とみたまさこレディースクリニック

とみたまさこレディースクリニック

富田 雅子院長
新規開院

20180627 bana

駒込駅から歩いて数分の閑静な住宅街に、2018年2月に開業した「とみたまさこレディースクリニック」。院長の富田雅子先生は、基幹病院に長年在籍し、多くの患者と接してきた。勤務医の時に自分を頼って来てくれた患者を、今度は開業した自分のクリニックで引き続き診てあげたいという思いから、アクセス便利な山手線沿いのこの地にクリニックを構えた。開業後は、予想以上の患者の多さに富田院長自身も驚きを隠せないようだが、朗らかで明るく何にでもはきはきと答えてくれる富田院長の人柄があってのことであろう。そんな富田院長に、開業するまでの話と、診療に対するスタンスなどを聞いた。
(取材日2018年6月18日)

友人と家族の協力があって開業できたクリニック

―勤務医を長くされていたそうですが、開業の計画は以前からあったのですか?

まったくありませんでした。複雑な経緯から開業することを決めたのですが、開業の準備期間が2~3ヵ月しかなく、とてもタイトなスケジュールでした。しかも、開業の2ヵ月前まで勤務医としてフルタイムで働いていたので、すべてがバタバタで決まっていきました。開業の目的としては、勤務医だった頃に自分を頼って来てくれていた患者さんを診てあげたいという、ただそれだけでした。その継続の患者さんさえ来てくれればいいと思って開業したのですが、実際に開業してみると、新規の患者さんがとても多くて驚きました。

―短い準備期間での開業はさぞかし大変だったのではないですか?

友人と主人の助けがあったからこそ、開業できています。友人にいたっては、こんなにも自分のためにしてくれるのかと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。実は、今のクリニックのスタッフも知り合いなんです。優秀な方ばかりで、とても助かっています。ただ、想像以上に来てくださる患者さんが多いので、現在のスタッフだけでは回らなくなってきています。お手伝いをしてくれるスタッフを探しているところです。

―この地で開業することを決めた理由を教えてください。

もともとの開業の目的が、勤務医時代の患者さんに来てもらうためでしたので、その患者さんにできるだけアクセスがいいようにと、山手線沿いで開業の場所を探していました。そして、以前の職場からの帰りに、たまたまこのビルの前を通りかかり一目ぼれしてしまいました。ここはJR駒込駅からも近いですし、とても静かな場所で、近くに公園もあるんです。また、建物はバリアフリーで、クリニック専用の入口と駐車場も設けられる点で、直感でここしかないと思いました。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access