ほりぐちファミリー歯科

西田 侑平院長

185969 %e3%81%bb%e3%82%8a%e3%81%8f%e3%82%99%e3%81%a1%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%9f%e3%83%aa%e3%83%bc%e6%ad%af%e7%a7%91

大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線の門真南駅から徒歩12分、アウトレットの大きな商業施設にもほど近い住宅地にある「ほりぐちファミリー歯科」。予防歯科に関する豊富な知識を持つ西田侑平院長と西田育子副院長が夫婦で診察にあたる、予防に力を入れている歯科医院だ。2017年12月にオープンするとすぐに幅広い年齢層の患者が通ってくるようになった。院長は2007年に大阪歯科大学を卒業後、大学院で予防歯科の研究を重ね、企業の研究所や開業歯科医院に勤めて実績を積んだ。前に診ていた患者に「開業するならそちらに通うから続けて診てほしい」と言われたエピソードからも、患者からいかに信頼されている歯科医師であるかがわかるだろう。そんな西田院長に、専門の予防歯科を中心に詳しく話を聞いた。
(取材日2018年1月16日)

子育て世代を応援するアットホームな歯科医院

―開業されたばかりとのことですが、どんな思いで開業されたのですか?

僕が専攻していたこともあり、予防歯科に力を入れる予定でいました。一般診療を基本にしつつ、専門性が高いインプラントや矯正は専門の先生を紹介し、予防歯科に注力していきたいですね。当院は夫婦で診療する歯科医院なのですが、子どもがまだ小さく、妻は今午前中だけ診察をしています。開業までは義父の「堀口歯科医院」で2人とも働いていたのですが、今回開業するにあたり、本院に対して「ファミリー」と医院名に加えることで、地域の方に家族ぐるみで安心して受診してもらえる医院になりたいという意味を込めています。子どもが小さいと、お母さんはなかなか自分の治療にも来れないので、キッズスペースをつくり、DVDを流しておいている間に、お母さんの治療ができるようにしています。院長も妻の副院長も、小さなお子さんを持つお母さんたちの気持ちがよくわかるので、今後子育て世代の患者さんも通いやすい医院にしていきたいです。

―この場所を選ばれた理由と、地域の印象を教えてください。

「堀口歯科」本院が大阪市鶴見区の放出にあり、僕らは城東区に住んでいて、どちらからも近い所で探していました。僕は駅前のビルが密集したような場所よりも、子育て世帯が多い住宅街で開業したいという思いを持っていたんです。ここはちょうどいい場所だったので、思っていたよりも早く開業できました。始めてみたら、願いどおりお子さんも高齢者の方も、幅広い年齢層の患者さんが来てくださっています。それに、この地域の方は歯の健康に対して意識が高く、予防についての話もよく聞いてくれて、「言われたようにやってみたけど、うまくいかない部分がある。どうしたらいい?」という質問が返ってくるほどです。患者さんと意見を交わしながら治療にあたれるのはとてもうれしいことです。

―「ほりぐちファミリー歯科」の特徴はどんなところですか?

まずは患者さんにご自分の口の中のことを知ってもらうために、口腔内カメラ・説明ソフト・アニメーションソフトを使って一般の治療や虫歯のことを映像で見てもらいます。患者さんの検査結果は「お口の説明書」という、虫歯や詰め物など歯の状態を図で表したものや、歯周病検査の結果をぐらつき具合やプラークの状態などを示したもの、さらに口の中全体の汚れ具合を数字で表したものと、口の中の写真を印刷してまとめ「個人カルテ」としてお渡ししています。その「説明書」の内容を、先ほどの映像を使ってわかりやすく説明しつつ、一人ひとりに応じた治療の方法を決めていくので、患者さんはとても前向きに納得して治療を受けてくださっています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細