全国のドクター8,939人の想いを取材
クリニック・病院 160,841件の情報を掲載(2021年6月23日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 箕面市
  4. 北千里駅
  5. 平野歯科クリニック
  6. 平野 琢起 院長

平野 琢起 院長の独自取材記事

平野歯科クリニック

(箕面市/北千里駅)

最終更新日:2021/03/08

20210308 185938 top

箕面市小野原にある「平野歯科クリニック」は、一般的な歯科治療をはじめ、矯正治療、インプラントの難症例にも率先して取り組む。また、口腔内に複数の問題が混在している場合でも複数の専門科を受診することなく、同院ですべて完結できるように体制を整えている。「口腔内の状態だけでなく、骨格や筋肉、ライフスタイルなども考慮した上で包括的な歯科医療を行うことが重要です」と力強く話すのは院長の平野琢起(ひらの・たくおき)先生。オールラウンドに医療技術の向上を図るため、セミナーや講習会などに積極的に参加して学びを深め続ける。医療の質と長期的な維持・安定にとことんこだわる平野院長に、クリニックの特徴や診療スタンスなど話を聞いた。
(取材日2021年1月20日)

一般的な歯科治療から難しい症例まで幅広く診療

こちらのクリニックの特徴をお聞かせください。

20210308 1

「広く深く」をコンセプトに、幅広いお悩みに対して専門知識と技術力を持って包括的に治療を行っています。虫歯や歯周病の治療など一般的な歯科治療をはじめ、成人・小児の矯正治療や、多数歯欠損、骨の量が足りない、歯茎が痩せて十分な歯肉がない場合など、インプラント治療が難しいとされる難症例にも対応するため、先端の機器を取り入れながら安心して治療できるように環境を整えています。全体的に歯がグラグラしていてうまく食事が取れない方や、ご自身の口腔内に自信が持てない方、歯が抜けてから時間がたってしまってどうすればいいかわからない方も、ぜひ一度相談に来ていただければと思います。

難症例にも対応されているのですね。具体的にどのような症状の患者さんが来られますか?

歯周病で歯がなくなってしまった方、あちこち歯が抜けてしまっていて噛み合わせが合わなくなってしまっている方、治療を繰り返しても悪くなる一方で不安を抱えている方などさまざまです。すでに歯や歯茎の状態がかなり悪い患者さんの場合、口腔内に複数の問題を抱えているケースが多いのですが、そうなると治療も複雑になってくるため、原因に対するアプローチをしっかりと行った上で治療することが重要です。加えて当院では、機能性と審美性を前提に、長期的な視点で長持ちする歯を作ることにもこだわっています。長く歯を持たせるためには噛み合わせがとても重要で、歯列矯正によって歯並びの改善を図った上で、インプラントや入れ歯などで失った歯に対する治療、歯を保護したり修復したりするための補綴治療を行います。

診療の幅も広く、とても頼もしいですね。何か秘訣はあるのでしょうか。

20210308 2

私たちは、一つのチームとして患者さんの治療と予防に取り組んでいます。歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手、受付。それぞれの存在がプロフェッショナルとして役割をもち、一つのチームとなって機能するからこそ、たとえ難症例であっても、患者さんのお口の健康を守ることができるのです。私一人でできることは本当に限られていますので、こうして素晴らしいチームで、良い歯科治療が提供できることに感謝しています。さまざまな患者さんを受け入れるにあたって、幅広い知識が必要となるため、スタッフも大変だと思いますが、今後も患者さんには「ここに来ればなんとかしてくれるだろう」と安心して通っていただけるよう、チーム一丸となって尽力していきたいですね。

歯の機能の根本からの改善や、長期的維持にこだわる

治療までの流れについて教えてください。

20210308 3

まず、細かい検査を行います。口腔内写真の撮影、エックス線写真の撮影、必要と判断した場合はCT撮影、顎関節や歯周病・虫歯の状態チェック、噛み合わせの検査、筋肉のバランスを見るためお顔の写真も撮ります。その上で1週間かけて一人ひとりの患者さんにとって何が良い治療なのかをじっくりと考えます。問題を複数抱えているケースが非常に多く、インプラント、矯正、補綴治療、歯周病の治療、根管治療これらすべての治療をしなければいけない患者さんもいらっしゃいます。そのため包括的な歯科医療を行う必要性があり、すべての治療に自信がなければ対応できません。勉強会などに積極的に参加し、常にブラッシュアップを行いながら一人の患者さんをトータルでサポートします。そこには一切の妥協もありません。

診療で心がけていることは何ですか?

