全国のドクター8,884人の想いを取材
クリニック・病院 161,496件の情報を掲載(2020年1月19日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 春日井市
  4. 勝川駅
  5. たけし矯正こども歯科
  6. 徳倉 健 院長

徳倉 健 院長の独自取材記事

たけし矯正こども歯科

(春日井市/勝川駅)

最終更新日:2019/08/23

185626 %e3%81%9f%e3%81%91%e3%81%97%e7%9f%af%e6%ad%a3%e3%81%93%e3%81%a9%e3%82%82%e6%ad%af%e7%a7%91

ペパーミントブルーの外観が印象的な「たけし矯正こども歯科」。院内は、ブルーと黄色を基調にしたインテリアがポップで楽しい。待合室のロフトに上がるとそこもキッズルームで、クリニックにいることをつい忘れてしまいそうだ。「お子さんが来やすい場にしたかったんです」と笑顔を見せる徳倉健(とくら・たけし)院長。子どもは五感が鋭くデリケートなため、匂いや診療で使う水、さらに言葉遣いやコミュニケーションにも配慮し、スタッフ一丸となってリラックスできる雰囲気づくりを心がける。「歯科医師である前に『家庭医』として、親御さんに寄り添い、お子さんたちを見守っていきたい」と語る徳倉院長。小児歯科の歯科医師として大切にしていることなどをじっくりと語ってもらった。
(取材日2019年4月24日)

虫歯治療も矯正治療も行う、子どもの歯の専門家

とてもすてきなクリニックですね。コンセプトや開業の経緯について教えてください。

1

子どもは大人よりも数段、五感が鋭いものです。そのため、「病院みたい」「薬品くさい」というイメージを持たれる建物ではなく、その五感にプラスに働くようなクリニックにしたいと思いました。ペパーミントブルーを基調にした色彩やアヒルの家族のキャラクターは、デザイン事務所の方が僕をイメージして考えてくれたものなんですよ。薬瓶は診療室から離れた場所に保管し匂いを抑え、待合室ではアロマをたいています。チェアの横にはキャビネットを置かず、広くしてベビーカーごと入ってそのまま置いていただけるようにしました。僕は開業前、父の歯科医院で5年ほど、お子さんだけでなくご高齢の方まで担当していましたが、大人方のお口の中を治療しながら、子どもの頃から歯を守ることが大切だと考えたこと、また、もともと子どもが好きだったことから、子ども専門のクリニックを立ち上げました。

ここでは虫歯治療も、矯正治療もされているのですね。

はい。当院がお子さんの虫歯治療も矯正治療も行うことで、クリニックを替わる必要がなく、親御さんから「両方診てもらえるんですね」と喜ばれることも多いです。患者さんは歯が生え始めの生後6ヵ月の赤ちゃんから、幼稚園児、小学生がメインですが、昔から診ていた子が20歳を超えて来てくれることもあります。3つある診療室のうち、1つは少し大人向けにしてあるんですよ(笑)。親御さんから「自分も一緒に診てほしい」と言われて歯のクリーニングをすることもあります。小児用の医療器具や材料しか置いていませんので、治療が必要になった際は他院をご紹介しています。

先生は日本小児歯科学会小児歯科専門医でいらっしゃいますが、小児歯科で大事なこととは?

20190516 2

小児専門の歯科医師という肩書は、お子さんや親御さんにとってはたいした問題ではなく、自分の子どもの診方や扱い方が最も大事だと思います。僕やスタッフがまず注意しているのは、子どもの全体の様子です。大の字に座って口を開けていれば安心していて、反対に体が縮こまって、横にいるお母さんのほうに何となく顔を向けているときは緊張しているわけです。防犯上、複数のカメラを設置していて待合室の様子も見られますので、お子さんの遊ぶ様子や性格、姿勢、またお母さんのお話の内容も含め、いろいろな角度から総合的にお子さんを診るようにしています。

子どもとの約束を守り、親に寄り添う

診療で心がけていることを教えてください。

3

緊急処置が必要な場合を除いて、初診時には治療をせず、この場に慣れてもらってから治療に入るようにしています。子どもにとって歯科医院は、自分の意思で来たのではなく、大人に連れて来られたところ。そこでお母さんに「見せるだけ」と言われて来たのが、治療するとなるとそれだけで歯科医院が怖くて嫌なところになってしまうかもしれません。将来のためにもそれは良くないので、お母さんが「見せるだけ」と言ったのなら僕らは「見るだけ」。子どもとの約束は守ります。そして触るときも注意して触ります。大人でも美容院で頭を触られる時、気持ち良い時とそうでない時がありますね。ですからここでも気をつけています。声のトーンも、小さい子には少し高めに明るく。あとは当院全体で忙しい様子を感じさせないようにしています。

