松尾歯科医院

松尾 栄伸院長

185623 %e6%9d%be%e5%b0%be%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

阪急京都線の茨木市駅東口から府道139線沿いに東へ歩くこと約6分。右手にひときわ目立つ黄色い外観のスーパーマーケットが見える。その2階にあるのが「松尾歯科医院」だ。子どもから高齢者まで、患者が安心して通える医院であることをめざし、スペックを重視した衛生機器や検査機を導入。歯周病治療に詳しい松尾栄伸(ひでのぶ)院長は、虫歯や歯周病にならないための予防にも力を入れており「丁寧に時間をかけて患者と向き合い、長く付き合う歯だからこそしっかり支えたい」と話す。そんな松尾院長に、診療において大切にしていることや、歯周病や予防についてなど、多岐にわたって話を聞いた。
(取材日2017年12月20日)

徹底した衛生管理を行い、歯科用CTも導入

―開院したのはいつですか?

今年の9月に開院しました。大学を卒業後は研修医をしながら天王寺の歯科医院にお世話になり、それから大学の先輩が開業している河内長野の歯科医院で6年間ほど勤務医をして、この茨木市に開院しました。河内長野の医院は、土地柄ファミリー層に加え、高齢の方がとても多くて、歯周病や入れ歯や口腔ケアなど高齢者の歯のトラブルについても多く経験を積ませてもらいました。開院するにあたって茨木市を選んだのは、幼少から箕面で育って、中高の通学時にこの茨木市駅をよく使っていたからです。そんなこともあって、開院するならなじみ深い茨木か箕面方面でと思っていたところ、この場所に出会いました。

―大型スーパーの2階ということで、患者さんはファミリー層が多いのですか?

そうですね。お子さん連れのお母さんから高齢の方までいらっしゃいます。スーパーの2階ということで、買い物がてら来やすいという声をいただいています。この辺りは駐車場が少ないんのですが、こちらですとスーパーの駐車場を利用できますし、エレベーターを降りてすぐ正面にあるので、車いすやベビーカーで移動できるのも喜ばれています。また院内も段差があるところは、必要に応じてスロープを設置できるので、診察室までにスムーズに入ることができます。 

―診療においてのモットーは何ですか?

やはり患者さんに安心・信頼して治療を受けてもらえる歯科医院であることですね。そのために、しっかりと時間をかけてカウンセリングをし、できるだけ丁寧にわかりやすい説明を行っています。治療法においても、僕が全部選んで決めてしまうのではなく、いくつかを提案して患者さん自身に選んでもらうようにしています。あと特に重視しているのが衛生管理ですね。近年問題視されたタービン(ハンドピース)の使い回しはせず、患者さんの口の中に入れるものはすべて先を外して、患者さんごとに滅菌しています。個人のクリニックでは導入数が限られている、滅菌力を重視した滅菌機を使い、徹底した衛生管理を行っています。

―歯科用CTも導入されていると伺いました。

こちらもやはり患者さんに安心・信頼していただける診断を考えて導入しました。エックス線写真ではわかりづらい診療の妨げになるグレーゾーンが歯科用CTではクリアにすべてわかるので、診断に一番違いが出ると思います。患者さんへの説明においても、CT画像を見てもらうことで理解度を増すことにもつながりますし、インプラント治療を手がける際にも、安心安全な治療を考えるとやはりCTは必須になってくると考えています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細