包括的な歯科医療では、機能性に加えて審美面への配慮も大切です。歯科治療における審美性というのは、歯の形だけでなく、笑ったときの口角の上がり方や、全体のお顔のバランスも重要で、その方のお顔に調和した歯列の形をつくるには、初めの段階できちっと診断した上で治療していくことが不可欠だと考えています。今まで何十年と悪くなっては治療をするということを繰り返していた患者さんでも、審美的に満足いく仕上がりになると「これを維持したい」という意識が高まるのか、ホームケアやメンテナンスをしっかり行って、何年も良い状態をキープする方もいらっしゃいます。そういう患者さんたちを見るにつけ、歯科医師になって良かったとうれしい気持ちでいっぱいなりますね。難しい症例にも対応していますが、若い世代には悪くなる前の予防もとても大切だとお伝えしたいです。

そもそも虫歯や歯周病にならない口腔環境づくりが重要だということですね。

20210308 4 1

そうです。虫歯や歯周病にならないに越したことはありません。歯並びや噛み合わせが原因となる歯の症状が多いので、子どもの頃から予防意識を高め、噛み合わせが悪ければ異常な状態から正常な状態にきちっと治しておくなど、将来のことまで考えて小さなうちからメンテナンスすることが大切だと考えます。当院では「ゼロ歳から始まる虫歯予防」をスローガンに掲げています。上の前歯が生えた頃に一度来ていただければ、早い段階から行う予防の重要性についてご説明します。セルフケアの指導も含め、親御さんに寄り添いながらお口のパートナーとして長くお付き合いしていければと思います。

矯正は「見た目」だけでなく体全体の健康にもつながる

小児矯正にも力を入れているそうですね。

20210308 5

矯正は見た目を整えることだけが目的ではなく、口腔機能の正常な成長を促すためのものでもあります。歯並びは、嚥下や呼吸といった生きていく上で重要な口腔機能にも大きく関わっており、例えば、嚥下の機能が十分に働かないと、飲食のたびに歯や舌、顎に不自然な力がかかり、歯並びに大きな影響を与えてしまいます。呼吸においても正しい呼吸は鼻からの呼吸ですが、舌の位置が正しくないと口呼吸になってしまい、口呼吸になると常に口が開いた状態になって上下の前歯が噛み合わないという問題が生じるほか、ウイルスをダイレクトに喉に送ってしまうため風邪をひきやすいといった健康上の不具合も起こってしまいます。

大人の矯正のメリットについてもお聞かせください。

歯並びにコンプレックスを抱いていた方が、自分に自信が持てるきっかけになるということはもちろんですが、歯を将来的に長持ちさせやすくなります。なぜかというと、歯並びが整うと清掃性が高まって口腔内を清潔に保てるため、虫歯や歯周病のリスクが減らせますし、噛み合わせが整えば集中的にダメージを受ける歯がなくなり、顎関節症などの予防にもつながります。多くの皆さんは、矯正と聞くと「歯を抜かなければならない」というイメージがあるようですが、当院では非抜歯での治療にも対応可能です。また表側矯正だけでなく、歯の裏側にブラケットを装着する舌側矯正や、マウスピース型装置を使った目立たない矯正にも対応しており、患者さんの症状やライフスタイルに合った負担なく続けられる方法を一緒に考えていきます。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

20210308 6

小さな主訴から、難しい症例まで幅広く対応していますので、お気軽にご相談ください。私が最終的にめざすのは「地域から虫歯と歯周病がなくなること」です。歯科医院は予防のために行く所という意識が広がり、一生涯ご自身の健康な歯で生活できるようになることが歯科医師としての希望ですね。お子さんの虫歯予防と矯正にも力を入れていますので、気になることがありましたら一度ご来院ください。私自身も9歳と7歳の息子を育てる父親で、現在息子は矯正中です。歯科医師目線だけでなく、父親目線でも子育て世代に寄り添いながら診療を続けていきたいと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/3万7000円~42万円、審美歯科(セラミック・ジルコニア)8万~12万円、表側矯正/75万円、舌側矯正/80万円、マウスピース型装置を使った矯正/80万円、小児矯正/45万円

Access