小児歯科では、子どもだけでなく親への配慮も重要ですね。

まさにそうですね。生活環境や子育て、お仕事についても差し支えない範囲でお聞きしています。というのは、そのご家庭に合わせてお話をしたいからです。「お子さんの歯のためにフッ素塗布をしてください。仕上げ磨きは何分、おやつはだらだら食べないで」とだけお話しすると、人によっては「うちは忙しくてそんな時間はない。私の子育ては駄目なのだろうか」とかえって重荷になってしまいますね。そうならないよう、一方的な指導ではなく各ご家庭の生活環境に寄り添う姿勢を心がけ、優先順位を決めて無理のないことからお話しします。もちろん希望される方には、できるだけ情報提供をしていきます。カウンセリングルームもあり、親御さんとのやりとりは大切に考えています。

生活の中で親が注意することはありますか?

4

離乳期の食事の時に、すぐにスプーンをお口に入れてあげるのではなく、少し待って、子どものほうから食べにくるようにすると良いですね。口をぽかんと開けて待っている状態をつくるより、しっかり口の筋肉を動かして食べようという意識を育てましょう。また飲み物をあげすぎると、噛まずに丸のみすることを覚えてしまう場合もあるので気をつけましょう。小さなことですが毎日のことなので、舌や頬の筋肉の動かし方が変わり、歯並びが悪くなってしまうことにもなりかねません。僕は食育の勉強もしているのですが、だしに使う昆布を短冊状に切ってしゃぶらせるのもお勧めです。お口全体を使いますし、殺菌作用のある唾液を出す訓練にもなりますね。次第にうまみが出るので味覚形成にも役立つと思います。

子どもの成長を見守る地域のかかりつけに

スタッフの方々についても教えてください。

20190516 5

皆、お子さんにはとても優しく接してくれています。僕がよく言うのは「子どもと仲良くしてね」ということ。仲良くなったら診療の6割ぐらいが成功です。そうなれば僕も治療がしやすいでしょう(笑)。そして「子どもの心に良い貯金をしてね」と言います。僕もするのですが、帰り際に「よく頑張ったね」「またね」とハイタッチや握手をするんです。端からみれば、やってもやらなくてもよさそうですが、子どもの心に「この人は味方なんだ、来て良かった」と「貯金」がたまるんです。泣いている子も涙が一瞬止まります(笑)。他には、「駄目」「~しないで」というネガティブな声がけはしない、面白い声がけはしてね、と言っています。そのあたり、スタッフは結構上手なんです。普段は笑い声が飛び交うこともあり、リラックスしたムードが漂っています。

子どもも大人も楽しく通えそうですね。

そうであればうれしいです。先だって、あるお母さんから、下のお子さんについての相談を受けていたのですが、上のお子さんがすでに当院に通っていて「ここは薬の匂いがしない。気に入っているよ」とお母さんにお話をされたそうなんです。良かったなあと思いました。また、他のお子さんからは「ここのお水はおいしい」とほめられました(笑)。当院は建物外に浄水器を設置し、院内の水道はすべて浄水になっています。実はこれもこだわりで、開業する前に、あるお店に食事に行ったときにそこで出された水がおいしくて、ご主人に聞いたところ浄水器のことを教えてくださったんです。それで工務店のパンフレットをもらって帰って電話して、当院でも取り入れました。子どもの五感はやはり鋭いです(笑)。

今後の展望についてお考えをお聞かせください。

20190516 6

僕たちは、お子さんたちと、学校のことや部活、習い事など、歯と関係のない話もしています。そうして歯科医院という非日常的な場が、少しずつ日常のことと交じっていくと来やすくなると思うんです。僕がめざしたいのは、小児歯科の専門とか歯並びの専門という前に、子どもにとっての「家庭医」です。例えば「空手を習い始めた」という話を聞けば、けがをしたときの対処はもちろんですが、その前に「スポーツマウスガードがあるよ」と提案できる関係を築きたいですね。聞かれたことに答えるだけでなく、身近な「家庭医」として提案やフィードバックを行い、生活のお役に立っていきたいと思います。そして、お子さんたちの成長を見守っていきたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正/40万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access