全国のドクター8,866人の想いを取材
クリニック・病院 161,499件の情報を掲載(2020年1月24日現在)

  1. TOP
  2. 千葉県
  3. 松戸市
  4. 秋山駅
  5. 松戸秋山いけだ歯科クリニック
  6. 池田 寛輝 院長

池田 寛輝 院長の独自取材記事

松戸秋山いけだ歯科クリニック

(松戸市/秋山駅)

最終更新日:2019/08/30

186742 %e6%9d%be%e6%88%b8%e7%a7%8b%e5%b1%b1%e3%81%84%e3%81%91%e3%81%a0%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

北総鉄道北総線秋山駅から徒歩2分とアクセスの良い立地に開業した「松戸秋山いけだ歯科クリニック」。2018年4月に開業したばかりだが、すでに多くの患者が口内環境の改善を目的に通院している。院長の池田寛輝先生は、勤務医時代から患者に対して「丁寧な説明と治療を行う」ことをモットーとしており、その真摯な姿勢を信頼して前クリニックから引き続き池田院長を頼って訪れる患者も多いという。白と赤のコントラストが美しい清潔感あふれる院内は、とてもゆとりのある造りとなっていて、治療中の患者が心地良く過ごせるようさまざまな面で配慮されている。「ずっと開業したいと考えていた」と語る池田院長に、開業までの経緯や診療のモットーなど、広い視点から話を聞いた。
(取材日2018年5月1日)

より患者に寄り添った医療を提供

まずは、こちらに開業された経緯を教えてください。

1

勤務医時代から「自分のできる最大限の治療を患者さんに提供したい」という気持ちが強く、早い段階で開業したいと考えていたんです。そのためにさまざまな経験や技術を身につけ、この度、満を持して開業への運びとなりました。秋山という土地を選んだ理由は、大学が松戸だったので松戸近辺で開業したいと考えていたことと、北総線沿線に妻の実家があるということが大きかったです。妻は現在第2子を妊娠中ですが、歯科衛生士として当クリニックを手伝ってくれており、その間義母がもうすぐ2歳になる上の子を見てくれているので、とても助かっています。

院内も清潔感があって、すてきですね。

居心地の良い空間にしたかったので、随所に工夫をこらしました。色合いについては、白と自分が好きな赤を中心としました。天井も高さを取ってより広く見えるようにした点もこだわりの一つです。また、ゆとりのある造りにもこだわっています。バリアフリーなので車いすやベビーカーも気軽に入ることができますし、ユニットの横にベビーカーを置けるだけの広さがあるので、お母さんがお子さんと離れることなく治療を受けられるのも特徴です。また、口腔外科手術や歯科用マイクロスコープを使うときに利用する個室の治療スペースも設けています。

来院する患者さんはどんな方が多いですか?

2

当院には全体的に幅広い年齢層の患者さんが来院されますが、中でも30〜40代の子育て世代の方が多い印象です。皆さん口内への意識が高く、「痛い所だけ治して終わり」ではなく、ほかにも悪い所を指摘すると「悪い所は全部治したい」ときちんと通ってくださいます。お子さんや高齢の方でも、ひどい虫歯になっている患者さんは少ないですし、診療予約の無断キャンセルもなく、ありがたいです。また当院ではインプラント治療から歯周病・虫歯治療、入れ歯やかぶせ物まで、幅広く診療に対応しています。矯正治療は月2回専門の先生に来ていただく予定です。それ以外は私が行います。自分の手で口内環境を改善したいという思いが強いため、幅広い診療に対応できるよういろいろと勉強して経験を積んできました。

患者と相互に理解し、丁寧な治療を行う

診療内容が幅広いですが、先生のご専門はなんですか?

3

どの治療も幅広く勉強してきましたが、歯周病治療を専門に学んできたので、力を入れていきたいです。どんなに歯をしっかり治療しても、やはり土台である歯茎が健康でないと意味がありません。「せっかく治療するのだから」とかぶせ物など良い物を入れたいという患者さんには特に歯茎を大切にし、治療した歯をより長く良い状態に保ってもらいたいです。そのためにも、歯周病治療で通常省かれやすい検査も丁寧に行い、段階を踏んで問題をつぶしていきます。その分時間がかかってしまうのですが、患者さんも「きちんと治療してほしい」と考えてくださる方が多いので、理解していただいた上で治療を進めています。

診療において大切にしていることはありますか?

