全国のドクター8,862人の想いを取材
クリニック・病院 161,498件の情報を掲載(2020年1月23日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市西区
  4. 横浜駅
  5. 横浜いわき歯科
  6. 岩城 有希 院長

岩城 有希 院長の独自取材記事

横浜いわき歯科

(横浜市西区/横浜駅)

最終更新日:2019/08/28

186544 %e6%a8%aa%e6%b5%9c%e3%81%84%e3%82%8f%e3%81%8d%e6%ad%af%e7%a7%91

横浜駅西口から徒歩3分というアクセス抜群の立地にある「横浜いわき歯科」。扉を開けるとほのかにアロマが香り、まるでサロンのような心地良い空間で出迎えてくれたのは院長の岩城有希先生。ドイツ留学の経験から、ただ治せばいいという治療ではなく、患者一人ひとりのライフサイクルに照らし合わせた「人生を明るくする」治療計画で、2018年の開院早々、多くの患者が足を運んでいるという同院。岩城先生に、歯科医療に対する思いから得意とするセラミック治療のことまでじっくり聞いた。
(取材日2018年10月11日)

「歯から人生を明るくする」歯科医療

クリニックの特徴について教えてください。

1

開業するにあたり、「患者さんに長く通っていただけるクリニック」ということを意識しました。めざすのは予防をベースとして、適切な診断のもと、最小の治療で最大の効果を上げること。予防とは虫歯にならないようにすることですが、虫歯や歯周病になったときに適切な方法で治すということも予防の一つです。私は補綴という、歯やお口の失われた機能を回復する治療を専門に学んできました。留学したドイツでは先進の技術だけでなく、患者さんのライフサイクルに照らし合わせてしっかりした治療計画を立て、治療を通じて健康な歯で長く生活できるライフスタイルを提供するという「治療に対する哲学」を学びました。当院では「歯から人生を明るくする」という理念のもと、スタッフ一同患者さんの人生を豊かにするような診療をめざしています。

主な患者層について教えてください。

横浜駅からほど近いオフィス街にあるため、日中は30~50代の女性の患者さんが多く、平日は20時まで、土曜も17時まで診療しているので、夕方以降はお勤め帰りの患者さんが多くなります。診療は一般歯科を中心にセラミック治療、予防歯科、小児歯科、インプラント、入れ歯治療と幅広く対応していますが、最近はホームページを見たという方や患者さんの紹介で、他院で治療を受けたいけれども思いどおりにいかなかったという方や、前に痛い思いをしてから歯科医院に行くのが怖くなってしまったという方、「他院でこんな提案をされたが、他に方法はありませんか?」というセカンドオピニオンとしてのご相談が増えてきています。

大学病院のような設備がそろっていて驚きました。

2

最善の治療をするためには正確な診断が欠かせません。そのため当院ではデジタルエックス線撮影装置に加えて、エックス線検査では確認できない歯や顎の骨の状態を3次元で確認できる歯科用CTを導入しています。また、お口の中の状態を肉眼の20倍ほどに拡大して診ることのできる歯科用マイクロスコープにより、より精密な治療が可能となっています。さらにヨーロッパにおける厳しい基準をクリアした消毒器や滅菌器を導入して、徹底した衛生管理を行っています。衛生面は医療の土台なので、グローブを使い捨てにするほか、患者さんごとにハンドピースという歯を削るドリルを滅菌したり、治療に使う水や空気にも配慮するなど、徹底管理しています。

患者に合わせたオーダーメイドの歯科医療

最短60分だという虫歯治療について教えてください。

3

私はドイツで先端の歯科医療について学んだ後、さまざまな歯科医院でセラミック治療を専門として、年間800以上の症例に携わってきました。当院ではドイツで開発された、コンピューター制御によって歯の修復物を設計・制作するCAD/CAMシステムを用いたセラミック治療を行っています。この治療の最大のメリットは、従来の治療のように型を採る必要がなく、短時間で精密な詰め物ができることです。3D光学カメラで口腔内を撮影し、そのデータをもとにコンピューターで設計。そして待合室にある機械を使って精密な詰め物やかぶせ物を削り出すので、最短60分で歯を削るところからかぶせ物をするところまで終えることができるのです。短期間で済むため、仮のふたをする必要がなく、患部に細菌が入り込むリスクも低くなります。少ない来院数で虫歯治療をかぶせ物まで終えられるケースもありますので、ぜひ一度お問い合わせください。

