森本歯科医院

森本 充展院長

187223 %e6%a3%ae%e6%9c%ac%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

野田駅より徒歩3分の場所にある「森本歯科医院」は、ファミリー層から高齢者、近隣の飲食店やオフィスに勤務する人まで、幅広い層の患者が通うクリニックだ。「なんとかします!」が診療モットーの森本充展院長は、あらゆる症状や歯に関する悩み、相談をすべて受け入れ、急患にも柔軟かつ迅速に対応。患者を第一に考えるその真摯な診療姿勢が多くの患者の信頼を集め、勤務医時代の患者も森本院長の診療を受けに同院に通っているという。患者と丁寧に、長い付き合いをしていきたいという森本院長に診療モットーや力を入れる診療について話を聞いた。
(取材日2018年8月20日)

じっくり患者と向き合う地域密着型の歯科医院

―開業前、同じ歯科医院に長く勤務されていますね。

大学卒業後、大阪府箕面市内の医院に10年ほど勤務していました。近隣の患者さんをメインで診る地域密着型のクリニックで、ここで学んだことが今の診療に大きく影響していると思います。まず、地域に根差したクリニックの場合、治療をしたその後、どうなっていくのかを知ることができるという点です。やって良かった、こうしておけば良かったなど、治療後も引き続き患者さんとコミュニケーションを取りながら判断できますし、じっくり向き合えます。小さい頃から通っている子は高校生くらいになってからも来てくれるので、その後の経緯がよくわかるんです。やりっ放しではなく一貫して診れるのがいいなと思い、開業する際もそういった地域密着型の長く通える歯科医院にしようと思いました。こういった経験は教科書には載っていない部分。患者さんの声や現場から学ぶ大切さを知りましたね。

―開業の方向性が見えたのですね。

地域密着型の歯科医院でじっくり患者さんと向き合っていきたいと思い、開業場所を探す時も、ファミリーや地域住民の方が多い地域を中心に探しました。当院周辺も飲食店が多いイメージがありますが、タワーマンションが増えたこともあり、ファミリー層や高齢者の方も多く通院いただいています。また、勤務医時代にもう一つ学んだことがあります。コミュニケーションを密に取って、納得してもらえてこその治療だという点です。意向はあっても実際できるかできないかはやはりあります。かと言って、こちらの意向だけで進めていくものではない。患者さんとじっくり相談しながら、結果納得していただいて治療にあたることが何よりも大切だと気づかされましたね。そういった点を評価して信頼いただいてるのか、今も前の歯科医院のある箕面辺りから来てくださる方もいますね。

―そもそも、先生が歯科医師をめざしたきっかけは?

子どもの頃から生き物が好きだったのと、あとは父が美術教師をしていた影響か手先が器用だったので、細かい作業をするのが好きだなと思っていました。そんな時、大学のオープンキャンパスがきっかけで医療系に興味を持ち、この道も面白いかなと歯科の道をめざすようになりました。今思うと、自分のやりたいこと、めざしたいものに、自然と歯科の世界が合ったのかなと思います。出身は三重県なので、開業した大阪とは関係はなかったのですが、大学で大阪の方がかなり多く、卒業してからも縁があって大阪の歯科医院で修行をすることになり、開業をするかたちとなりました。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細