全国のドクター8,973人の想いを取材
クリニック・病院 160,902件の情報を掲載(2021年5月16日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. さいたま市大宮区
  4. 大宮駅
  5. いけだ歯科櫛引クリニック
  6. 寺本 純之祐 院長

寺本 純之祐 院長の独自取材記事

いけだ歯科櫛引クリニック

(さいたま市大宮区/大宮駅)

最終更新日:2020/04/01

185120

大宮駅からバスで約8分。落ち着いたたたずまいを見せる住宅街の一角に「いけだ歯科櫛引クリニック」がある。すっきりした白色を基調とする清潔感にあふれた内装と、診察室も待合室も機能的でありながら余裕のある設計で開放感を創出した院内のレイアウトは、来院する患者に安心感を与えてくれるだろう。2017年の開業以来院長を務めるのは、爽やかな笑顔と物静かな口調が印象的な寺本純之祐先生。「高齢になっても健康な歯を1本でも多く残したい」という信条のもと、大宮駅近くにある本院「いけだ歯科クリニック」と連携をとりながら、地域のかかりつけ歯科として日々診療にあたる。休日には学生時代から親しんできたハードロックを聴いてリフレッシュしているという寺本院長に、いろいろと話を聞いてみた。
(取材日2019年9月18日)

患者とのコミュニケーションを重視し信頼関係を築く

開業から2年ということですが、診療の内容などに変化はありましたか?

1

大きな変化はありませんが、根管治療の時に、治療する歯の中に唾液が入らないようにするラバーダムを使い始めました。これは治療する歯以外をゴム製などの薄いシートで覆ってしまう方法で、唾液中のばい菌による感染を防ぐことが期待できます。当院でもより良い治療を実現するために取り入れました。他には、入れ歯の修復や調整の際に、コピーデンチャーという入れ歯のコピーを作製して使う方法を導入しました。入れ歯を作り直すときに、本物の代わりにコピーのほうを調整して試すことができるので便利です。また、当院では開業当初から消毒と滅菌にも力を入れてきましたが、それをさらに徹底する目的で、歯の削りカスなどが空中に飛び散るのを防ぐための、口腔外バキュームという機器を導入しました。

日頃の診療で大切にしていることは何ですか?

患者さんとのコミュニケーションを重視し、何事も丁寧に説明することです。そのためにタブレット型端末を使って画像や動画をお見せしたり、時には自分で絵を描いたりしながら、できるだけわかりやすいように説明しています。そして治療方針に納得していただいてから、治療に入るようにしています。ただ、歯科医院というところは「お任せ」で治療が進みがちなもので、私自身も開業当初から通われている患者さんが納得されていると思い込んで治療を進めようとしたところ、実はそうではなかったということがありました。自分では説明したつもりでしたが、うまく伝わっていなかったようです。そのときは私が謝罪し患者さんも理解してくれて、その後も通っていただいています。患者さんの気持ちをよく確かめ、丁寧に説明しなければいけないなと改めて考えさせられた出来事でした。

治療においてもこだわりがあるそうですね。

2

虫歯の治療などをとっても、1日で終わるものはあまりありません。ですので治療中であってもできる限り日常生活に不自由が生じないように配慮をしています。例えばかぶせ物を入れる場合、できあがるまでそのままで過ごした経験をされた方もいらっしゃると思います。その間は何となく違和感を覚えつつも、仕方がないと我慢して過ごされた方も多いのではないでしょうか。当院では、仮歯でも違和感などが極力生じないように、完成品に近い仮歯を作って入れるようにしています。優しい患者さんが多いのか、幸いなことに今までのところはうれしいお声をいただけています。

自分の歯に関心を持ち、良い状態を覚えていてほしい

歯の健康を長く保つにはどうしたらいいとお考えですか?