予防歯科にも力を入れておられますね。

当院ではまず患者さんのお口の中にどれだけの虫歯のリスクがあるのかを調べるため、専用機器を使って口腔内環境を調べ、磨き残しのチェックなどを行います。その結果に基づいて一人ひとりに合わせたオーダーメイドの予防プログラムを提案するのですが、虫歯菌の活動性を実際に自分の目で確認していただけるので、患者さん自身が積極的に虫歯予防に取り組まれることが多いですね。また、当院の予防歯科では基本的に担当歯科衛生士制をとっています。毎回、同じ衛生士がお口の中を拝見し、患者さんと長くお付き合いすることで、お口の中の状況だけでなく生活習慣なども把握しながら歯磨き方法のレクチャーをしたり、食生活や日常のケアについてアドバイスをしたりして、その方に合わせたより適切な予防歯科を実践しています。

印象に残っている患者のエピソードを教えてください。

4

転んで前歯が欠けてしまったという女性の患者さんがいらしたのですが、セラミックの説明をしたところ、「まだ大学生でそこまでお金をかけられないので保険診療でお願いします」と言われました。ただ、あまりにも削る量が多かったため、「保険診療で一旦は応急処置をしますが、就職してお金が貯まったら、うちでなくてもいいから、早めに長持ちするセラミックにしたほうがいいですよ」と説明して治療を終えました。その患者さんが家でその話をしたところ、おばあちゃんが「私がお金を出してあげるからその先生にしっかり治してもらいなさい」と言ってくれたそうで、すぐにまたセラミックの治療を受けに来てくださいました。この患者さんのように今はお金がかけられないといったご相談にも対応しておりますので、予算も含めて気軽になんでも相談していただけるとうれしいですね。

口腔の機能を取り戻し、健康な生活をサポート

先生ご自身もお子さんをお持ちですが、子どもの虫歯予防のためにどのようなことに気をつけていますか?

5

7歳と4歳の子どもがいるので、家では子どもの仕上げ磨きをしっかりすることと、おやつの時間を決めて甘いものをダラダラ食べさせないよう気をつけています。小さい頃からずっと仕上げ磨きをしていると、子どもにとってもそれが当たり前になるようで、仕上げ磨きで困ったことはありません。わが子を虫歯にしたくないというご相談をよく受けるのですが、「お子さんを虫歯にしたくないなら、まずお母さん自身が虫歯にならないようにしましょう」とお答えしています。子育て中はどうしてもお子さんのことばかりに目がいってしまいがちですが、ある研究では母親の虫歯の数が子どもの虫歯の数に大きく関係していると報告されています。お母さんにもぜひご自分の歯の健康について考えてほしいですね。

今後の展望をお聞かせください。

実は横浜駅西口で開業することになった時、どのような患者さんが来られるのかちょっと緊張していたのですが、実際に来られる患者さんは気さくな方ばかり。こういう方たちとなら長くお付き合いしていけそうだなととてもうれしく思いました。その方に合う最良の治療をしてお口の機能を取り戻すことは、美しい口元を手に入れることでもあります。皆さんに喜んでいただけるだけでなく、治療を終えられた後も引き続きメンテナンスに通っていただけることは、歯科医師としてとてもうれしいことですね。今後も患者さんに長く通っていただけるよう日々精進していきたます。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

年齢や生活習慣によってお口の状態は変わります。健康な歯を保つためには、お口のかかりつけ医を見つけて、今後どうすればいいのかライフサイクルに合わせた治療計画を立ててもらうといいと思います。いくらセラミックがいいといっても、お子さんの受験が重なる時期は避けたいという方もいれば、とにかく今すぐにでも欠けてしまった歯を何とかしたいといういらっしゃいます。お一人お一人求めるものはさまざまなので、まずはどのようなライフスタイルを望まれるのかをお聞かせください。また、この先長く健康な生活を送るためには歯の健康が密接に関わってきます。今、気になることがない方でも、一度お口の中を拝見させていただければ、いつ頃のどんな治療が必要になるかという予見も含めて、その方のライフスタイルに合ったアドバイスをさせていただくことも可能です。どうぞお気軽にご相談くださいね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

セラミック治療/6万円~15万円、マイクロスコープによる歯科治療/3万円~、インプラント治療(上部構造を含む)/40万円~

Access