勤務医の頃から、治療前と治療後の説明を丁寧に行うことは常に意識していました。治療する前には、現在の歯の状態やこれからどんな治療をするかを説明。そして治療後は治療したことでこんなふうに状況が改善したよ、という説明をします。丁寧に話すことで患者さんとの信頼関係が築け、患者さんの治療に対する意欲も高まるようです。説明と同様に、治療も丁寧に行うことを心がけています。簡略化してしまいやすい工程もきちんと取り組むことが、症状の改善につながると考えているからです。また、クリニック内の衛生面の管理にも幅広く配慮しています。器具を滅菌パックするのはもちろんですが、滅菌パックできない場合は使い捨ての物を使用するほか、滅菌器も「クラスB」という国際的に厳しい基準の滅菌器を導入しています。

治療機器にもこだわってらっしゃるのですね。

患者さんに口内の状況を目で見て理解していただくための口腔内カメラや、負担をかけずに歯の型採りが行える歯科用3Dスキャナー、歯科用マイクロスコープで実際に私が見ている口内の映像を動画保存できる機器など、さまざまな治療機器を導入しています。治療後に、実際どのような施術を行ったのか映像で見ていただく場合もあります。削っているところまでしっかり確認していただくことで、患者さんが治療に不安を感じることのないよう配慮するよう心がけています。他にも、レーザー治療の機械を導入するなど、さまざまな治療機器を用意することは、患者さんにとって治療の選択肢を広げることにつながると考えています。

お子さんの治療に関して、何かこだわっていることはありますか?

4

歯科医院に慣れていないお子さんも多いので、いきなり治療をはじめるのではなく、段階を踏んで診療を進めることを意識しています。まずは雰囲気に慣れてもらって、私や衛生士が歯磨きをしてあげることで口を開けることに慣れてもらいます。その際、実際磨き残しが多いので、汚れを口腔内カメラでお子さんと親御さんに見てもらい、「ここが汚れているからきれいにしようね」と、歯磨き指導を行ったりしています。また治療道具を見せたり、時には触ってもらうことでお子さんの不安をとってから治療に入ります。子どものうちから歯科医院に通う習慣をつけることで、痛みのひどい治療などを未然に防ぎ、きれいな口内環境も維持しやすくなります。スタッフもお子さんをお持ちの方が半数以上を占めており、お子さんへの対応も慣れていますから、安心して来院いただきたいと思います。

「地域のかかりつけ医」として成長していく

スタッフに意識的に指導していることはありますか?

5

スタッフは経験者と未経験者、どちらも在籍しているのですが、みんな熱意を持って頑張ってくれているのでとても感謝しています。細かく指導するということはほとんどないのですが、常に笑顔でいてほしいということは伝えていますね。スタッフの雰囲気は患者さんにそのまま伝わりますので。また、スタッフには何か意見があれば積極的に話すようにも伝えています。スタッフにとても恵まれていると思っています。

休日の過ごし方を教えてください。また、健康のため意識していることはありますか?

先日お休みを頂いたのですが、その時は家族で船橋のショッピングセンターに買い物に行きました。健康に関しては正直なところあまり意識できていないのですが、開業して自分のやりたい診療ができるようになったからか、体がきついと感じることはまだありませんね。開業前はゴルフや野球などのスポーツを楽しんでいましたが、今は忙しくてなかなかできないので、落ち着いたら少し体を動かしたいと思っています。

最後に、今後の展望や読者へのメッセージをお願いします。

6

この地域で生活されている患者さんの口内環境を良い状態で維持できる、「地域のかかりつけ医」をめざしたいです。勤務医の頃はいろいろな歯科医院を転々としてきた患者さんが多く、「やっと良い先生に出会えた」と言っていただけることがたびたびあったのですが、今後も多くの方にそう言っていただけるよう尽力していきたいと思います。また、当クリニックでは幅広い年代の患者さんが居心地良く治療を受けられる環境を整えていますので、気楽に来院していただけたらうれしいです。ウェブ予約システムを導入しているので、スムーズに受診していただけますよ。ご自分の口内の相談はもちろん、ご自分の治療ついでにお子さんの口内で気になるところがあれば、ぜひご相談ください。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access