ、グループを束ねるのは白井崇浩理事長。院長を務める粟野祐司先生とともに、クリニックの特色や方針、患者への思いなどについて聞いた。
(取材日2018年12月25日)

専門性の高い各分野の治療を一つの場所で提供

―2017年11月に開院されたのですね。

【白井理事長】エス歯科グループとしては、上大岡、新横浜に続き3院目のクリニックとしてオープンしました。そごう横浜店の中に開院したのは、遠方からも通いやすいターミナル駅で、名前を聞いてすぐに場所がイメージできるところが、患者さんにとって利便性が高いと考えたためです。高層階にあり、窓から横浜の街が見渡せる点も気に入っています。開院にあたり、何より人柄のいい粟野先生に院長にご就任いただきました。
【粟野院長】白井理事長と出会ったのは、以前勤務していたクリニックです。当時から高い治療技術があり、ついていきたいと思えるような方でした。その後、さまざまなクリニックで技術を磨いてきましたが、こちらのクリニックが開院するということで声をかけていただきました。患者さん第一の治療、家族や自分がされたい治療を行うというコンセプトに強く共感し、現職に就任した次第です。

―クリニックの特色はどのようなところにありますか?

【白井理事長】クリニック全体としては、各分野の専門家が在籍しているため、広い治療の選択肢の中から総合的に判断して、さまざまな治療を組み合わせて提供できる点が強みです。例えば虫歯治療だけでなく、抜歯や矯正なども含めて一つの場所で対応できますし、それをきちんとコーディネートできる歯科医師・スタッフがそろっています。より良い治療のためには患者さんが何を望まれているのかきちんとヒアリングすることが大事ですが、まずは全体的にお口の中の状態を診断し、問題点を抽出。動画や静止画を用いながら、お口の中の見えない部分までお見せして現状を正しく理解してもらうよう努めています。そして歯科の正しい知識を頭に入れていただいた上で解決策を複数提示し、治療を選択していただくという形を徹底しています。

―患者層や治療内容を教えてください。

【粟野院長】当院にお越しくださる患者さんはお口の健康に対する意識が高いと感じます。歯が痛いという主訴を抱えていらっしゃる場合でも、そこだけ治してほしいというよりは、口腔内を全体的に良くしてほしいと、総合的に治療に取り組まれるケースが多いですね。具体的な治療内容としては、特にインプラント治療や根管治療、審美に力を入れています。矯正のニーズも高いです。最近はマウスピース型装置を用いる矯正を選択される方が多いと感じます。職業柄ワイヤーの装置は着けられないけれど、マウスピースなら、ということで年齢を重ねてから矯正に取り組まれる方も少なくありません。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

マウスピース型装置を用いた矯正/60万円~、インプラント治療/30万円~、補綴治療/15万円~、顕微鏡根管治療/6万円~



Access