3

日頃のセルフケアと定期的な歯科医院でのメンテナンスの重要性は言うまでもありませんが、一番大切なのは、患者さんご自身が自分の歯に関心を持つということです。中でも、お口の中の良い状態のイメージを覚えておいてほしいと思います。例えば、歯科医院でメンテナンスをした直後。その心地良い状態を覚えておいていただきたいのです。ずっと同じ状態をキープするのはさすがに難しいことですが、良い状態をイメージすることで、セルフケアに対する意識が違ったものになっていくでしょう。私自身も、歯磨きの他に毎日3回はデンタルフロスで歯間掃除をしますが、それもセルフケアの結果を期待してというよりも、しないと気持ち悪いからという理由のほうが大きいのも事実です。そういった意識を自然に持てるようにしたいですね。

歯の状態は、全身の健康にも影響するともいわれていますね。

そうですね。最近では、虫歯予防のために小さなお子さんのおやつの取り方なども話すようにしています。私は学校歯科医をしているのですが、ある製菓会社がPTA向けに開催した食育の講演会に参加したことから、自分でも食育について意識するようになりました。小さなお子さんの場合はなかなか難しい一面もありますが、本人が食べ過ぎないように自覚することが大事だと思います。ただ現実には二極化が進み、しっかり手入れがされ虫歯のないお子さんと、虫歯だらけのお子さんに分かれてしまっているのが残念です。いまだに「歯磨きだけしていれば大丈夫」と思っているお母さんも少なくないのですが、それだけでは不十分で、食生活の習慣も歯の健康に深く関わっています。妊娠中の女性を対象にした歯科検診などもまだ一般には浸透していないので、これから啓発していきたいと思っています。

実際に歯の大切さを実感したような経験はありますか?

4

勤務医時代のことですが、歯がボロボロになっていた高齢の患者さんがいらっしゃいました。とにかく口の中の状態を良くしようと入れ歯を作りましたが、その後来院されなくなったので気にしていたところ、半年くらいたって久々におみえになりました。その時驚いたのが、初めて来られた時はお話しされる様子も少々頼りない様子だったのが、見違えるほどシャンとして口調もはっきりされていたことです。その時に、噛むこと、噛めることの重要性を再認識しました。

新しい技術や情報を身につけてクオリティーの向上を

歯科医師をめざすようになったきっかけを教えてください。

5

小学生の頃、上の歯が八重歯だったのを矯正したのですが、とてもきれいに仕上げていただいたことから、漠然とですが歯科医師への憧れが芽生えました。それと同時期くらいだと思うのですが、噛むことの重要性を取りあげたテレビ番組を見る機会がありました。「現代の子どもはやわらかいものばかり食べているので、どんどん顎が細くなり、将来的には逆三角形のような顔になってしまうだろう」というような内容に恐怖を感じ「噛むことって大切なんだ!」という思いが子ども心に刻まれました。そんなことも、歯科医師という職業に興味を持ったきっかけになりました。

今後の目標はありますか?

新しい技術や情報を身につけることで、診療のクオリティーを全体的に向上させていきたいですね。歯科医院に対して、痛い、怖いというイメージをお持ちの方も多いと思いますが、当院ではそういった負のイメージを払拭するために、痛みの少ない治療を心がけ、麻酔の仕方にも工夫をしています。そしてできるだけ歯を削らずに、自分の歯を残す治療をめざしています。歯科医院が怖いという方には、少しずつ恐怖心を軽減できるように、時間をかけて治療を進めるようにしています。いずれにしても、少しだけ勇気を出して、最初の一歩を踏み出していただきたいと思います。そしていつの日か、私は患者さんのお口の中のチェックだけで、歯科衛生士さんがメンテナンスをするというように、私がドリルを持たなくてよくなる日が来ることを願っています。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

6

大宮駅近くにある本院とは異なり、当院は住宅街の中にありますので、地域のかかりつけの歯科医院として、これからも末永くお付き合いをさせていただければと思っています。患者さんとのコミュニケーションを大切にしながら、矯正やインプラント治療、根管治療の難症例などは、本院に紹介するなど連携して、より良い治療を提供するための体制も整えています。お困りのことがありましたら、まずはご相談ください。私に直接言いにくいときは、スタッフの誰かにおっしゃっていただければありがたいです。セルフケアの疑問など、些細と思われることでもご相談に応じますので、ぜひ一度ご来院ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

セラミックインレー 3万5000円~
セラミッククラウン 7万円~
ホワイトニング 2万6000円~

Access